ゲッティへの長い道(解説と目次)

「ゲッティへの長い道」は、僕が1997年12月から1998年1月にロサンジェルス
滞在したとき、LAの高級住宅地ブレントウッドに新しくできたゲッティ美術館へ
行こうとするお話です。

新設の美術館へ行くというだけの単純な行動の中に、旅行経験豊富な
世界旅行者はどれだけの意味を持たせられるのか?

期待して、最終回の驚くべき結末を待て!!

といいたいところですが、結末は「間違いだらけの海外個人旅行」
自分でお金を出して買って、読んでください。

注意:「間違いだらけの海外個人旅行」にあるMTA561番のバスは、現在MTA761に変わっています。
詳しくは、ゲッティのサイトを読んでください。

1:そして旅に出る理由について

2:行く前にどんなところなのかを考える

3:深く考えるには、経験と知性が必要で

4:歩けばいいのだが死んでは仕方ない

5:ダウンタウンを歩く

6:観光案内所の驚くべき実態

7:人に好かれるには適度に馬鹿になれ

8:戦いへの決意が固まる

9:ハワイ、マレー沖海戦

10:幻のアイテムをついに入手

11:なぜか時刻表がない

12:神の声を聞け

13:すべての欲望を捨てる

14:忘れられたら、それが幸せ

15:執着心を捨てることから、世界一周旅行の準備が始まる

16:行こうとしたが、LA名物のカーチェイス実況が始まった(ロサンジェルス名物は、実は、テレビで実況されるカーチェイスだった)

17:さあてゲッティへ


INDEX ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記 各国別旅行記 チェトウッド