『マサトランへ着いて、フェリーの料金が4倍に上がっていたので、バスでティファナへ行くと決める』@マサトラン/メキシコ

【ボナンパック遺跡の空港@ユカタン半島/メキシコ(2007)】
1989年9月24日、午前6時50分、前日メキシコシティの北バスターミナルを出発したバスはマサトランに到着。
午後1時半に出発して、翌日の午前6時50分に到着した。
普通の日本人ならば、すぐに計算して、「バスには17時間20分乗っていたってことね」と考えるだろう。
ところがどっこい、それは大間違い。
そんな単純な考えだと、旅行経験が少ないとバレてしまうよ。
実は、メキシコシティとマサトランの間には、時差が1時間存在する。
メキシコシティの方が東にあり、1時間早く夜が明けている。
つまり、マサトランの午前6時50分は、メキシコシティでは午前7時50分なんだよね。
だから実際には、バスに乗っていたのは18時間20分です。
昨日から今朝にかけてのバスは、正直、あまり乗り心地がよくなくて、ちゃんと眠れなかったよ。
中南米一周旅行でも、チリでは「アントフォガスタから夜行バスでサンチアゴ(20時間)」というバスに乗った。
これはシートも快適で、ゆったりしていたので、バスで寝るのも楽だった。
だいたい、チリの道路というのは、完全舗装で一直線なんだから、まずバスが揺れることが無い。
もっとすごかったのが、「リオデジャネイロからレイト(寝台バス)で、バイーア(サルバドール)(28時間)」だ。
寝台バスで一列3席の、横幅の広いシングルシートで、もうほとんど身体が横になるという豪華バス。
毛布も配られたし、もちろんトイレも完備で、バスを降りて現実世界に向き合うのが、イヤだったからね。
最初の世界一周旅行のあとも旅を続けた僕は、もっとすごいバスに乗ったこともある。
アジア横断旅行(1999)の時は、チベットのラサからゴルムドへのバスにも乗った。
この時は、ラサから青蔵高原を走って、ゴルムドへ到着は、32時間以上かかったよ。
バスは寝台バスというとだったが、僕のシートはバス後部のごろ寝席で、とにかく大変だった(詳しくはチベットの項参照)。
それに比べると、僕が乗ってきたメキシコシティからマサトランのバスは、中途半端だったね。
一番の問題点は、途中の停まる町が多かったこと。
出発したと思うと、すぐにまた次の町で停まって、乗客の乗り降りがある。
だから常に人の動きがあって、ちゃんとしたまとまった眠りが取れなかったんだよ。
午後1時半に出発して、日が暮れるまでは、バスのシートでフランス語の動詞活用を思い出していた。
そのために、フランス語活用表の「LAROUSSE DE LA CONJUGAISON」を、買ってたわけだし。
僕の第二弾「これが正しい海外個人旅行」には、「長距離バスや列車で時間を潰す方法」という項目がある。
「バスや列車の中は、フランス語やスペイン語の動詞変化を暗記するのに最適」と説明してある。
長距離バスの中でフランス語やスペイン語の活用を暗記する話なんて、いままでの旅行本には絶対無かったよね(笑)。
これまでの日本の旅行本というのは、わけのわからない、頭の悪い若者の、本当かどうか怪しい冒険話を書いてある。
旅行者の知的レベルが異常に低い。
読者としては、旅行本の著者を(馬鹿な男だなーと)見下せて、本を読んで気持ちよかった。
僕の本は、著者が長距離バスの中で、フランス語の活用表を暗記するんだから、これでは読者にはウケない。
この話は、「これが正しい海外個人旅行」に書くつもりはなかったんだけれど、ちょっとした手違いで、載ってしまったんだよなー。
知的レベルが高い人が読むと、面白いかもしれません。
まだアマゾンのマーケットプレイスで入手可能みたいなので、興味のある人は、ご購入ください。
とにかく、バスターミナルの洗面所に行って、トイレを済ませる。
それから、顔を洗い、歯を磨き、髭をそる。
そして、スカッとさわやかになるために、コカコーラを飲む(1500ペソ)。
バスターミナルからPLAYA NORTE(北ビーチ)へ歩いていって、オレンジジュース(JUGO DE NARANJA/2500ペソ)。
町が本格的に動き出してないので、ちょっと考えてみる。
マサトランまで来たわけだが、ここから米国入国には、2つのルートがある。
一つは僕が、中南米旅行を始めた時のルートの逆。
マサトランからフェリーで、カリフォルニア半島のラパスに渡り、ラパスからティファナへバスに乗る。
それならば、今日ボートに乗っても体力的には問題ない。
船のベッドならば、身体は休まるからね。
船に乗らないとしたら、マサトランからもう、一気にティファナ行きのバスに乗るだろう。
メキシコシティで調べた感じでは、マサトランからティファナまでバスに乗ると、丸1日(24時間)程度かかる。
24時間のバスに乗るならば、今日は動けない。
だって、18時間以上の夜行バスで、体力を消耗してマサトランに着いたばかりだから。
それならば、マサトランで少なくとも一泊はして、体力を回復しなければ。
ビーチの近くの店にいた、育ちのよさそうな年配のご婦人に、船着場への行き方を聞く。
「国際バスターミナル(CARRETERA INTERNACIONAL)」からPLAYA SUR(南のビーチ)へのバスにのればいい。
そのバスは、「フェリーターミナル(TERMINAL DE TRANSBORDADOR)」へいく(300ペソ)という。
市バスで行くのが面倒ならば、マサトランには、前回来たときも乗った「プルモニーアス」がある。
これは「サンドバギーの兄さんのようないかにも南国らしい乗り物」だ。
タクシーみたいなものだね。
プルモニーアスに交渉すると、言い値が1万ペソ、前回は5000ペソで決めたが、それでもボラれていると思う。
もう僕は、メキシコの物価が身体でわかっているからね。
でも、プルモニーアスでフェリーターミナルへ急ぐ必要もない。
マサトランのホテルの値段をチェックするために、海岸で目に付いたホテルへ入ってみる。
海に面した「CABINAS AL MAR」で23号室を見ると、2万ペソ(約千円)。
海辺に立つホテルのシングルルームが千円ならば、1泊だけだし我慢できないこともない。
時間はたっぷりあるので、バスに乗って港へ行ってみる。
フェリーターミナルには、大きな料金表が張り出してある。
それを見ると、以前よりも、フェリーの値段が高くなっていた。
フェリーの料金表(1989/09/24)
SALON/サロン 36,000ペソ/14.4ドル
TURISTA/ツーリスト 72,000ペソ/28.8ドル
CABINA/キャビン(2人部屋) 108,000ペソ/43.2ドル
ESPECIAL/特別室(2人部屋) 144,000ペソ/57.6ドル
僕が春に、逆方向のフェリーに乗ったときは、カビーナを2人分買って、船室を独り占めした。
そのときは、1人が2万6千ペソで2人分で5万2千ペソ(3000円)だった
いま同じことをしようとすると、216,000(86.4ドル)、つまり、1万円を超してしまう。
料金が4倍になっていた。
これでフェリーに乗るのは無理だ、とハッキリした。
それに、ラパスに渡ったところで、別に米国との国境の町ティファナに近くなるわけでもない。
市バスに乗って、バスターミナルへ戻り、さっきのホテルへ歩いた。
部屋をチェックして、24号室の大きなダブルベッドの部屋(CAMA MATRIMONIAL)にする。
料金は同じく2万ペソ(千円)。
今日はここで寝て、身体を休めて、あとは、一気にティファナからロサンゼルスと行きましょうかっ。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

xxx