『デリー、バラナシ、アグラ、ジャイプールを日本出発から帰国日を含めて6日で旅する旅行計画』@インド

【フマユーン廟にて@デリー(2007)】
昔のインド旅行者は、正直、それぞれの人生を賭けたものだった。
僕は、1984年から1985年にかけて、タイ、ネパール、インド、スリランカの旅に出た。
その時旅先で会った人たちも、日本人ならば、会社を辞めて旅をしていたのがほとんど。
日本人外国人に限らず、インドは長期旅行または、長期旅行の一部で、それぞれ深い話が出来たものだ。
その記憶は今でも僕の宝になっている。
僕はその時のインド旅行で欠けた所を補うために、2005年と2007年に旅に出た。
2005年の旅は、ある意味、昔からバックパッカーストリートとして有名な、コルカタのサダルストリートを見るためだった。
2007年は、タール砂漠にある城塞都市ジャイサルメールを見るのが目的。
コルカタも、ジャイサルメールも、最初のインド旅行で行きそこなったところだった。
僕としては、これで僕のインド旅行には結論がついたと、考えている。
時代は移り変わり、今では、インド旅行も、普通のサラリーマンやOLさんが、何にも考えずに、休暇をとって行くものになった。
いま、一番重要なインド旅行の問題は、人生とは何か、生きるとは何か、自分の生きる意味とは、愛の意味とは、というものではない。
今のインド旅行の大問題は、一週間程度の旅行期間で、どれだけの観光地を訪れられるか、ということになる。
それに関連して、仕事が始まるまでに、無事に帰国できるってことだね。
僕自身も、個人的に、インド旅行計画の相談のメールをもらったりする。
インターネットの掲示板などでも、一番の問題は、「短期間で、どれだけの町を見れるか」だ。
それに対して回答を与えるのも、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)の責務だといえるだろう。
というわけで、「一週間程度の日本発のインド旅行で、どれだけインドを見れるか」を考えてみました。
まず、その条件を設定してみる。
行くところとして、デリー、アグラ、バラナシ、ジャイプールの4都市を考える。
デリーは、日本からの航空機の発着都市だし、もちろん観光資源も豊富です。
アグラは、もちろん誰でも知っている「タージ・マハル」のあるところ。
バラナシは、もちろん、ガンガー(ガンジス川)の流れる、生と死が交差する神聖都市だね。
日本人には特に人気のところで、日本文学にも(遠藤周作「深い河」)描かれている。
おそらく、日本人がインドへ行く時は、今でも、バラナシをまず考えるのではないか。
旅行相談のメールを読んでも、バラナシへ行くことが第一のようだ。
ジャイプールは、ピンクシティとも呼ばれる、ラジャスタンの都市。
ここは、アンベール城もあり、風の宮殿もあり、ラジャスタンの入り口という感じ。
日本人としては、おそらく、重要度から行けば、バラナシ、アグラが双璧となるだろう。
デリーは、日本からの到着、出発都市で、もちろん見るところも多い。
ジャイプールを見ておくと、ラジャスタンを見たことになるので、出来たら行っておきたいところだ。
でもジャイプールは、行けたら行きたいが、行けないなら諦める人がほとんどだろう。
旅行の予定を立てる前に、旅行条件を設定しておきます。
まず、日本からインドへの航空券はデリー往復と考える。
というのが、これが一番ポピュラーで、料金も安いから。
日本からバラナシに直接飛べればいいのだが、いまのところそのフライトは存在しないようだ。
また、日本への帰国のフライトに遅れたら、サラリーマン、OLさんは大変だ。
だから、海外旅行の基本「帰国場所から遠い町から近い町へと旅をする」という原則を守る。
すると、最初に一番遠いバラナシへ飛行機を使うことになる。
旅行計画(その1) 日本を出て6日間で、デリー、バラナシ、アグラ、ジャイプール、デリーを周遊する計画。
旅行 移動 宿泊 旅行内容
1日目 日本からデリーへの飛行機 飛行機 機内/空港 成田からデリーへ。デリー泊(空港泊)
2日目 バラナシ観光 飛行機 夜行列車 デリーからバラナシへ。飛行機でデリーからバラナシへ。
バラナシ市内観光。夜行列車でアグラへ。
3日目 アグラ観光 夜行列車/夜行バス 夜行列車/夜行バス 朝:アグラ着
アグラ(タージマハル)観光
夜行バス(列車)でジャイプールへ
4日目 ジャイプール観光 夜行列車/夜行バス 夜行列車/夜行バス 朝:ジャイプール着
ジャイプール観光
夜行バス(列車)でデリーへ
5日目 デリー観光 飛行機 日本への機内泊 デリー観光のあと、帰国。
6日目 デリーから日本へ帰国 飛行機 機内泊 帰国
これが、日本からインドへの6日で、バラナシ、アグラ、ジャイプール、デリーの4都市を観光して無事に帰国できる計画です。
宿泊は、すべて、列車内や夜行バスで、日本からインドへの往復機内でも眠るので、ホテル代がかかりません♪
この計画がいいのは、この計画を基本にして、いろいろ付け加えたり、削除することで、簡単に旅行計画が立てられること。
ジャイプールに興味がない場合は、ジャイプールを外して、バラナシにもう1日追加できます。
バラナシの場合は、早朝にボートでガンガーに出て、ボートから修行者を見るのが定番観光です。
これは、バラナシのホテルで予約できますから、絶対のオススメですね。
旅行計画(その2)飛行機を使わない場合。
飛行機は便利なようですが、天候や機材の問題で、飛ばない可能性がある。
列車やバスの場合は、遅れるとしても、一応動くものです。
短期の旅行の場合は、飛行機が飛ばなかったら、旅行計画がすべてダメになります。
そういう時は、とにかく、列車、バスを使うほうが安全です。
ジャイプールを外して、バラナシの朝のガンジス河沐浴風景は、入れたいものです。
旅行 移動手段 宿泊 旅行内容
1日目 日本からデリーへ 飛行機 機内泊/空港泊/ホテル泊 成田からデリーへ。デリー泊(空港泊)
2日目 アグラ観光 列車/夜行列車 夜行列車泊 デリーからアグラへ列車。
アグラ観光後、夜行列車でバラナシへ。
3日目 バラナシ観光 列車 バラナシ泊 朝:バラナシ着
バラナシ(ガンガー見学)観光
バラナシのホテル泊
4日目 バラナシ観光 夜行列車 夜行列車泊 朝:ガンジス河沐浴風景観光
夜行列車でデリーへ
5日目 デリー観光 列車/飛行機 日本への機内泊 朝:デリー到着
デリー観光のあと、帰国。
6日目 デリーから日本へ 飛行機 機内泊 帰国
僕はこの旅行計画がいいと思いますね。
昔は、インド旅行は、列車の予約を取るのが大変だという評判でした。
実際はそれほどのことはなくて、外国人予約窓口へ行けば、簡単に予約は取れます。
でももちろん、時間や手数がかかるわけです。
いまは、ネットでインド鉄道の予約が取れるので、個人でもこういう旅行が可能になりました。
旅行期間がもっと長い場合は、各地の滞在期間を延ばしたり、別の町を追加したりすればいいわけですね。
上の旅行計画は、短期間で、インドを旅したい人には、役に立つと思います。
自分でアレンジを加えて、インドを楽しんでくださいね♪