『ホアランポーン鉄道駅からバックパッカーストリートのカオサンまで歩いたら55分かかった』@バンコク/タイ

【ホアランポーン駅から歩いて、カオサンに着いたところ(2000)】
バンコクセンターホテルで、 少し二日酔い気味で遅く起きた。
シャワーを浴び、髭を剃り、身なりを整えて、部屋を出て、ビュッフェスタイルの朝食を取りに一階のレストランまで降りる。

一応まともな設備を持つホテルの問題点は、いちいちホテル内を動くにも、身なりをある程度ちゃんとしなければならないところだ。
これが僕の定宿のLAの安ホテルなどになると、全裸でさえなければ、パンツさえはいていれば、ホテル内をどんな格好でうろついても、誰も文句を言わない。

そういう意味では、このバンコクセンターホテルでは、僕には過ごしにくいかもしんない。
廊下には、ルームメイクの準備をしている女性の姿が見える。これも面倒だよね。

LAの安ホテルでは、お願いしてもなかなか掃除などはしてくれない。
だから逆に、部屋をどんなに散らかしていても、汚しっぱなしにしていても、誰にも知られず、とても居心地がいいのだが。

朝食をとって、ホテルから出ると、タクシーの運転手から「ドチラヘイキマスカー?」と、日本語で声がかかる。
これも面倒だね。

僕は高いホテルのタクシーなんか、死んでも使う気はないのだから。
ということは、僕はこのホテルの客として、レベル的に、ふさわしくないのかもしれない。

今日はまず、バックパッカーの集まる「カオサン通り」へ行くつもりだ。
ホテルの敷地を出た所にもタクシーがいるが、通りへ出て、昨夜買ったバンコクのバスマップを広げる。

広げるが、さっぱりわからない。
バンコクの道路が書いてあって、そこにバスの番号が書き散らしてある。

そのつながりが、理解できないのだ。
特にホアランポーン鉄道駅からカオサンへは、ぴたっとしたバスがないようだ。

どうしよう。
タクシーに乗ってもたいした金ではないが、ここでタクシーに乗ったら、帰りもタクシーに乗ってしまう。

それでは、普通すぎてつまらない。
でもまあ、新しい町へ着いたら、最初は町を知るためにも、歩き回るのが一番いいのだ。

そこで、カオサンまで歩いて行くことにする。
地図を見ながら、昔ジュライホテルがあった広場を経由して、中国人街、車の部品を扱う通り、家具屋さんの並ぶ通りなどを進む。

民主記念塔が見えてくる。
そこから、ちょっと右へ入って、左を見ると、バックパッカーの集まるカオサン通りだ。

腕時計のストップウォッチで時間を測ってみたが、ホアランポーン駅からカオサン通りまで、たった55分だった。
カオサンは1994年に来たときと、それほど変わった風には見えない。
ただ、インターネットの看板がたくさんあり、レストランの片側の壁際に、ずらりとコンピューターが並んでいる所だけが、少し違っている。
あとは、欧米人旅行者諸君が、レストランで、午前中からビールを飲んで、くたーっとしているのが目立つところか。

日本人旅行者は、ほとんど目につかない。
まあ、これが日本人旅行者諸君の駄目な所なんだよ。

というのは、日本人が目立たないから、いないのかというとそうではなく、ここにいる旅行者の少なくとも三分の一は日本人なのだ。
ただ日本人旅行者は表面には出ず、安宿の隅っこに、こそこそ隠れている。

北京で泊った京華飯店でも、日本人が4割いるという話の割には、全く目立たず、中庭のプールで跳ね回っているのは、欧米人旅行者たちだけだった。
それでいて、日本人は知り合った同士で、部屋の隅でこそこそと旅行自慢をし合っているのだ。

たまには、欧米人に声を掛けられて舞い上がったりする。
「僕は外人に声を掛けられて、英語で話して、友達になった!」などと、人種的劣等感を丸出しにした哀しい話を自慢する、ものすごいレベルの人たちもいるくらいだ。

僕は世界中にある日本人だらけの日本人宿というものの存在に、基本的には反対だ。
でも、日本人旅行者の現状に想いを致す時、日本人宿という場所がないと、自由に振る舞えないのならば、やはり日本人は日本人だけの場所があったほうがいいのだろうとも思う。

僕自身、外人と話したりするのはちっとも苦にならないのだが、別に欧米人とわざわざ親しくしようなどとも思わない。
僕はもう外人にも飽きたんだよ。

そう思いながら、僕は、カオサン通りを観察しながら、行きつ戻りつした。
時間潰しに、以前泊ったことのある、一筋奥の通りにあるJ&Jの新館に行く。

【ニュージョーゲストハウスのレストラン】
キュンと冷えたカールスバーグビールを飲んで、いろいろ考えてみた。
カオサンには、旅行代理店も多く、カオサンから直接タイ各地へ行くバスも出ている。

自分で大使館に行かなくても、旅行代理店でビザも簡単に取ってもらえる。
すべての切符を、自分で動かなくても、代理店を通して入手できる。

国際電話もかけられるし、インターネットも安く(カオサンでは、一分1Bが平均)できる。
欧米人旅行者にとっては、国の生活をそのまま持ってきたような便利な場所だ。

ただ、それは、日本人が普通に考える海外旅行とは違うよね。
だから、カオサンでは、日本人は、みんな場違いの所に置かれたような感じで、ひっそりと息をしている。

カオサンに日本人がいるのは、ガイドブックでカオサンを詳しく紹介してあるから。
別にカオサンが日本人にとって特に居心地がいいからというのではない。

僕自身も、前回の旅行でカンボジアへの切符を買うために、カオサンで二泊しただけだ。
問題なのは、こういう旅行者だらけのところでは、逆に旅行者と知り合いにくいんだよね。

旅行者はいても、多すぎて、わざわざ特定の一人の旅行者と話をする理由がない。
ロンドンやNYの街角のように、旅行者だらけで、逆に出会いが少ないんだ。

これが例えばイランのペルセポリスの遺跡なら、一人でふらふらと遺跡を歩いているうちに、列柱の陰でぶつかりそうになった、ベルギー人のおじさんと挨拶して、写真を撮り合って、いっしょにザムザムコーラを飲みながら、互いの旅の話をしたりすることが簡単に出来る。

でも、旅行者がたくさんいすぎる所だと、逆に旅行者と話しにくい。
特に日本人は、人との会話を自分から始めるというのが、全く苦手で、消極的だ。

これが逆に、日本の女の子が、外人から声を掛けられさえすれば、すぐに引っ付いてしまう原因になっている。
と、ちょっと哲学して、カオサン通りに出る。

「カオサン通りに立つ世界旅行者」という感じの写真が欲しかったので、通りかかった日本人旅行者二人に声を掛けて、一人に一枚づつ、写真を二枚撮ってもらった。
わざわざ別の人に一枚づつ写真を撮ってもらったのは、写真を撮る人間を信用していないってことなんだけどね。

そろそろカオサンは終了!と、通りを出ようとしたら、「西本さーん♪」と声がかかった。
しかも、女の子の声だ。
はてさて、世界旅行者の名前を知っているとは、いったいだれでしょう?
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20091021