トリバンドラムからコロンボへ飛んで、コロンボフォート駅からヒッカドゥワへ列車に乗る。@トリバンドラム〜コロンボ〜ヒッカドゥワ/スリランカ

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
コバラムビーチを出る日、朝は早かった。
コバラムビーチでのんびり過ごしていた仲間に、別れの言葉が言えないまま、去って行こうとしている。
旅人の別れというものも難しいが、べたべたせず、あっさりと立ち去るのが格好いい。
僕が世界一周中にロサンゼルスでやったように、中南米旅行に出る出るといいながら、だらだらと滞在を延ばす「出る出る詐欺」は格好悪い。
ただ、それも、2か月以上になれば、「名物」になる(笑)。
別に誰も、他の旅行者のことを本気で意識したりはしないので、どうでもいいといえばどうでもいいんだけどね。
「ホテル加宝」には、1988年12月31日にチェックインして、チェックアウトしたのが、3月6日の朝だった。
「ホテル加宝」を出るときも、最後は、誰にも見送られず、黙ってこっそり出発したわけだから。
結局は自己満足なので、どうでもいいといえば、どうでもいい話。
どうでもいい話を、何か意味があるように描くのが、面白い(と、自分で考えている)。
コバラムビーチからトリバンドラムへ、そしてトリバンドラムの空港へ。
もちろん移動したはずだが、記憶が完全に欠落している。
トリバンドラムの空港で、一緒にスリランカへの航空券を買ったイギリス人と再会する。
インド出国の検査があるが、持ち物検査が結構厳しかった。
僕は、このころ一部で流行していた、ぺんてるの水性ボールペンを、なぜか大量に持って旅をしていた。
出国審査のときに、出国審査の女性に数本プレゼントしました。
機内に乗り込んで、一緒に予約をした、英国人の隣に座る。
念のために、もともと僕が予約した席をチェックすると、席が空いていた。
つまり、このフライトには、僕の名前で、二席予約が入っていたみたいだ。
乾季でもあり、フライトはとても快適。
約1時間でコロンボ国際空港に到着。
その時に感じたのは、スリランカは、普通のアジアの都市だということ。
インドよりも全体的に、ざわざわしている印象。
インド、特に南インドが特別に落ち着いていたせいか、普通の国に戻ってきたという感じ。
到着したら、バスに乗って、市内へ向かう。
まだ午前中だ。
お昼ごろに、コロンボ市内へ到着した。
僕はトリバンドラムで買った、「SRI LANKA a travel survival kit」を持っているが、いつものように予習したりしてない。

SRI LANKA - a travel survival kit (1984)
空港からのバスが、コロンボ市内のどこへ着いたのか覚えてない。
しかし、コロンボの中心部は、固まっているので、歩いて鉄道駅へ行った。
朝に南インドのコバラムビーチを出て、トリバンドラムへ移動し、空港へ行って、コロンボへ飛んだ。
コロンボ空港から、コロンボの鉄道駅へ着いても、まだお昼だ。
お昼にコロンボで宿を決めても、時間がもったいない気がする。
コロンボ自体は、何か見所があるわけでもないだろうし。
「Lonely Planet」をめくっていると、ヒッカドゥワビーチのことが書いてある。
コロンボからヒッカドゥワへは、鉄道が走っている。
列車で2時間程度で到着できるらしい。
時刻表を見ると、まだ明るい時刻に、ヒッカドゥワに到着する。
それなら、列車に乗ることにしましょう。
列車移動が2時間程度ならば、列車の中でガイドブックを読むのにちょうどいい。
というわけで、僕は、コロンボフォート駅からヒッカドゥワの列車の中で、あわてて、「Lonely Planet」を開いて、読み出す。
こういう必要に迫られた時でないと、英語のガイドブックなんて読めないものです(笑)。
列車がヒッカドゥワに近づいて、駅もないところで、何度も停まったり動いたりする。
僕は誰か、旅行者がいないか、不安な目つきで、列車の中を見る。
欧米人旅行者がいれば、くっついていくんだが。
日本人旅行者は、特にこの時期、危険だというので、スリランカは避けていた。
もちろん、南インドのコバラムビーチの日本女性は、一人でスリランカ旅行をしていたが。
ネパールで会った日本人は、この時期危険だというので、スリランカへ来なかったと話をしていた。
「Lonely Planet」にあるヒッカドゥワビーチのの地図を見ると、ビーチ沿いにずらりとホテルが並んでいる。
これはちょっと選ぶのも大変。
どうしましょう…。
でも、旅では、旅行者が迷ったときには、なにかしら声がかかるものです。