《旅の宿、安宿、ホテルについてのあれこれ》
【ホテルの見つけ方】
予約せずに現地でホテルを見つけるやり方
空港、鉄道駅、バスターミナルのホテル案内所で相談して見つける
《バスターミナルや空港、駅のホテル案内板から電話をする》
《駅やバスターミナルの近くには、必ず安宿があるもの》
町の観光案内所で見つける。
民宿紹介所で見つける。(特に旧東欧諸国の場合)

『ガイドブックで安宿を見つけるには、「Lonely Planet」をメインにして、「地球の歩き方」でチェックする』

ホテルの見つけ方:安宿街へ行って、自分で見つける。
歩いていて見つける。
他の旅行者の泊まっているところへ行く。

列車やバスの中で寝る。

空港や駅で夜を過ごす(寝たり、寝なかったり)。


ホテルの常識
海外のホテルでは、チェックイン、チェックアウトは正午が常識だが、部屋があれば朝からチェックインできる
安ホテルは、もともと、条件交渉して、値切って泊まるもの。
現地の旅行代理店を通して予約したほうが、飛込みよりも安いことがある(ちゃんとしたホテルの場合)。
チェックアウトが異常に早いヒッカケ宿があることに注意せよ
チェックアウト時間をを無料で延長してくれるホテルもあるから、聞いてみるといいかも。
深夜に出発する場合は、もう1泊部屋をとることも考える。
「3つのホテル、3つの部屋を見て決める」これがバックパッカーの原則。
ホテルの部屋をチェックするポイント
ホテルに細かい情報をメールでいちいち問い合わせをしても、普通は返事がないものと思え。
海外のホテルでは、チェックイン前でも、チェックアウト後でも、荷物を預かってくれるのが常識。
【ホテル宿泊のヒント】ルームメイドへのチップは不要
チップを置く必要がないのに、うっかりチップを置くとルームメイクの人も困るという話

人気のある安宿は予約を取らない
予約ができたと思っても、ホテル側は予約を重要に考えないこともある(確実に泊まりたいなら再確認も大切)
予約をしたホテルに、しつこくメールを送ると、嫌われる
旅先でホテルを捜すことが、旅の面白さ,、旅の本質

トイレットペーパーをトイレに流さないで、ゴミ箱に入れるよう指示があることも
トイレットペーパーがなくて、水でお尻を洗う方がゼッタイに清潔です
ビデで、下着を洗濯をしたり、顔を洗ったりしてはいけない
ホテルの部屋で毎日下着を洗濯する
『ホテルのセーフティボックスに現金を入れてはいけない』

『海外個人旅行で、旅先で知り合った異性と一緒の部屋に泊まる時に考えること』
「世界旅行者みどりのくつしたの部屋」 旅の持ち物 お金の持ち方 

xxx