『サンクリストバルデラスラスカーサスに行ったら、先住民運動のことも考えましょう』@サンクリストバルデラスカーサス/メキシコ

【パレンケ遺跡@パレンケ/メキシコ(2007)】
1989年9月17日、メキシコのウエウエテナンゴを午前10時15分に出て、メキシコへと国境を越えた。
バスを乗り継いだりしたが、サンクリストバルデラスカーサスに到着したのは、午後6時半。
国境の手続き、バスの乗換えを含んで、10時間ちょっとかかった。
実際にバスに乗っていたのは、ウエウエテナンゴから国境までが、2時間15分。
国境から、サンクリストバルデラスカーサスまで、3時間程度だ。
半分は、国境越えの手続き、バスやタクシーの乗り継ぎの時間だった。
それほど身体が疲れているわけでもない。
南米へ下る途中で、泊まったことのある「ポサーダ・ルセージャ」にチェックインする。
宿のおじさんに、「僕を覚えているか?」と聞くと、「もちろん♪」と答えが戻る。
昔泊まった同じ部屋、6号室にチェックイン(12000ペソ/6ドル弱)。
部屋にバックパックを置いて、バスターミナルへ戻り、次の町オアハカへの切符を買う。
明日、9月18日午後4時45分発、オアハカ行きの夜行バス、料金は2万ペソ(1000円)だ。
前回来た時は、オアハカからサンクリストバルまで、昼のバスで13時間かかった。
今度は夜行バスで、オアハカへ行くつもり。
午後5時ごろに出れば、バスで寝て、午前6時ごろに到着するだろうからね。
オアハカでどうするかは、オアハカで決めればいい。
ただ、僕には一つ、ハッキリした目的がある。
それは、「オアハカチーズ」を買うことなんだけどね(笑)。
観光客向けのレストランへ行って、肉とライスとトルティージャ(4000ペソ)を食べる。
ボヘミアビール(2000ペソ)を3本飲んで、合計1万ペソ(4ドル)。
南へ下る時に祈った教会で、無事に南米一周ができた感謝の祈りをする。
これからの、旅の無事を祈る。
突然、激しい雨が降り出したが、僕はなぜかいまでもわからないが、傘を持っていた。
神からの、「わかった、世界旅行者よ、これからも旅を見守っているから安心しろ」というお告げだと理解する。
この「サン・クリストバル・デ・ラス・カーサス(SAN CRISTOBAL DE LAS CASAS)」という町は、メキシコ南部のチアパス州にある。
僕が前回、近くの村を訪れて、キリスト教教会で、独特の祭りを見たことがある。
チアパス州は、少数民族が多く、メキシコの中でも、一番貧しい地域だという。
僕が前回町や村を歩いていても、他のメキシコとは全く違った雰囲気だった。
エキゾチックな雰囲気を求めて、欧米人旅行者が集まっている。
その観光収入は、地元の人とは全く関係のないものだ。
チアパス州には反政府運動が存在する。
時々暴動が起きて、この地域の情勢が不安定になり、旅行を控えるようにとの警告も出ている。
1994年の蜂起については、ルポルタージュもあります。
一時的に不安定な時期があったとしても、本格的な戦争状態にはならない(と思う)。
少数民族地域には、特に資源があるという話も聞かないし。
2007年に訪ねたラカンドン族のような場合は、ボナンパック遺跡の管理を任されている雰囲気だった。
観光と、少数民族の共存ということも、考えていかないと、経済格差は解消されないだろう。
反政府運動が一時的におさまっても、地域の不安定さは続いている。
旅行者としては、旅に行く時に、念のために、現地の情勢を確認すればいいでしょう。
僕としては、確かに少数民族の村は訪れたのだが、それほどの興味はない。
正直、他の民族の村を訪れるような観光は、したくない。
メキシコの場合は、遺跡がたくさんあるので、遺跡を見るという意味ならば、この町を訪れる意味はないかも。
ただ、サンクリストバルからパレンケは、バスで6時間だった。
グアテマラのウエウエテナンゴから国境を越えるにも、いい位置にある。
陸路で中米を下っていくときに、ちょっと立ち寄るにはいいかもしれません。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]


xxx