トリバンドラムからコバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)へ着き、丘の上の宿に決めて、ベランダからビーチを眺めて、昼間に一眠りする。@トリバンドラム〜コバラムビーチ/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
トリバンドラムの冷房の効いた部屋でぐっすりと眠り、スッキリと目覚める。
体調は完璧で、まだ三十代半ばの僕は、元気一杯だ。
今日やることは決まっている。
コバラムビーチへ行って、宿を決めるだけだ。
いままで、宿を決めるには、正午ごろに行くと書いてきたが、安宿に泊まる場合は、気にしなくていい。
だいたい安宿が満室になることはないし、安宿では、チェックインの時間なんか適当だ。
部屋が空いていれば、午前7時でも入れてくれるもの。
グレイハウンドバスで北米一周をしていたときも、グランドキャニオンからサンディエゴへ着いたとき、午前7時だったが、チェックインできたしね。
2007年にインドへ行ったときも、空港で夜明かしをして、メインバザールの「コテッジイエスプリーズ」にチェックインしたのは、午前7時だった。
だから、安宿なら、必ず朝早くから部屋に入れるもの。
いくらコバラムビーチが人気だといっても、観光客で部屋がふさがっているなんてことはありえない。
これは、1985年の乾季のことなので、僕はインド旅行にも慣れて、完璧な自信を持っていた。
ビーチの宿などというものは、自分で歩いて、雰囲気のよさそうなところへ行って、スタッフと冗談を言ったりすることから始まる。
部屋を自分の目で見て、別の部屋と比較して、値段を交渉して、また別の宿を見て、納得して決める。
でも、もっといい宿があるかもしれないので、最初は一泊だけの約束にする。
長く泊まると決めたら、改めて、ウィークリー料金の交渉をしたりする。
旅先ではなにが起きるかわからないから、ものすごい美女と知り合って、人生が変わることもある。
そうなれば、一緒に旅したり出来るしね。
旅ではなにが起きても不思議ではないので、すべてに柔軟に対応する心構えをもっていた方がいい。
朝早くに移動することも、その一部だ。
午前中に十分な時間があれば、宿を決めるのに余裕が持てる。
例えば、コバラムビーチへバスで移動したとき、コバラムビーチを出る旅行者がいたら、その人から宿を紹介してもらってもいい。
僕は南米ボリビアの首都ラパスの観光案内所で知り合った日本人旅行者の情報で、「ホテルトリノ」に決めた。
その宿が居心地がよかったので、その時期ラパスにいた日本人旅行者はみんな、このホテルに集まった。
旅の宿というものは、自分で歩いて見つけるもの。
ネットでいくら調べても、電子パンフレットのいい加減な情報が山積みになるだけだ。
「ネット情報」というと、何か進歩したような、新鮮な響きがある。
その内実は、ちょっと変なしつこい人が、思い込みと、ステマで書いているだけの信用できないパンフレットのようなものだ。
普通の旅行者が、いちいち自分の泊まった宿の情報を、金ももらわないのに、正直に書くと信じているなら、病院へ直行した方がいい。
ネットにあるすべての情報は、必ず、裏の意図が隠されている。
ネット検索が上手になっても、海外旅行のことはわからない。
でも、最近は、世間知らずで、一般常識のない人が多いからなー。
ま、それはそれとして、コバラムビーチへは早く行った方がいい。
だいたい、発展途上国の町(1985年のインド)は、朝早く動き出すものなんだ。
というわけで、僕はバックパックを背負って、コバラムビーチ行きのバス乗り場へ歩く。
バスの中には、旅行者は僕一人だった。
バスは、30分程度で、コバラムビーチへ到着。
十分な時間があるので、周囲を眺めながら、雰囲気を観察する。
いまは、おそらく開発され尽くしている気がするが、1985年のコバラムビーチは、のんびりしたところだった。
バスの止まったところから、ビーチへ降りると、安宿やレストランが数軒あった程度。
ビーチの上の方にも、宿があり、西の方には、大きなリゾートホテルがあった。
まず、ビーチのレストランで、全体の雰囲気を見る。
予想通り、そんなに人が多いわけではない。
レストランのスタッフと、雑談をして、ビーチの安宿を見せてもらう。
ビーチだと、レストランに近いのはいいが、夜遅くまで騒がしいかもしれない。
丘の上に戻り、海を見下ろす高台の宿を当たる。
たまたま、ベランダ付きの部屋があったので、清潔さを確認して、そこに決めた。
コバラムビーチを見おろす、高台の、ベランダ付きのホテル。
これで、ちょっと高めの800円程度(1985年の話です)。
風は吹き抜けていくので、もちろんエアコンはない。
部屋にはトイレとシャワーがあって、ベランダがある。
ベッドが一つあるだけで、部屋はかなり広い。
周囲にレストランもないので、静かに過ごせるだろう。
トリバンドラム行きのバス乗り場にも近いし。
というわけで、今まで張り詰めていた気持ちが、クターッと緩んだ。
コバラムビーチまでくれば、インド亜大陸縦断の旅は、終わったようなものだ。
まずとにかく、一眠りしましょう。
これからのことは、そのあと、考えればいい。
または、考えなくてもいい(笑)。