カトマンドゥ観光の前に、ポカラへの「スイスバス」の場所を確認する。町を歩くと、昨日空港で別れたフランス人に再会。@カトマンドゥ/ネパール
前日、バングラデシュのダッカから、ネパールのカトマンドゥへ飛び、市内の安宿に落ち着いた。
客引きは、「日本人が泊まっている」と話をしたが、予想通り、ウソだった(笑)。
最初から、ホテルの客引きの商売上の言葉だろうと考えていたので、そうだろうなーと思うだけだ。
ただやはり、誰か日本人が居た方がよかった。
別に友達が欲しいとか、そんな話ではなくて、情報を得るには、日本人の話を聞けば一発でわかるからね。
いまのカトマンドゥの感覚(?)が、日本人と話せば、すぐにわかる。
日本人の場合、顔を見たり、話し方を聞いただけで、相手のだいたいの、知的レベルも育ちもわかる。
そのレベルの人が、ネパールやカトマンドゥをどう解釈するかで、僕なりのイメージを、簡単に作れるってこと。
「こういう日本人がこう考えているってことは、多分こういうところなんだろう」と判断しやすい。
相手が欧米人の場合は、たとえ英語で話ができたとしても、その裏の意味までは理解できない。
というのが、欧米人をどう解釈したらいいのか、わからないからだ。
僕が何を言っているかわかる人も、わからない人もいるだろう。
わからない人は、知的レベルが低すぎるので、最初から、僕の旅行記を読まない方がいいかもしれない。
ところで、僕は、この旅に出る前に、もちろんガイドブックを買っていた。
日本語のガイドブックで、「地球の歩き方〈インド・ネパール 1984~1985年版〉 (1984年) 」だったと思う。
この時代は、細かな情報がなかったので、ネパールだけのガイドブックを持っていったはずがない。
いまチェックしたら、1984年ごろは、「地球の歩き方」は、「インド・ネパール」として一冊になっていたようだ。
また、「Lonely Planet」を持って行ったこともない。
「Lonely Planet」を知ったのは、実は、この最初のインド旅行中のことなんだ。
それで、スリランカへ行く前に、インドで「Lonely Planet」の「SRI LANKA A TRAVEL SURVIVAL KIT」を買ったんだからね。
また、帰りのバンコクで、わざわざ「JAPAN」を買った。
このインド旅行で、やはり僕は変化していて、「日本を外国としてみたらどういう感じがするかしら」という興味を持ったわけだ。
その本では、日本語で、外国人女性に対してのセクハラを抑えるような警告文が書いてあって、「昔の日本人は元気だったんだなー」と感動したりした。
だから僕は、「地球の歩き方」を見ながら、観光地を歩いたんだと思う。
カトマンドゥの観光地と言ったら、どこだろう。
まず、「王宮」が、頭に浮かぶ。
現在のネパールは、王制が倒れて、共和国になったが、1984年は、まだ王様がいたんだよ。
しかし、僕が最初に行ったのは、ポカラへのバスの発着所だった。
この時代、カトマンドゥと、観光地ポカラの間に、観光客向けの豪華バスが走っていて、その名前が「スイスバス」だった。
なぜ、ネパールでスイスバスがあるのか、そこは考えません。
とにかく、僕はこの旅が、バックパッカーとしては、最初だ。
だから、まずは、安心安全を第一に考えている。
つまり、どんなバスに乗るのか、そしてどんな人が乗るのか、確認したかったんだよ。
それなら、実際にバスが出発するところを見ればいい。
というわけで、わざわざ、バスの出発時刻に、出発場所へ行ってみた。
すると、結構まともなバスが、まともそうな乗客を乗せて、出て行った。
あれなら十分に乗っていけると確認する。
ま、カトマンドゥを出てポカラまで7時間かかるそうだけどね(笑)。
切符は当日でもいいが、前日に買えば確実ということなので、ポカラへ行く問題は、解決した。
ネパールの王宮や寺院を見て歩いていたら、昨日空港で一緒だった、フランス人とばったり会う。
二度目に旅行者同士が出会うと、まるで親友が何年かぶりに再会した雰囲気になるよ。
昨日の今日だから、互いに泊まっているホテルの値段なんかを適当に英語で話をして、じゃーねーと別れる。
この時期まではまだ僕はフランス語学校に通ってなかったので、フランス人との会話はすべて英語でした。
このあともぶらぶらと町を歩き、土産物屋を冷やかし、土産物屋で両替をして、一日を過ごした。
ネパールだと、お土産もいろいろあって、見て歩くだけで、結構時間は潰れる。
ホテルは特に悪くもなかったので、ホテルを移動することもなかった。
いつまでカトマンドゥにいるか、決めてないし。
僕としては、カトマンドゥへ来たら当然、川を越えた「パタン」へ行かなければならない。
それは、自転車で行くのが便利そうだし、明日にでもしましょう。
また、近郊の「バクタプル」へも行くかもしれない。
手っ取り早くカトマンドゥ観光を済ませて、ポカラへ行きたい。
なにしろ僕は、インドを縦断して、スリランカまで行くつもりなんだから。
てきぱきと見るところを抑えておけばいい。
ま、そうは行かないものなんだけどね(笑)。
明日は、とにかくパタンだ。

『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx