「ブルーマンショー/Blueman Show」の思い出@ラスベガス/ネバダ州

【世界旅行者@ルクソールホテル/ラスベガス/ネバダ(2001)】
僕がブルーマンのショーを見たのが、2001年12月20日、ラスベガスのルクソールホテルのこと。
僕はそれまで、ブルーマンという名前も聞いたことがなく、全く興味がなかった。

ただクリスマス前のこの時期、ラスベガスのホテルが安かったんだ。
僕が泊まったルクソールだと、ツインで59.95ドルだった。

おそらく、ラスベガスのホテルが確実に一番安いのは、クリスマス直前のこの時期だと思うよ。
僕はアメリカにいた友達と久しぶりに会うために、ルクソールに泊まった。

アメリカに長くいる友達は、米国の有名大学大学院に通っていた。
ほとんど英語の環境で生活しているので、ブルーマンショーが何か知っているようだった。

思いがけなく、泊まっているルクソールでブルーマンショーをやっているという。
普通はブルーマンの切符は取れないという話だったので、期待せずに、切符のことを聞きに行った。

すると、翌晩のショーの切符がすぐに取れた。
しかも「E2」「E3」という前の方の席。

料金は、2人で165ドル。
つまり、一人頭82.5ドルだった。

この時期1ドルは120円見当だったので、1人約1万円だ。
これって高くないかな。

僕はもともと芸術に興味があるほうではない。
もちろん世界一周旅行をしていたときは、世界各地の有名美術館へ足を運んだ。

劇場へも足を運んだよ。
ロンドンではビクトリア劇場で、「スターライトエクスプレス」を見た。

またロンドンの英語学校の友人たちとアガサクリスティのロングラン推理劇「マウストラップ」も見た。
ニューヨークに長く滞在していた時は、定番の「キャッツ」、そのころ大人気の「レミゼラブル」も見たね。

ただ、タイトルを見ればすぐにわかるが、僕が見たのは観光客向けのミュージカルがほとんどだ。
僕としては、変に芸術的な、わかりにくいものは、見たくない。

でも、なにやらブルーマンショーというのがアメリカで大人気だという時期だ。
たまたま行ったラスベガスで見られるのならば、神が世界旅行者に「ブルーマンを見ろ!」と、言ってるのだろう。

僕はそうとしか考えなかった。
ただもちろん、顔を青く塗ったブルーマンのポスターを見て、考えたことはある。

言葉はしゃべらずに、ただ、いろんな芸をしていくだけだろうってね。
席に着くと、ビニール製のポンチョを渡された。

その意味は、水がかかるということ。
これは、ユニバーサルスタジオの人気アトラクション「ウォーターワールド」を経験していれば理解できる。

ブルーマンのラスベガスのショーでは、舞台の袖に「英語のセリフ」が表示された。
それを読んでいく。

ただ、冗談が余り僕にはウケなかった。
しかし、横には知的美女がいるのだから、英語がわかるということを示そうと、面白くない冗談にわざと笑ったりしたよ。

ショーが半分ほど過ぎて、トイレに行きたくなった。
我慢していたが、耐えられない。

だんだん盛り上がってくるところなので、劇場を出にくかった。
しかし、トイレは我慢できないもの。

ブルーマンショーの前列の座席でウンコをもらしたら、これは世界的に名前が売れるかもしれない。
でも僕はそこまでの恥をかいて、名前を売りたくないね!

それでこっそりと抜け出して、トイレに行ったが、体調が悪くて、ちょっと寒気もする。
席に戻っても、またトイレに来たくなるかもしれない。

僕は正直、ブルーマンをたいして面白いと思わなかった。
だから、ショーが終わるまでトイレにこもってました。

ざわざわと人の動きが聞こえて、トイレにも人が入ってきたので、ショーが終わったのがわかった。
外へ出ると、ブルーマンがいた。

世界旅行者は取ってつけたように、「ファンタスティック!」と言って、握手してもらいました。
友達は、なかなか感動したようだった。

だから、最後の方になると、盛り上がって面白いのかもしれません。
でも僕はもっとわかりやすいものの方が好きです。
日本でも六本木で「ブルーマングループ」の劇場があって、やっているようだ。
ただ僕は、いまさら1万円払ってまで見ようとは思いませんね(涙)。

【Blueman Groupのボード@Roppongi(2008)】
それと、ブルーマンは区別がつかないので、いくらでも人数を増やすことが出来る。
だから世界のあちこちで、新人ブルーマンが活躍しているのではないかな(笑)?

僕は正直、1万円を払ってまで見るものだとは思いません。
でも、流行に流されるだけのスノッブな人たちは、ブルーマンを見ることが格好いいことだと騙されているかもしれません。

僕は、ブルーマンが好きなタイプの女の子とは、レベルが違いすぎて付き合えないとわかりました。
僕が好きなのは、「ブルーマンって、なんなのあれ。つまらないから焼き鳥屋で飲みなおそうよ。私がおごるからさ(笑)♪」というタイプの女の子です。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20080630#p4