若い男女と、あごひげを生やしていた僕は、一緒のオンボロバスに乗って、ポカラから国境のスノウリへ。@ポカラ〜スノウリ/ネパール
カトマンドゥでの2度目の滞在は、いろんな珍しい人間関係もできて(特に欧米人と英語で話ができて)、本当に楽しかった。
しかし、旅人は常に、ある場所で居心地よくなった状況を捨てて、一人旅立つもの。
また、そうでなければ、旅ができない。
確かに、自分の気に入った場所を見つけて、落ち着くのも、一つの考え方だけどね。
だから別に、長い旅を続けていることが偉いわけでもなんでもない。
ネパールが大好きになったら、長期滞在してもいいし、何度もネパールに来てもいい。
親しくなったネパール人と、結婚して、住み着いてもいい。
ただ僕は、これからインドへ行って、南まで縦断して、スリランカへ飛ばなければならない。
だって、切符がそうなってるからね(笑)。
そういう切符を買ってしまったということは、そういう「運命」なのだと考える。
このように、僕は、「運命を自分で切り開こう!」とは、考えない。
だって、それはなかなか難しそうだから(涙)。
僕は目の前にあることしか考えない。
つまり、いま僕の頭にあることは、とにかく、無事にインドへ入国して、世界中のバックパッカーの憧れ「バラナシ」へ行くことだ。
さて、ポカラ発のおんぼろバスに乗るときに考えること。
それは、体調を整えて、下痢をしないことね。
とにかくトイレのないバスで、下痢になるくらい苦しいものはないんだ。
僕はそれを、2007年に西インド旅行をしたときに、体験したよ(バスで下痢は困る)(朝到着したところにトイレがないのは困る)。
だから、出発の朝は、トイレに何回も行って、トラブルが起きないように準備をする。
そして、朝8時過ぎだったと思うが、いくらなんでも9時にはなってなかった時間に、湖沿いの道端で、バスを待つ。
道端には、日本の田舎のバス停のような、印があるだけ。
つまり棒が立っていて、上に丸い板が、ついてるだけ。
ちょっと早めに行って、バスを待っていると、日本人の男女2人がやってきたので、挨拶する。
女性は25歳くらいで、男性はそれよりも若い感じがしたが、年齢を聞いたりしなかったので、正確なところはわかりません。
なかなかちゃんとした挨拶のできる若者たちで、好感が持てた。
「インドへ行かれるんですか?」と聞いてくる。
「そうだよ(笑)♪」と、さわやかな笑顔で、返事をする。
いま思い出したが、僕はこの旅で、バラナシに着くまでは、あごひげを生やしていたんだった。
だから、外見は、インド旅行通に見えたかも。
まあ、ポカラと2度目のカトマンドゥ滞在で、外国人との付き合いにも慣れていたから、旅慣れた雰囲気はかなりあったはず。
実際は、ネパールにちょっといただけの、「ただのインド初心者」だったんだけどね。
でも僕は、何でもその状況に、すぐはまってしまう軽薄な人間なので、ネパールにいても、インドにいても、そこに行ったとたん、馴染んでしまうんだ。
例えば、僕がこのあと、世界一周でロンドンにいたとき、最初の日なのに、ロンドンに長く居るような雰囲気だった。
そのロンドンに長く居る雰囲気で、ロンドンのビクトリアステーションのパブで、日本人カップルに声をかけたことがあったっけ(笑)。
それは僕の才能だろうね。
ただ、こんな才能は、あんまり役には立たないと思うけどさ(涙)。
このカップルと、もっと話をしようとしたときに、バスがやってきてしまった。
中型のおんぼろバスで、左側に一席、右側に2席の一列三席だった。
僕は左側の席に、彼らは同じ並びの右側の2席に並んで座った。
最初の方は、ガラガラだったが、すぐに満員になった。
乗客で旅行者らしいのは、僕たち3人の日本人だけ。
というのが、僕は外国人(欧米人)がいれば、必ず話しかけて、いろいろ聞いただろうからね。
つまり、他の乗客は、本当に現地のネパール人の人ばかりで、その中に日本人が3人いたわけだ。
これをいま考えると、ひょっとして、別に、ちゃんとした外国人用のバスがあったんじゃないかな、とも思う。
日本人だけ騙されて、安いローカルバスに乗せられたかもしれない。
それも、いまこの旅行記を書いていて、考えたことなんだけどね。
だから、旅をして、感激したまま、すぐに旅行記を書いてはダメなんだよ
しばらくして、世の中のいろんなことがわかってきて、旅行の出来事が冷静に判断できなければいけない。
そうでないと、旅先の人はとても親切でした(実は親切に見せかけた詐欺だった)。
安く売ってくれました(最初からめちゃくちゃなボッタクリだった)、
などという、勘違いだらけの、騙されているのに気がつかない、馬鹿馬鹿しい旅行記が出来上がる。
こんな本を出したら、読者がさらに勘違いするから、詐欺師の手伝いをやっているようなものだ。
バスは山道をどんどん走る。
道が悪くて、揺れで、頭が天井にぶつかりそうになったりする。
それを手で押さえて、安定させるが、さらに揺れが来ると、バスの座席のシートごと、身体が浮かぶ。
だから、あんまり話はできなかったね。
話をすると、口の中を切りそうだったし。
でも、彼ら2人が、僕と同じく、バラナシまで行くのはわかった。
だったら助け合ったらいいさ。
まあ、一緒のバスに乗っているってこと自体、互いに助け合ってるってことなんだけど。
後ろに座っていた、おばあさんから、サトウキビをもらった。
言葉は通じないが、ニコニコして、受け取ってかじったりする。
で、多分まだ明るいうちだったから、7時間ほどで、インドとの国境の町、スノウリに到着した。
僕もカップルも通しの切符を持っていたので、それを誰かが見て、今夜の宿に連れて行ってくれた。
カップルと僕は、違う旅行社で切符を買ったせいか、別々のホテルに連れて行かれた。
ホテルとはいっても、僕の宿には、何にもなかった。
15歳くらいのネパール人少年が、案内してくれたが、部屋はただベッドがあるだけ。
バックパックをチェーンと南京錠で家具に結びつけて、外に出る。
国境を見に行くと、ただ単に踏み切りの遮断機みたいなものが降りているだけ。
ひげを生やしたインド側の係官が、「日本人か、インドにちょっと入ってみるか(笑)?」と声をかけてくる。
しかし、ネパールで散々、インドのトラブルを聞いてきた僕は、安全策を取って、インドに入ったりはしない。
切符を買ったときに、スノウリで一泊するとは聞いていなかった(というか、気にしてなかった)。
日本人2人とは、スノウリでバスを下りて以降、会わなかった。
食事を一人で取ったのだと思おうが、覚えてない。
とにかく、明日、インドとの国境を越えて、バラナシまで行けば、それでいい。
他はいま考えることではない。

『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx