『中南米一周前に見た国立人類学博物館(MUSEO NACIONAL DE ANTROPOLOGIA)を再訪する』@メキシコシティ/メキシコ

【チチェンイツァのセノーテ@ユカタン半島/メキシコ(2007)】
1989年9月20日は、メキシコシティを出て中南米一周をする前に、「戻ってきたら行く」と決めていた「トゥーラの遺跡」を訪れた。
あとは、国立人類学博物館(MUSEO NACIONAL DE ANTROPOLOGIA)を見なければね。
というのが、前回行った時は、有名な「翡翠の仮面」が盗難にあっていて、展示されてなかった。
そのあと、仮面が発見されたというニュースがあった。
だから、博物館に展示されているかも、と思ったんだね。
博物館には、メキシコのさまざまな遺跡の展示(模型など)もあった。
それをメキシコシティを出る前に見た。
実際の遺跡を見たあとに、もう一度見直すと、また違った感動があるだろう。
いくら遺跡の本を読んでも、実際に見たら、またぜんぜん違う感想があるからね。
メキシコ各地の遺跡を見てきたのだから、その遺跡の模型や解説を見るのもいいだろう。
1989年9月21日は午前6時に目が覚めて、ボーッとしていて、ベッドを出たのが午前8時半だ。
外に出て、近くの食堂で、ミルクコーヒー(CAFE CON LECHE)と、棒状の砂糖菓子を食べる(2500ペソ)。
ソナロッサ(ZONA ROSA)へ行って、まず旅行代理店を当ってみた。
というのが、昨日は、北ターミナルで、アメリカへ行くためのバスを調べた。
ティファナまで44時間、40ドルかかる。
44時間を一気に、バスに乗ったまま移動するの無理(出来るけれど、金をもらってもイヤ)だ。
途中で、1泊か2泊して、ティファナへ行くことになるだろう。
バス代の他に、ホテル代と食費もかかるよね。
1泊シングルで10ドル、食費が10ドルとすれば、余裕を見て1日25ドルは覚悟かな。
もし途中で2泊すれば、50ドルかかる。
とすると、バス代と合わせれば90ドル、大雑把に100ドルかかるかもね。
すると、「メキシコ国内線で、ティファナへ一気に飛んでしまったらどうだろう?」という気持ちがでてくる。
世界旅行者は、アメリカとメキシコの陸路国境を越えて、中南米一周旅行を開始した。
だから、ロサンゼルスに戻る時も、メキシコからアメリカへは、陸路国境を越えなければならない。
陸路でメキシコ国境を越えて、中南米一周をして、また陸路で国境を越えてアメリカへ入る。
これは、中南米一周としては、ポイントが高い(自慢できる)。
しかし、中米(コスタリカ)から南米(エクアドル)は飛行機を使った。
アマゾン地域でも、例えば、ベレンからマナウス、マナウスからタバチンガ、レティシアからボゴタは飛行機に乗った。
ボゴタからカルタヘナカルタヘナからサンアンドレス島サンアンドレスからグアテマラシティも全部飛んだ。
早い話、最近は飛行機ばっかり使ってる。
だとすれば、メキシコシティから米国との国境の町ティファナまで飛んでも、別に問題はない。
ティファナへは何度も行ってるから、陸路で簡単に国境を越えて、一気にロサンゼルスへ到着できる。
目に付いた旅行代理店「WAGON-LITS TURISMO」に行って、話をしてみる。
すると、メキシコシティからティファナへ片道で152ドル。
152ドルというのは、微妙な値段だなー。
100ドルならば、神様が「世界旅行者よ、ここまで旅をしてきて、身体も疲れているのだから飛行機を使いなさい」と言ってるに決まってる。
150ドルとなると、バスで行ったほうが確実に安いし、また、自己満足も出来る。
途中でメキシコの町を見ることができるよね…。
念のために聞くと、メキシコシティからロサンゼルスまでが、片道230ドルだった。
ロサンゼルスまで飛んだら、それは、僕の中南米旅行に傷がつくから、それは絶対にできない。
飛行機の情報を調べたあと、「国立人類学博物館(MUSEO NACIONAL DE ANTROPOLOGIA)」へ行った。
入場料が900ペソ(50円くらい)。
いままで見てきた遺跡の模型などを、フムフムと見たりする。
また、ガイドブックの説明にちょっとした間違いを発見するのもご愛嬌。
ただ、この時点では、僕が期待していた「翡翠の仮面」は、展示してなかったよ。
博物館のミュージアムショップで、絵葉書(千ペソ)を2枚買う。
地下鉄に乗って、ソカロへ行き、カテドラルで祈る。
雨が降ってきたので、急いで歩いてレストランへ入り、焼肉(7千ペソ)とビール(250ペソ)。
食事をしながら考えてみる。
二度目のメキシコで、もうほとんどの遺跡は見終えてしまった。
メキシコシティの名所も、今回、トゥーラの遺跡を見たことで十分。
メキシコにはコロニアル都市として、グアナファトなんかが有名らしい。
僕は、あちこちでコロニアル都市は見ているし、メキシコでも、コロニアル都市のひとつグアダラハラには一泊している。
ということは、さしあたり、もう見るようなところはないね。
とにかく、マサトランへ行けばいいだろう。
南下していたときは、マサトランでは船を下りてバスに乗っただけで、町は全く見てない。
その時のバスの時間を合計すると、18時間でマサトランへ行けるはず。
そこで、もし泳げそうならば、泳いでもいいかも。
僕が泳いだ、膨大な海や川、湖のリストに「カリフォルニア湾」を付け加えるのも、いいだろうしね。
マサトランから先は、またそこで考えればいい。
この日の旅行ノートに「傘の修理をした」「ハロッズで買った糸がなくなりつつある」とある。
きっと傘を持って旅をしていて、糸で緩んだ生地を傘の骨に縫いつけたという意味だ。
明日にマサトラン行きのバスを予約して、メキシコのお土産でも買って、身体を休めましょう。
そのあとは、乗り継ぐにしても、合計44時間のバスの旅が待っているのだから。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

xxx