インド短期旅行概論・「デリー空港深夜到着からホテルまで」

【ニューデリー駅の外国人窓口で切符を申し込む/ここまで来れればインド旅行は半分以上成功だ♪】
インド旅行というものは、他の海外旅行とは違って、とにかく大変だというのが定評になっている。
僕が最初にインド旅行に出た20年以上前、僕も本を読んだり噂を聞いて、その大変さを覚悟していたので、あれこれ心配していた。

例えばお尻を洗うのにトイレットペーパーがなくて、水と手で洗わなければならないとかね。
しかしこれは、実際にやってみると、非常に快適で清潔だ。

慣れてくると、日本のようにトイレットペーパーでお尻を拭いただけのほうが汚いと感じてくる。
ウォシュレットが普及する前は、だから、インド帰りの人は、日本でもインド風に水でお尻を洗おうとする人が多かった。

また、インドの水が悪いというので、ストロー状の浄水装置や浄水の薬剤を持っていこうか悩んだよ。
ただ、実際は生水を直接飲むことはなくて、道端でチャーイ(インド風ミルクティー)を飲んだりしていた。

昔行った時は、ビールがかなり高価だった記憶がある。
2005年に行った時は、ビールが大瓶50ルピー程度だったし、どこでもミネラルウォーターを売っていたので、飲み水に困ることはなかった。

インド旅行の一番の問題点は、とにかく、移動が面倒くさいってことじゃないかな。
僕の経験によると、切符を買うこと自体そんなに難しいことではない。

ただ、どこで買うのか、窓口がよくわからない場合が多い。
例えば、2005年にチェンナイセントラル駅で、バンガロールへの「エアコン付きチェアカー(CC)」の切符を買ったときは、外国人窓口を見つけるのに、とても時間がかかった。

参考:チェンナイセントラル駅で、2日後のバンガロール行きCC(エアコン付きチェアカー)の切符を予約する

コルカタでも、外国人用窓口がハウラー駅とはまったく別の場所にあった。
外国人用窓口へ行きさえすれば簡単に切符を変えるのだが、その場所を探していくのが大変だった。

また、バンガロールでバスの切符を買ったときも、とにかく人が多かった。
その中で、切符の買い方を聞きながら、長い列に並んで翌朝の切符を買ったものだ。

参考:バンガロールのバスターミナルで、翌朝のホスペットへの切符を買う

長期の旅行ならば、こういう「インドで大変な思いをして切符を買った」というのも、いいインド話のネタになる。
しかし、短期の旅行では、切符を買うのにあちこち走り回ったりしていたら、観光に使う時間が足りなくなるよ。

さらに、インドの最大の問題は、「デリー空港深夜到着問題」なんだよ。
デリー空港に夜に到着して、タクシーに乗ると、タクシーは絶対に目的地へ行かず、わけのわからない旅行代理店に連れ込まれる。
そして、脅されたり、騙されたりして、高額なツアーを組まされてしまうらしい。
ボッタクリだけならまだいい方で、中には強姦されたり、殺されたり、行方不明になったりする人もいる。

僕の友人の女医さんは、医大生の時にデリーで旅行代理店に連れて行かれて、ツアーを組まされてしまった。
しかもその旅行代理店の副社長に強姦されそうになった。
この「美人女子医大生が、デリーの旅行会社副社長に強姦されそうになる」おいしい話は、世界旅行者の「世界冷や汗一人旅」に、露骨にいやらしく、あまりに大胆に書いてありますから、ネットではとてもとても発表できません。
興味のある人は、自分でお金を出して買ってください。
僕自身も、バーナラシーの旅行代理店でサトナまでの1等車の切符を頼んだら、ぼったくられた上に切符の入手が遅くてケンカしたことがある。
実際自分で行けば、その場で簡単に買えたんだから。

というわけで、デリーに到着してホテルに落ち着くまでが第一の問題。
次は、鉄道の切符を買って、デリーから移動するのが次の問題。
日本人旅行者は、とにかく、デリー空港に到着して、無事に安宿街のパハールガンジ(メインバザール)に到着する。
続いて、ニューデリー駅で鉄道切符を買って、別の町へ移動する。
ここまでうまくやれば、あとはたいした問題はない。
デリーから移動してもっと小さい町へ行けば、駅も小さいし、旅行代理店も日本人狙いのボッタクリだけではないだろうってことね。

そこで最近は、日本からデリーの旅行代理店に連絡を取って、デリー空港でのタクシーの出迎えとホテルの手配をする人が多い。
また、インドの個人旅行が大変だというので、あらかじめ、旅行予定を示して、全部の手配を頼む人も多くなってきたようです。

僕は、デリーに到着したあとで、シゲタトラベルに相談して、車でデリーの市内ツアーをお願いしました。
僕の見たところ、シゲタトラベルのラジェンダさんは、信頼できると感じました(責任はもてませんが)。

シゲタトラベル http://www.yokosoindia.com/ (日本語)
シゲタトラベルは、日本語またはローマ字で連絡が取れるようです。

デリー駅前のバハールガンジにある「Ajai Guest House」という宿にあるのが、シゲタトラベルから別れた「ロニシゲタトラベル」というところ。
この「ロニ」氏は、日本女性にしつこく迫るという噂が流れています。
シゲタトラベルは、パハールガンジからちょっと横にそれた、「Cottage Yes Please」にあります。
ここに直接メールして、ホテルの予約と空港への出迎えを頼むことも出来ます。
しかしあくまでも、自分の判断で、
日程に余裕がある人は、まず「デリーに深夜着くような飛行機に乗らない」と考えてもいい。
僕は2005年、バンコクで切符を買って、チェンナイの朝に到着しました。
参考:空港からエグモア駅へ鉄道で@チェンナイ
わざとどこかの経由便を使って、インドに夜に入らないように、計画するのもいいでしょう。
南インドは北インドほどボッタクリはないので、長期旅行の人はまず南インドへ入ることも考えていいでしょうね。
追加情報:2007年夏に、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、実際に自分の身体で確かめてみました。
デリー空港の税関手前の椅子で明るくなるのを待つ

空港で一気に滞在費分程度を両替する方がいい(インドでの両替問題)


デリー空港からエアポートバス乗って、ニューデリー駅近くでバスを降りたら、リキシャーマンに取り囲まれる@デリー/インド

リキシャーマンを振り切って、メインバザール(パハールガンジ)へ@デリー/インド

Cottage Yes Please」@Pahar Ganj(Main Bazar)/New Delhi/India

ニューデリー駅外国人予約窓口で翌日のジャイサルメール行き寝台車(3A)の切符を購入する
その他、2007年のインド旅行について、読んでください。