『オアハカを歩いて、昼のバスでプエブラへ、バスを乗り換えてメキシコシティへ、10時間』@オアハカ〜メキシコD.F./メキシコ
【パレンケ遺跡@パレンケ/メキシコ(2007)】
1989年9月19日、サンクリストバルデラスカーサスを前日の午後4時45分に出たバスは、午前6時ちょっと前にオアハカに到着。
約13時間かかったわけだ。
この時間、他の町からのバスも到着したのだろうか、変にバスターミナルが混んでいた。
僕はすでに、オアハカへは来ている。
オアハカの見所、モンテアルバン遺跡ミトラ遺跡、もちろんオアハカの町も歩いた
オアハカの市場へ行って、「オアハカチーズ」を買うことは、ちょっとこだわりがある。
一等バスターミナルの、時刻表をチェックすると、プエブラ(PUEBLA)行きのバスが、午前10時半発である。
町の市場へゆっくり歩いても、20分と考えられるので、これならば十分に時間がある。
オアハカからプエブラへの切符を買う。
午前10時半発のバスには、たった1つしか残りが無く、それが32番のシート(料金13200ペソ/5ドル半/715円)。
旅行神の「世界旅行者よ、お前のために、特別に一つ席を用意しておいたよ」という声が聞こえるね。
切符を買って、コーヒーを飲んで、ゆっくりとオアハカのセントロへ歩き出す。
この時期は、オアハカのバスターミナルに荷物預かり所が無かったので、自分でバックパックを背負ったままだ。
2010年の情報では、オアハカのバスターミナルに荷物を預けるところがあるという話ですが。
マーケットに行って、チーズ(QUESO)を2つ買った。
オアハカチーズは引き伸ばして丸めてあるのが特徴で、日本の「さけるチーズ」みたいなんだ。
メキシコのほかの町でも探したが、オアハカでしか買えなかったんだ。
朝食として、CHOCOLATE CON  LECHE Y PAN(ミルク入りチョコレートとパン)が2000ペソ。
やはり、市場で、SOPA(臓物スープ)が1500ペソ、大型の石鹸が620ペソを買った。
カテドラル(CATEDRAL)、サントドミンゴ教会(IGLESIASANTO DOMINGO)で、それぞれ100ペソの寄付をして、祈る。
ハリケーンの影響で、相変わらず天気が悪い。
といっても、曇り空で、歩いていると小雨がぱらぱらと降る程度だ。
雨が強くなっても困るし、別に見るところもないので、祈り終わったら、バスターミナルへ戻った。
昨日のことを思い出すと、そうそう、夜中に道路で検問があった。
パスポートをチェックされたので、「僕はメキシカンに見えるかな?」と、軽口を利いた。
そういう話をしていたら、隣に座っていたイギリス女性が「あなたはネパール人?」と聞いてきた。
ネパール人だと言えば、このイギリス女性とエッチできたかな。
と、僕の旅行ノートに書いてある。
夜行バスは、中年男性にはこたえる。
でも、その女の子も、オアハカに着いたらどこかへ消えた。
ずーっと隣の席にいたのだから、ある意味、ものすごく近いところで寝ていたわけだしね。
そういう妄想が浮かぶのも、夜行バスのなせる業でしょうか。
バスは午前10時半発だが、バックパックを30分前にチェックインする。
僕が乗ったのは、ADO社のバスで、トイレがついていて、使用可能らしい。
このバスは、後にトイレと、ドライバー用のベッドがあって、それで乗客は38人しか乗せられないようだ。
道は、くねくねした山道がほとんどだが、ちゃんと舗装されているので、乗り心地は快適だった。
バスの席で、「東京裁判(児島襄)」を読了した。
プエブラ(PUEBLA)到着が、午後6時半。
この旅行の話は1989年だが、プエブラのバスターミナルは、ものすごく大きな郊外ターミナルだった。
その時感じたのは、「このターミナルから、またバスを乗り換えて、プエブラに行くのも疲れるなー(涙)」ってこと。
プエブラからメキシコシティへは、2時間もあれば、到着するはず。
メキシコシティは、すでに歩き倒していて泊まるホテルも見込みがある。
本当にプエブラに興味があって、「チョルーラの大ピラミッド」を見たいならば、メキシコシティから日帰りすればいいだけ。
僕は、プエブラに泊まらずに、このままメキシコシティへ行くことを決断する。
メキシコシティへの切符を買う(3900ペソ/200円)。
午後7時発の「PREMIER」社のバス。
バスは高速を飛ばして、1時間半かかって午後8時半に、メキシコシティの東ターミナルに到着した。
東ターミナルからMETROで、SAN  LAZAROから SALTO AGUAへ(運賃100ペソ)。
メキシコシティの地下鉄は時間によっては東京の通勤時間帯並みに混み合うが、この時間帯は人が少なかった。
前回メキシコシティで泊まっていた「ホテルコンコルディア(HOTEL CONCORDIA)」へチェックイン。
今回の料金は、18000ペソ。
南へ下ったとき、まだ半年前だが、ホテルの料金は15000ペソだった。
でも、その時は、1ドルが2300ペソのレートで、今回は1ドルが2500ペソ。
ドルに換算すると、前回が6.52ドル、今回が7.2ドル。
もちろん、ドルのレートも変化しているが、ドルを中心に考えれば、少し値上がりしている。
バックパックを部屋に置いて、夕食を取りに出る。
レストランで、アホのスープ(SOPA DE AJO/7000ペソ)、コロナビール(2500ペソ)を2本で、合計12000ペソ。
サンクリストバルデラスカーサスを出てから、バスの中で寝て13時間。
オアハカでバスを乗り換えてプエブラまで8時間。
プエブラでバスを乗り換えて、メキシコシティへ1時間半。
ほとんどバスに乗り続けだったので、とにかく疲れた。
ベッドに横になって考える。
メキシコでやることは、もう一度「国立人類学博物館」を見ること。
ヒスイの仮面が博物館に戻ってるかもしれないし。
あと、トゥーラ(TULA)の遺跡へでも行きましょうかね。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

xxx