長期旅行のときは、その地域の大きな地図を持つ
ミシュランのヨーロッパ地図 ミシュランの地図には「El Corte Ingles」のシール
ある地域を長期(3か月程度)に旅行する場合、つまり、ヨーロッパの鉄道旅行、南米一周旅行、中米旅行、北米旅行、アフリカ旅行などだが、その地域の全体像を一目で捉えられるように、大きな地図を持っていったほうがいい。
特にヨーロッパ旅行の場合、自分の頭の中にある地図と現実とでは大きく違っている場合がある。
例えば、プラハ(チェコ)、ウィーン(オーストリア)、ブダペスト(ハンガリー)、ミュンヘン(ドイツ)などの位置関係、互いの都市の距離なんかね。
トーマスクックを読めばもちろん、何時間かかるかわかる。
が、それ以前に、地図を見れば、大体の時間は簡単に予想できるものだ。
そして、この大きな地図に自分が旅したルートを書き込んでいく。
写真は僕がバルセロナにいたとき、ヨーロッパ旅行のために購入したミシュランのヨーロッパ地図だ。
スペインの有名な百貨店「エル・コルテ・イングレス(El Corte Ingles)」のシールがあって、値段が「580」とある。
つまり、580ペセタ。
このころは、1ペセタは1円と考えていたので、580円だった。
長期旅行の場合は移動の繰り返しだ。
大きな地図をベッドに広げて、今までの旅を振り返り、地図を見ながら、これからの旅行計画を立てる。
これこそ海外個人旅行者の至福の時間なんだよ。

【写真】ミシュラン(MICHELIN)のヨーロッパ全図(大きな一枚の地図です)
【旅行哲学】地図一枚あれば、ガイドブックなんかなくても、旅は出来る。