『マサトランから25時間半かかってティファナに到着し、陸路国境を越えて、米国に入国する』@ティファナ/メキシコ
注:このメキシコから米国への陸路国境越えは1989年のことです。現在の状況は再度確認ください。

【チチェンイツァ遺跡@ユカタン半島/メキシコ(2007)】
1989年9月25日午後1時45分、トレスエストレージャスデオーロ社の一等バスは、マサトランのバスターミナルを出発。
このバスはさすがに、途中の停車は少なく、スムーズに走った。
翌26日、午後2時10分に、懐かしいティファナのバスターミナルに到着する。
マサトランとティファナの間には、1時間の時差があるので、結局25時間25分かかったわけだ。
途中の大きな町では停車したし、ミールストップもあった。
ミールストップの時にトイレもできたし、またバスにもトイレが付いていたので、トイレの心配はなかった。
マサトランでは、24〜25時間と言われていた割には、時間がかかったかも。
その理由は、2回もパンクしたから。
僕も世界中でバスに乗ってきたが、一回のパンクというのはあちこちで経験した。
でも、メキシコの一等バスで2回もパンクするというのは、予想外だったね。
きっと旅行の神が、僕の中南米一周旅行を終えさせたくないと、名残惜しく思っていたのだろう。
それにだよ、検問が多かったんだ(4〜5回あった)。
南へ下る時は、メキシコ国内では検問を受けたことがなかった。
北へ進む時は、もちろんアメリカとの陸路国境へ向かっているのだから、不法入国や密輸などの調査があるようだ。
特に25日の夜8時ごろの検問は、印象深かった。
砂漠のど真ん中の検問で、バスが止められて、乗客は全員バスを降ろされる。
検問をしているのは、普通の警察ではなくて、強いて言えば、国境警備隊みたいなものかな。
本格的に厳しい取調べだったよ。
自分の荷物を持たされて、バスの前に整列させられる。
そうして、身分証明書を調べて、一人一人顔をチェックされたんだよ。
僕はノリやすい軽薄な性格なので、自分がアメリカで働くために密入国する、グアテマラの農民のような気持ちになった。
国に残してきた妻や子供の顔が浮かんだりしたっけ。

もちろん僕に本当に妻子がいたら、この歳で、世界一周旅行なんかできるはずもないが。
夜が明けてからは、スムーズに走り続けるバスの窓から、砂漠とサボテンの風景をボーッと眺めていた。
この風景は、バハカリフォルニアをバスで下った時とほとんど変わらない。
だから、砂漠を見るために、わざわざバハカリフォルニア(カリフォルニア半島)へ行く必要はない。
カリフォルニア湾の東岸も、西岸も、似たような景色なのだから。
南へ下る時は西岸のカリフォルニア半島を旅し、北上する時は東岸のメキシコ本土を通ったのは、よかった。
ティファナに近づくに連れて、緊張が高まる。
午後2時にティファナへ到着したら、そのまま米国との陸路国境を越えることになるからね。
ティファナで一泊する意味もない。
すぐにロサンゼルスへ行くか、それともサンディエゴで一泊するか、という問題があるだけだ。
中南米を一周して、陸路でアメリカに入国するというのは、一大イベントだ。
もちろん、書類的には何の問題もない。
アメリカのビザは、エクアドルの首都キトのアメリカ大使館で、5年有効の「B-1,B-2ビザ」を取ってある。
アメリカに不法滞在したこともないし、それを証明するスタンプもある。
米国の陸路国境越えも、何度も経験している。
米国とカナダの国境は、東海岸と西海岸で、2回陸路往復したことがある。
メキシコ国境では、エルパソとシウダフアレスの国境を通ったのが最初だったね。
ティファナの国境も、北米一周グレイハウンドの旅の時、米国からメキシコへ往復した。
この中南米一周旅行の最初は、サンディエゴ(米国)からティファナ(メキシコ)へ越えた。
そして、中南米を一周して、今度はメキシコから米国へ陸路国境越えをする。
これからの国境越えは、僕にとっては、重い意味がある。
ただの国境越えではないわけだ。
どんな国境でも、国境越えの入国審査を受ける時は、緊張するものだ。
僕はこの時点でも、世界各地で陸路国境越えを繰り返してきたので、まず陸路国境越えの専門家と言えるだろうね。
僕は、「国境越えはなにが起きるかわからない」と知っている。
逆に言うと、「行ってみなければわからない」ってことだけどさ(笑)。
いろいろと考えながら、バスを降りて、バックパックを背負う。
僕を乗せてきたバスは、どこかへ行ってしまう。
バスを見送りながら気が付いたが、アーミージャケットをバスの中のラックに置いたままだったよ(涙)。
もちろん、バス会社のオフィスへ行って、問い合わせをしたりする。
僕が乗ったバス「128番」は、明日にまたやってくるそうだ。
でも、バスを待つためだけに、ティファナで1日待つことはできない。
ラックにあるアーミージャケットは、誰かが見つけて、その人のものにされる可能性が高い。
置き忘れた荷物をきちんと管理するシステムはないだろう、と予想する。
スパッと諦めた方がいい。
もうずいぶん着たままだったから、あちこち破れていて、そろそろ寿命だった。
ロサンゼルスには軍放出品の店もあるから、そこで新しいアーミージャケットを購入すればいい。
将来、僕を記念した「世界旅行者記念館」ができた時に、陳列するアイテムが一つ減っただけだ。
25時間以上のバスで、結構疲れているようだ。
国境を越えたら、サンディエゴで一泊したらいいさ。
ティファナのバスターミナルから、ロサンゼルス行きのグレイハウンドバスが出ている。
バスに乗ればいいだけだが、その前に手持ちのメキシコペソを米ドルに両替する。
2580ペソが一ドルになるレート(逆に、ドルをペソにするときは、1ドルが2545ペソ)。
ティファナからサンディエゴへのグレイハウンドバスの料金は4ドル。
バスが出発して、バスターミナルを出るとすぐに、米国の入国管理事務所だ。
若い男性の入国審査官が担当している。
僕は、入国審査官からの細かい質問を覚悟して、それに対しての答えまで用意していた。
しかし、僕がエクアドルで取ったアメリカビザを見せると、質問なくスンナリと入国が許可された。
結局、所持金も、出国切符のことも聞かれず、ほとんど会話もなかったので、心配しただけ損した。
ただ、僕はアメリカの入国カードをパスポートにつけたまま出国していた。
そのカードを見て、「何でこんなものをパスポートにつけてるんだ?」と聞かれて、引きちぎられた。
僕のアメリカの出国は、メキシコの入国審査を受けた時の日付入りのスタンプで証明されているので問題はない。
アメリカ出国の時に、カードがパスポートに残ることはよくあるんだよ。
僕は2004年にナイアガラ滝のレインボーブリッジを越えて、アメリカ入国した時もカードのことが気になった。
アメリカの入国審査官に確認して、わざわざカナダの入国管理事務所にアメリカのカードを渡したものだ。
普通の人は、そんな面倒なことはやってないようだ(カナダ側でびっくりしていたからね)。
入国審査が終了した後は、税関の荷物検査も申告も、何にもなかった。
またバスに乗り込むと、そのままサンディエゴのグレイハウンドバスターミナルへ到着する。
入国審査はほとんど形式的だったので、時間はほとんどかからなかった。
ティファナのバスターミナルから、サンディエゴのバスディポまで1時間半程度だった。
サンディエゴ到着は、まだ明るい午後4時ごろだった。
思い出すと、最初にサンディエゴに来たのは、早朝の午前6時ごろだったっけ。
アメリカ一周バス旅行をしていたとき、西海岸の最初の都市がサンディエゴだったんだ。
その時は、バスディポにYMCAの直通電話ボードがあった。
今回は存在しなかったが、でも問題はない。
YMCAは、グレイハウンドバスディポのすぐ隣なんだから(笑)。
そのままYMCAに行って、546号室に決める。
シャワーとトイレは別だが、シングルルームで、19.5ドル。
サンディエゴには土地勘があるので、バックパックを部屋に置くと、そのままショッピングモールの「ホートンセンター」へ行った。
バナナリパブリックのTシャツを1枚購入して、14ドル。
これは、明日、ホテル加宝に行くのに、ちょっとオメカシしたかったからかしら。
それは昔のことなので、覚えてません。
テリヤキコンボをテイクアウトにして(6ドル)、ワインを一本(4ドル)と缶ビール(85セント)を2本購入。
ホテルに戻って、部屋で夕食にして、喉が渇いたので、ホテルの自動販売機でコーラ(65セント)をゲット。
昨日からのバスが25時間以上、ティファナからサンディエゴのバスが1時間半。
ほとんど休まずに、合計27時間ほどバス移動していたのだから、疲れている。
でも明日になれば、ロサンゼルスの安宿、ホテル加宝に戻れる。
そうすれば、またあの怠惰な加宝生活が待っているわけだよ(笑)。
「ホテル加宝」を出て、アムトラックで、サンディエゴに着き、グレイハウンドでティファナの国境を越えたのが、1989年3月6日。
中南米一周旅行をして、また中米を北上し、ティファナの国境を越えて、米国に陸路入国したのが、1989年9月26日。
僕の1989年の中南米一周旅行は、足掛け7か月、実質6か月と20日かかった。
しかし僕の旅は、これでおわりではない。
次は、「ホテル加宝物語」の第二章がまっているんだ…(笑)。
参考:この僕の旅は、「中米旅行記」「南米旅行記」をどうぞ♪

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

xxx