クイロンからトリバンドラムへ着いて、あえてコバラムビーチへ行かず、インドではじめて、冷房の効いたホテルに泊まる@クイロン〜トリバンドラム/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
ゴアを出て、バスと列車を乗り継いで、一晩かけて、コーチンへ。
コーチン観光を済ませて、アレッピーへとローカルバスを乗り継いだ。
昨日は、アレッピーからクイロンのバックウォーターボートに乗り続けだ。
そして今日は、クイロンからトリバンドラムへ向かう。
クイロンからトリバンドラムへの列車については、自分で、ネットで調べてください。
だいたい、クイロンからトリバンドラムまで、2時間程度のようだ。
僕のときは、もう少しかかった気がする。
というのが、僕の乗った列車が、トリバンドラム駅の手前でストップしたまま動かなくなった。
それで、乗客は、車両から勝手に降りて、線路を歩いて、流れ解散したからね。
インドの列車の時刻表なんて、あってないようなものなので、気にしても仕方ありません。
ただインドでも、列車の始発駅の出発時間は、本当にきっちりしてるけどね。
クイロンの朝は、ゆっくり起きて、支度をした。
というのが、トリバンドラムへの到着を、正午ごろにしたかったから。
正午にトリバンドラムへ着けば、悠々と宿を探すことができる。
あんまり早くトリバンドラムへ着いても、時間の潰しようがないからね。
旅ではすべて、到着時刻から出発時刻を逆算する
インドに限らず、ヨーロッパの鉄道旅行でも、原則的に、この考え方だ。
ヨーロッパでは、お昼にある町へ着けば、観光案内所や、ホテル紹介所、ホテル直通電話なんかで、間違いなく宿が取れる。
ホテルを見て、部屋を見て、(朝食をつけるかどうかなど)値段を交渉して、納得のいく価格にする。
インターネットで予約をすれば旅上手と勘違いしている人たちがいる。
ネットでホテルを予約したら、ホテルは業者に手数料を払わなければならない。
だから、ネットで予約する客は、最初から、ホテルでは嫌われている。
飛込みだと、ホテルの値段を自分で決めることも出来る。
ネットで予約した客と、予約無しで飛び込みで来る客だったら、ホテルとしたら、飛び込みの客を優先するのは誰でもわかる。
だから、飛び込みで、お昼にホテルを捜せば、部屋なんて簡単に見つかるものだ。
これが旅の基本なので、間違えないように。
「ネットで予約した客は、ホテルからは嫌われている」ってことね。 
さて、トリバンドラム到着をお昼にするために、ちょっとのんびりして、クイロン駅へ行く。
やってきた列車にスムーズに乗り込む。
インドの列車は混むという話があるが、僕は、混んだ列車に乗ったことがない。
お昼の普通のローカル列車ならば、ガラガラということもよくある(例:ポンディシェリーからチェンナイエグモア駅への2等列車)。
先にも言ったように、列車はトリバンドラムの手前で、停止したまま動かない。
だから、乗客は勝手に降りて、歩いてトリバンドラム駅へ向かった。
トリバンドラムの中心を貫くMGロード(マハトマガンジー通り)を歩いて、ホテルを何軒があたり、すぐに決定する。
この時は、エアコンのあるホテルを選んだ。
エアコンつきのホテルに泊まったのは、このインド旅行では、初めてだった。
北インドでは、かなり寒かったので、毛布を二枚かけたりしたけどね。
でも、南インドも、トリバンドラムまで来ると、かなり暑くなった。
それと、もうインドの旅は、終わりに近かったので、余裕を持っていたのかな。
昼ごろにトリバンドラムへ来たら、そのままコバラムビーチへ行っても、よかった。
トリバンドラム自体には特に見るところもないので、時間のない人は、とっととビーチへ行くのが賢いでしょう。
僕はコバラムビーチにしばらくいるつもりだった。
トリバンドラムでは、スリランカの首都コロンボへのフライトとか、軽く調べることもあった。
トリバンドラムからコバラムビーチは、バスがあって、30分程度で移動できる。
だからコバラムビーチに滞在していたときに、航空券の手配やなにかで、何回か、トリバンドラムに戻ってきたけどね。
ホテルの人に聞いて、コバラムビーチ行きのバス乗り場も確認した。
コバラムビーチに行くのは、翌日の朝にしたかった。
朝の新鮮な空気の中で、ビーチへ行きたかったからね。
もちろん、身体も疲れていたんだろう。
コバラムビーチでは、日本人にも会えるだろうし、そのときは、元気一杯でいたいからね。
でも、日本人、いるかなー(笑)。
午後の早い時間に食事を取って、冷房の効いた部屋で早めに寝ました。
コバラムビーチへ行けば、そこからコモリン岬(カンニャクマリ)へのバスもあるそうだし、何も問題はない。