『オアハカ行きのバスに乗ったら、みんなトイレに行きたくて大騒動(笑)♪』@トゥクストラ・グティエーレス/メキシコ

【パレンケ遺跡@パレンケ/メキシコ(2007)】
1989年9月18日、今日は午後のバスに乗って、オアハカへ行く予定。
切符は、昨日、サンクリストバルデラスカーサスに着いたときに買ってある(料金は2万ペソ/約1000円)。
僕が春にオアハカからサンクリストバルへ移動した時は、昼間のバスで13時間かかった。
今回、なぜ夜行バスにしたかというとだね、多分、サンクリストバルからオアハカへの昼間のバスがなかったんじゃないかな。
身体を休めるためなら、サンクリストバルで一泊して、朝のバスで移動した方がいい。
オアハカに夕方着いても、土地勘があるから、宿を見つけるのも簡単で、また一泊できるからね。
とにかく、夕方の16時45分のバスの出発まで、サンクリストバルで、時間を潰さなければならない。
まず、ホテルの共同シャワーを浴びに行く。
これが、メチャ湯の量が多くて、スカーッとしたね。
南米のボリビアなんかでは、安宿では「電気シャワー」で、暑いお湯なんて、ちょろちょろとしか出なかったのに。
次に、両替に銀行へ行った。
BANCOMERで、100ドル(50ドルのトラベラーズチェックを2枚)が、25310ペソに替わった。
あと特にやることもないが、昨日いっしょのバスでやってきたジムが行ったホテルを見てみるかな。
「CASA DE HUESPEDES MARGARITA」へ行って覗いたら、確かに白人旅行者だらけだった。
次に、大聖堂(CATEDRAL)で祈り、インスルヘンテス通りにあった2つの教会(IGLESIA)で、さらに祈る。
絵葉書(500ペソ)を買い、郵便局で切手(1600ペソ)を貼って、実家へ送った。
次に、町の中心の公園横にある屋台で食事。
「CALDO DE POLLO CON ARROZ(チキンの煮込みとライス)」が2500ペソ(1ドル/130円)。
ただ、コーヒー(500ペソ/25円)を頼んだら、ぬるくてダメだった。
サンクリストバルには、本当においしい店はないという結論。
歩いていて見つけた古本屋で、「THE EAGLE HAS LANDED(JACK HIGGINS)」を購入(8000ペソ)。
1989年9月18日に買ったこの本、おそらくそのまま持って旅を続けたようだね。
1990年4月1日の日記に、「Jack HigginsのThe Eagle Has Landedを半分くらい読めた」とある。
だから、案外と読む暇がなかったのかもね。

このあと、オアハカ、メキシコシティ、マサトランを経由して、一気にロサンゼルスのホテル加宝に戻った。
ホテル加宝に着いてしまえば、楽しいこと、面白いことが、毎日毎日おきた。
正直、ロサンゼルスなら、本屋もあるし、リトル東京には図書館もある。
日本語の本はいくらでも読める。
日本語の本があれば、英語の本は読めないよね(涙)。
だから、日本に住んでいて英語の本を読むのは、よほどの努力や意志が必要なんだよ。
おそらく、この日に少し読んで、あとは、ロサンゼルスの楽しい楽しい生活のなかで、この本を忘れてしまったのだろう。
もちろん、これだけ有名な本だと、ストーリーは知っているわけだが、いい本は何度でも読めるものだ。
昨夜の分のホテル宿泊代12000ペソを払う。
受付にいた中学生くらいの女の子が、一生懸命に学校の宿題を解いていた。
僕が横から覗き込んでみると、物理の問題だ。
説明はスペイン語だが、問題のイラストと、計算式で何をやっているのか簡単に理解できた。
僕は、京都大学の工学部を卒業しているんだから。
ただ、すぐにわかったが、女の子の答えはすべて間違っていた(涙)。
そこを下手にチェックすると、物理を教えなければならない。
面倒なので、「いい答えだ」とスペイン語で言う。
軽く風邪気味なので、薬局へ行って、風邪薬の「コンタック」を買った。
カプセル2個入り(400ペソ)を、2つ(800ペソ)。
天気が悪いが、食堂のテレビのニュースによると、カリブ海に「ハリケーンヒューゴ(HURRICANE HUGO)」がある。
その影響で、メキシコ中部以南は雨が降り続いているのだとか。
昼ごはんは、ビフテキ(5000ペソ/2ドル/250円)、ビール(1300ペソ)とコーヒー(700ペソ)で、合計7千ペソ。
バスの時間が中途半端なので、時間の潰しようが無い。
ホテルをチェックアウトして、バックパックを持ったまま、バスターミナル近くのレストランで、ビールを飲んだりする。
他にも欧米人の白人旅行者がバックパックをテーブルの横に置いて、時間を潰している。
暇なので、ビールを飲みながら、互いに同じバスで行くのかどうか、確かめあったりする。
出発が午後4時45分、荷物のチェックインが出発30分前。
バスに乗る時の雰囲気では、ドイツ人、フランス人の旅行者が多いようだ。
僕が予約した24番席は、窓側で、前から6か7列目だった。
隣の23番席には、出発時誰もいなかったので、「これは快適♪」と思っていた。
窓から風や雨が吹き込む席があったようで、イギリス人女性が僕の隣に移動して来た。
バスに乗っている欧米人も僕も、バスの時間が中途半端だったので、時間つぶしでビールを飲みすぎた。
バスが出てすぐに、「トイレに行きたいー」という叫びが、バスに満ちた。
僕の経験でも、欧米人はトイレに行きたくなったら、すぐに行くのが当然だと考えている。
道端でもバスを止めて、みんなが見ているところでも、ウンコする。
僕が体験したのでは、アマゾン上流のナポ川のボートで、わざわざ岸にボートを着けさせて、ウンコをした若者もいた。
日本人は、恥ずかしがりやさんなので、トイレは出来るだけ我慢する。
日本人ならば、ここは、次のストップまで我慢するもの。
僕も次のバスターミナルまでは、ギリギリ我慢できそうだった。
結局、欧米人の主張が通り、バスの運転手はバスの営業所みたいなところで、バスを止めた。
もちろん僕も、トイレに行くことには、賛成だ。
小さな営業所前でバスが止まり、営業所のトイレを使えると思って、みんなバスを降りた。
ところが、営業所の人間が、両手を広げて、「トイレは使わせなーい!」と、通せんぼをする。
バスの運転手よりも、営業所のおじさんが、偉いようで、トイレは使えない。
結局そのまま、次の大きな町トゥクストラグティエーレスへ行った。
町へ着く前からバスの中は、トイレ、トイレと、大騒ぎだ。
サンクリストバルを出て、1時間ほどで、トゥクストラグティエーレス(TUXTLA GUTIERREZ) に着く。
ここは、チアパス州の州都なので、もちろん、バスターミナルも大きい。
バスターミナルには、もちろんトイレもある。
バスに乗っていた旅行者は、ドドッとバスターミナルのトイレに突撃した。
すると、なぜか、トイレが男性用女性用の、女性用しか使えない。
しかも、トイレの前には、長い列がある。
当然、男性と女性が入り混じって、並んでいるわけだよ。
僕は、状況を見て、「これはムリだ!」と、即座に判断する。
とすれば、どこかの物陰でするか、別の場所だが。
ハッと思い出したのが、僕が以前にこの町へ来た時に見た中華料理店だ。
中華料理店は、バスターミナルのすぐ近くにあった。
僕は客のような顔をして、堂々と中華料理店に入っていって、トイレの場所を聞き、トイレを済ませる。
店を出るときは、「アスタラビスタ(HASTA LA VISTA/またね)!」とあいさつをして出てきた。
これで、身も心もスッキリしたってわけだ。
バスはもちろん、乗客がトイレを済ませるのを待って出発する。
バスはトゥクストラグティエーレスを出てしばらく走ると、道路に落石があったということで、ルート変更。
夜中に、夕食の休息があったが、僕は体調を心配して、何も食べない。
夕食のミールストップが終わって、バスに戻ると、バスのドアが開かなかった(涙)。
こういうトラブルも、ラテンアメリカ旅行の楽しみかな。
翌朝の午前6時前には、目的地のオアハカ、一等バスターミナルへ到着。
結局、サンクリストバルからオアハカまで、約13時間で到着したわけだ。
さてオアハカ到着が、午前6時だよ。
オアハカに長居するつもりはないが、次はどこへ行きましょう。
一気にメキシコシティへ行ってしまうのもいいが、その手前のプエブラが気になる。
プエブラには、「チョルーラの大ピラミッド」があるらしいし。
どうしようか?
まずはコーヒーでも飲んで、頭をスッキリさせましょうかね。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]


xxx