『バスの予約をして、メキシコシティで旅の準備をして、マサトランへ出発する』@メキシコシティ/メキシコ

【パレンケ遺跡@ユカタン半島/メキシコ(2007)】
1989年9月22日は、カリフォルニア湾にある港町「マサトラン」へ行く切符を予約する。
明日23日の午後1時半発のマサトラン行きバスが見つかる(バス料金は33600ペソ/14ドル弱)。
これに乗ると、約20時間でマサトランへ着く。
メキシコシティを出て、20時間かかるならば、翌日の午前9時半に到着するはず。
僕が来た時と同じように、フェリーでカリフォルニア湾を横断するとしても、出港に間に合うと考える。
北ターミナルの両替所で、100ドルのトラベラーズチェックを両替して、247,500ペソを手にする。
ここでは、現金なら、1ドル当たり2525ペソ。
北ターミナルでは、現金の方が1ドル当たり50ペソ高い。
銀行に行って両替すれば、トラベラーズチェックの方がレートはいいんだけどね。
でも、銀行へ行って窓口へ並ぶ時間がもったいない。
コンタックの6錠入りパック(1150ペソ)を2つ買う(合計1ドル弱)。
ということは、このときは風邪を引いていたんだろう。
メキシコシティの繁華街ソナロッサのTシャツ屋「ACAJOE」で、面白い柄のTシャツを1枚購入する(24010ペソ)。
これはセールで安くなっていたもので、もともとは34000ペソという高価なものだ。
結局、明日のバスの切符を買って、お土産も入手したのだから、もうメキシコシティに用はない。
ただ、今日移動するには、体力がまだ不安だ。
中途半端に時間を持て余した時は、映画を見るに限る。
しかも、映画を見るのは、ただの時間つぶしではない
海外で映画を見ておくと、映画に関連して、旅の話ができる。
日本に戻って海外旅行の話をしても、誰も聞いてくれない。
そこで、海外旅行者はどんな話題でも自分の海外旅行談に結び付けるテクニックを持っている。
映画を見るのは、海外旅行を語るための、重要なネタ振りです。
観光案内所へ行って、映画館の場所を聞く。
映画館「METROPOLITAN PLUS」(アラメダ公園の近く、INDEPENDENCIA通)へ行った。
すると、「ゴーストバスターズ2(LOS CAZAFANTASMAS 2)」をやっていたので、見ることにする。
映画館の建物はとても豪華な雰囲気だが、映画の画面は上下の明るさが不足していたね。
料金は2400ペソ(1ドル弱)。
窓口のおばさんに、1万ペソ札を出すと、お釣りを600ペソコイン、2000ペソコイン、2千ペソ札、3000ペソコインと渡される。
こういう変なお釣りをもらったら、だいたいは誤魔化されているもの。
怒った顔で受け取って、計算してみたら、お釣は7600ペソで、合っていたよ(汗)。
「ゴーストバスターズ2」は、(見た人はだれでも感じたように)それほどは、面白くなかったね。
でも、海外で入場料1ドル弱で見た映画に文句を言うことはない。
日本で見ることは絶対に無いだろうから、海外で見たのは、オトクかな。
それに、「ゴーストバスターズ2」は、一応有名な映画だ。
いつか話に出てきたときに、「僕はメキシコシティで見たよ」と自慢できる。
そんなことをやっていたら、嫌われるだろうけどね(笑)。
でも話のネタが一つ増えるのは、悪いことではない。
INDEPENDENCIA通りの酒屋で、冷えたビール(TECATE/1200ペソ/60円)と赤ワイン(PADRE KIN/4700ペソ)を買う。

夕食としてハーフチキンをテイクアウト(4500ペソ)した。
道を歩いて見つけた本屋に入ってみる。

フランス語活用表の「LAROUSSE DE LA CONJUGAISON」が20パーセント引きだったので、購入した(9272ペソ)。
あと、「LONELY SHIPS」という、アメリカアジア艦隊の最後を描いた本。
もう一つ、「MOST DANGEROUS MOMENT」は、日本軍のセイロン攻撃についての本だ。

この2冊まとめて、値切って4000ペソ(200円)だった。
あとは、部屋に戻って、ハーフチキン(チキンの丸焼きを半分にしたやつ)を食事にして、赤ワインとビールを飲む。
本を読みながら、幸せな眠りに着いた。
さて、明けて、9月23日。
今日は、また移動の日だ。
バスの出発は、午後1時半。
朝はゆっくりと過ごし、バックパックをまとめる。
人類学博物館で買ってきた絵葉書を書いて、送る。
この最初の世界一周旅行では、カメラを持っていなかった(カメラを日本へ送り返していた)。
だから、世界各地からその国の切手を貼った絵葉書を、実家に送るのを記念にしていた。
今でも僕が世界中から送った絵葉書は手許にある。
これは、僕が有名になって記念館でも出来たら、陳列する予定です。
続いて、旅に出るときにいつもすること、をした。
つまり、教会へ行った。
「神が僕の旅を導いてくださることに、感謝します」と祈る。
北ターミナルで、「COPA DE ARROZ DULCE」という、甘酒のようなものを飲んだ(600ペソ)。

バックパックをバスに預けずに、持ったまま乗り込んで、頭上の荷物ラックに置く。
バスは「ESTRELLA BLANCA」社のもので、はじめて聞く名前だ。

有名なADO社やTRES ESTRELLAS DE ORO社に比べると、設備は悪い。
バスは時刻通り、午後1時半に、マサトランに向けて、出発しました。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

xxx