『マサトランで、ビールを飲んでゆっくり寝て、ビーチで泳ぎ、身体を休め、いよいよ中南米旅行最後の長距離バスに乗る』@マサトラン/メキシコ

【チチェンイツァ遺跡@ユカタン半島/メキシコ(2007)】
1989年9月24日午前6時50分、メキシコシティからバスに18時間20分乗って、マサトランに到着。
中南米旅行を始めた時と同じく、マサトランからフェリーで、対岸カリフォルニア半島のラパスへ行こうかと考えた。
しかし、フェリーターミナルで見た運賃が、来た時の約4倍になっていたので、あっさり諦める。
南へ下る時のフェリー料金は、神が僕の中南米旅行にくれたプレゼントだったのだろう。
深く神の恩寵を知り、心の中で感謝の祈りを捧げる。
24日はとにかく、身体を休めることに専念しろと、旅行神が僕に告げているのだ。
僕は北ビーチ(PLAYA NORTE)のホテル「CABINAS AL MAR」の24号室に決めた(2万ペソ/約千円)。
今日はこのホテルでクターッとして身体を休める。
明日の昼に、ティファナ行きのバスに乗ることにする。
さて、ホテルに部屋を決めても、まだお昼だ。
朝からJUGO DE NARANJA(オレンジジュース)を飲んだだけ。
とにかく、ALMUERZO(お昼ごはん)を取ることにしましょう。
近くのレストランで「CEVICHE DE CAMARON/GRANDE(エビ入りの海鮮サラダ/大)」を頼む(12000ペソ/5ドル/600円)。
海鮮サラダを食べながら、缶ビール(CERVEZA/1500ペソ/80円)を飲むのは当然の話。
缶ビールを4本飲んで、6千ペソ(3百円)。
落ち着いて、ちょっといい気分になる。
次には、明日のバスの切符を買わなければね。
バスターミナルへ行って、バスを調べる。
一流バス会社のバスに乗って、できるだけ疲れないように旅をしたい。
正直、体力がもうないからね。
有名な一流バス会社「TRES ESTRELLAS DE ORO社」のバスが、午後1時半にティファナにむけて出発する。
料金は62000ペソ(25ドル)、ティファナまでは24〜25時間かかるとか。
ここでも、1989年のバス料金の考え方「バスは1時間で1ドル」が、見事に証明されている。
他のバス会社もティファナ行きがあるが、指定席でもなく、時間も26時間かかるという。
僕がメキシコシティからマサトランまで乗ってきた、町ごとに停車するバスのようなものだろう。
それならば、決定!
「三つの金の星社」の切符を買う。
出発は明日(9月25日)午後1時半、料金は62000ペソ、シート番号は24番。
明日出発の準備は済んだ。
そうなると、せっかくビーチに来ているのだから、とにかく泳ぎましょうかね。
しかし、マサトランの砂浜には小石が多くて、波が荒くて、水が少し濁っている。
ビーチとしては、ここはあんまりよくない。
もともと北米の太平洋岸というものは、北からの海流が流れ込んでいるので、結構冷たいもの。
泳ぐには適していない。
南半球のペルーやチリの海岸は、逆に、南からの冷たい海流があるので、泳ぐには不向きだ。
それに対して、南北アメリカ大陸の東海岸は、暖かい海流があるので、泳ぐに適しているね。
ちなみに、日本も、南からの暖かい海流が流れてくるので、泳ぐのにいいんだよね。
日本には、内海もあるし、島も多く、静かな入り江も多いから、日本のビーチもなかなかステキだ。
日本人は工業化のために、きれいな海岸を潰して、工場地帯を作ってしまった。
海水浴場には、何らかの利権で、下品な「海の家」がずらりと並んでいる(涙)。
世界中を旅していると、日本の自然や風景、気候が、とても恵まれていることに気がつく。
ところが、日本人は、そのすばらしい風景を、目先の金儲けのために、傷つけ、汚している。
そういう考えが浮かんだが、深刻にならずに、すぐに立ち直る。
僕はまだまだ日本に戻らずに、旅を続けるのだから。
日本のことを考えて頭を悩ませるのは、日本にもどってからにしましょう。
旅を振り返ると、このとき記憶に残っていたのは、ケニアの東海岸マリンディの「シルバーサンズビーチ」かな。
あとは、リオデジャネイロの「ベルメーリャ海岸」も、ザラメ状の砂がステキだったね。
もちろん、コロンビアのサン・アンドレス島もよかったね。
このときすでに、午後3時ごろになっていた。
泳ぎは切り上げることにする。
波に揉まれて、程よく筋肉が疲れているので、ビールを飲もうと思いつく。
筋肉を揉んだあとにビールを飲むと、高級な霜降り肉が出来る。
部屋でビールを飲んで、ベッドでごろごろしながら、本でも読みましょう。
近くのスーパーマーケットへビールを買いにいく。
すると、「ビールの販売は午後2時まででした。ザンネン!」と言われる。
ビールは販売しないが、他のものは売ってるので、コカコーラを見つけると1500ペソと、メチャ高い!
20年以上たって考えてみると、単に意地悪されてたのかもしれないね。
その時は、人間を信じていたので、さらにビールを捜して町を歩く。
海に面した売店ではなんと、3000ペソ(1ドル以上)!
隣のレストランでは、ビールが1500ペソで喜ぶと、「SOLAMENTE CON COMIDA(食事といっしょにしか売れません)」と言われる。
さっきセビーチェを食べたレストランに行って、ビールを買うと、一本1600ペソで売ってくれる。
テイクアウトだからと100ペソ高く取られたが、ここでビールを3本購入。
中華料理屋へ行ったら、焼きソバ(CHOW MEIN)が10000〜13000ペソ(4〜5ドル)で、ビールが3000ペソ(150円)。
これはとてもとても、バックパッカー風情が食べられるようなものではありません。
スーパーの横のピザ屋で、ピザ(BAJA CALIFORNIA/PEQUENO)が8300ペソ(3.5ドル)。
ピザをツマミにワインを飲むのは、旅では豪華な食事です。
ワイン(VINO KINO MEDEDIO)が6300ペソ。
合計14600ペソのところを、僕が気に入ったのだろう、12100ペソにしてくれた。
部屋に戻って、ピザとワインを夕食にして、仕上げにビールを飲んだ。
日本の部屋でこれをやると、ピザが2千円、ワインが千円、ビールが千円程度で、4千円もするかも。
メキシコのホテルでは、2万ペソ程度、つまり8ドルだから、この時代のレートで千円だ。
千円でこれならば、海外個人旅行は、決して悪くない(笑)。
身体も疲れていたので、ワインを全部飲まないまま、ベッドでコロッと寝てしまったようだ。
翌日9月25日は、前日の飲みすぎで、ボーッとした感じで、目覚めた。
海に入る気もないので、スーパーでパン(1900ペソ)とコーラ(1200ペソ)を2本買って部屋で朝食にする。
しかし昨日は、コーラの値段は1500ペソだったよね。
結構いい加減な値段を付けられているんじゃないのかな。
ひょっとしたら、ぼったくられていたのかもと、20年以上たって、この旅行記を書きながら気がつきました。
この値段は記憶で書いてるのではない。
僕の旅行ノートにメモってあるものなので、間違いないんだよなー。
ホテルに、「お昼(MEDIODIA)に出発する」と告げて、部屋で本を読みながら時間を潰す。
バスターミナルへ着いたのが、午後12時半。
1時間あるので、バスターミナル向かいのレストランでビール(1500ペソ)を一本。
バスの出発前にビールを飲んだという意味は、このバスにはトイレが付いてた。
バスに乗る前に、バスの前面にあるバスの番号をチェックする。
僕のバスは「128番」でした。
これは、グレイハウンドでもそうなのだけれど、途中のミールストップで、自分のバスを見つけるため。
ミールストップのレストランの駐車場に、ずらりと同じようなバスが並ぶことがあるからね。
さてこれですべての用意が出来て、僕の席24番に座る。
午後1時半出発予定のバスは、1時45分に動き出す。
ティファナに24時間かかるとしたら、午後2時に出発したバスは、明日の午後2時ごろに到着すると考えるよね。
それではまだまだ海外個人旅行がわかってないんだ。
メキシコシティとマサトランの間に時差があったように、マサトランとティファナの間にも1時間の時差があるんだね。
ですから、24時間バスに乗っているとしたら、ティファナ到着は、現地時間午後1時になるでしょう。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

xxx