『もし再会する運命ならば、人はまた会えるもの』@カオサン/バンコク/タイ
カオサン通りで僕の名前を大声で呼ぶなんて、いったい誰だろう?
ただ旅先では、思った以上に、一度会った人にまた会うことが多い。
今でも覚えているのが、モロッコのジャフナ広場で話をした田中くんと、半年後にナイロビの安宿リバーハウスで再会したこと。
LAでいっしょだった後藤くんとは、クスコのアルマス広場で3ヶ月後に偶然会った
チリのサンチアゴで別れても、一ヶ月後にブエノスアイレスの日本文化会館でまた出会ってしまった。
まあ、これは旅行ルートや宿が案外と定番化しているからだが。
ロサンゼルスで知り合った女の子から、3〜4年後に、東京は芝増上寺の境内で「あれ、西本さん!」と声を掛けられたこともあるよ。
やはり、ホテル加宝でちょっと話をしただけの美女から、地下鉄霞ヶ関駅で、後ろから声をかけられたりした。
それはそれとして、声のした方を見る。
と、昨日エアインディアでいっしょだった美人女子大生の二人だ。
彼女たちと一緒にいるのが、タイ人の美女。
日本の大学のクラスメートだそうだ。
カオサン通りの真ん中に立って、三人と一人づつ写真を撮る。
ところで、女の子と写真を撮っても、「写真を送るので住所を教えてくれ」などと言うのは、あまりにミエミエなので止めた方がいい。
また出会う運命ならば、いつか出会うだろうさ。
世の中は、できるだけ自分から努力しないでいた方がキモチイイのだ。
カオサンからの帰りも、ちょっとルートを変えて、王宮前を通って遠回りした。
が、やはり一時間ほど歩くと、鉄道駅、ホテルへと到着した。
つまり、この地域は、歩いてもたいした距離じゃないってことなんだね。
訳のわからないバスを待って、バスに乗って、降りる場所を気にしなくてもいい。
地図を手にして、一時間程度なら歩いた方が、町も良く分かるし、健康にもいいわけだ。
だから、カオサンとホアランポーン駅の間は、歩くことをオススメしておきたい(もちろんタクシーに乗ればアッという間に、移動できるけどね)。
ホテルへ帰ったのが、午後3時ごろ。
実は、バンコクセンターホテルのチェックアウトは、正午12時になっている。
僕の乗る列車は午後8時半に、ホテルの向かいの鉄道駅を発車する。
そこで、朝ホテルを出るときにレセプションで、夜の8時ごろまで部屋にいたらいくらかかるのか尋ねた。
すると8時までいたら一泊分を払わなければならないが、午後5時半までは延長しても無料という話。
だから、精一杯部屋を使おうと、部屋で5時近くまでたらたらしている。
少し早目に駅へ着いて、駅の向かって左側奥にある手荷物預かり所にバックパックを預ける。
駅の食堂で焼き飯とビールを飲んで時間を潰した。
注意しておくが、ホアランポーン駅では午後6時にタイ国歌が流れ、全員サッと起立するので、遅れないように。
タイの国歌が流れているときに、座ったままで鼻くそをほじってはダメだ。
国家を屈辱したというので、銃殺になっても責任は持てない。
卒業式で国旗掲揚の時に、日の丸に敬意を払わず、座ったままでいると、こういうときにトラブルを起こすことになるよ。
プラットホームに「エクスプレス69号」が入った。
僕は急いで、一等コンパートメントへ入った。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx