世界旅行者は、2012年11月、テレビ朝日の「ワイドスクランブル」で、海外旅行についてコメントしました。

【ワイドスクランブルでのコメント料振込み通知書】

世界旅行者は、2012年11月某日、テレビ朝日のお昼の番組「ワイドスクランブル」で、コメントしました。
僕はもともと、海外旅行講演をしたり、本を書いたり雑誌の取材を受けたり、雑誌に海外旅行記事を連載したりしました。
多くのメディアで世界旅行者を知った人からの、個人的な旅行相談にも乗ります。
また、世界旅行者協会を主催して、海外旅行のさまざまな情報を交換しています。
今回、テレ朝からは、急に連絡が来たのと、すぐにインタビューに入ったので、その場面を写真に取る余裕がありませんでした。
また、たいして面白いことも言わなかったので、自分で放送を見ることもなかった。
そうしたら、コメント料2万円が振り込まれて、「支払通知書」が送られてきました。
預金通帳のの写真をアップするわけにはいきませんが、支払い通知書の画像は問題ないと思うので、問題になりそうな情報を消去して、アップしてみます。

【テレビ朝日】
テレ朝のワイドショーの取材を受けて、気がついたこと。
雑誌の取材や、新聞のコメントなどは、インタビューのあとで、食事やお酒をご馳走になるものです。
しかし、テレビの取材というものは、特にお昼の番組では、夕方に取材を受けても、そのあとの編集が深夜になります。
ですから、取材が終わったあとで、「それでは西本先生、一杯行きますか(笑)♪」という、期待通りにはなりませんでした。
正直僕は、何時間でも、何日でも話し続けられるほど、話題が豊富です。
なにしろ、日本で一番の海外個人旅行経験者ですからね♪
雑誌や出版社の人とお話しする場合は、向こうの取材費ですから、思いっきり飲めます(笑)♪
いまでも思い出すのが、「日刊ゲンダイ」の知的美人編集者。
彼女とは、「間違いだらけの海外個人旅行」がベストセラーになった後、六本木で待ち合わせして、お昼からビールを飲ませていただきました。
宝島のインタビューでは、銀座ライオンで、思い切り生ビールを飲ませていただきました。
「プレジデント」の編集者さんとは、「キリンシティ」で、生ビールを飲ませていただきました。
アンアンの美男編集者さんとは、6丁目の銀座ライオンから、有楽町、六本木と飲み続けました。
このように、飲ませてくれれば、いくらでも興味深いお話ができますから、是非、連絡ください。
別に、メディア関係ではなくても、個人でも、おごってくれる方ならば、分け隔てしません(キッパリ!)。
sekairyokosha@hotmail.com へ連絡してください♪
参照: 世界旅行者テレビ局でコメントする