ビーチでごろごろするのに飽きたとき、オールドゴアを見に行きました。他に人がいなかったので、キモチよかった。@ゴア/インド

【カラングートにて(1985)@ゴア/インド】
1985年にゴアにいた話は、たいして面白くない。
基本的には、カラングートの海沿いの宿で起きて、ちょっと海に浸かり、昼飯を食べて、ビールを飲む。
午後は、部屋か安食堂で、本を読んで、一眠りして、夜にまた、軽い食事を取りながら、ビールを飲む。
オキラクな天国生活で、特別な事件も起きなかった(すごいことがあったとしても、無料で読める旅行記なんかには書きません)。
インドは暑い国だと考えていくと、冬の北インドは、寒くてたまらなかったりする。
僕がバラナシやデリーにいた時期は、本当に寒くて、新聞には、外で寝ていたリキシャーマンが凍死したとニュースになったくらい。
だから、ゴアに来て、完全に夏の格好(上の写真参照)で過ごせるようになったら、身体も気力もリゾート仕様になるのはしかたない。
しかも、(何度も言ったと思うが)ゴアではビールが安い。
1985年だと、日本の経済も上り調子。
世界中の人が、日本と日本人に興味を持っていたと思う。
ゴアでも、安食堂でビールを飲んでいると、白人旅行者から、よく「日本人か?」と声をかけられたものだ。
日本を英語で説明するのは、僕の最も得意とするところなので、いろいろ話してあげたよ。
ただ、僕の話は、メチャ面白かったとは思うが、信憑性については、疑問符がつく。
「日本にはニンジャがたくさんいる」とか「月曜日は、自殺が多いので、鉄道はほとんど動かない」とか、話した気もするからね。
僕は基本的には、ビール(かワイン)があって、一日一食で、読む本があれば、それで満足という安上がりな人間。
この初めてのインド旅行のあと、最初の世界一周旅行に出た。
世界一周旅行で、ロサンゼルスの「ホテル加宝」でごろごろしてたときも、基本的には、ビールを飲んで、本を読んで、ベッドでごろごろするだけ。
「ホテル加宝」がよかったのは、旅の話を聞いてくれる旅行者が、入れ替わり立ち代わり、現れたことかな。
そうそう、ゴアにいたときは、最初の日に僕に声をかけてきた「日本女性2人組」以外には、日本人とは出会わなかったんだ。
2005年に行ったときは、日本女性の経営するKAYAレストランもあった。
そのころ日本人が集まっていた「ロマルドゲストハウス」で日本人旅行者と出会ったりした。
ただ、約束はすっぽかしたけどね。
これは念のために書いておくと、重大な問題があるので、書いておくね。
(彼が読んでないと思うので正直に書くと)ロマルドゲストハウスで会って、ちょっと話したとき、「話が面白くないなー」と、わかったんだ。
だから、KAYAで会っても、ビーチのバーで飲んでも、話が盛り上がらないだろうと、わかってたんだよ。
まあ、「世界旅行主義」にも、「旅先の約束は守らなくていい」というものがあるから、約束をしても行かなかっただけ。
ま、これは、2005年のインド旅行のときだけどね。
1985年にゴアにいたときは、ホント、カラングートで話しかけてきた女子大生2人の他は、日本人に会わなかったなー。
あれっ、もう一人会ったぞ。
そうそう、あれは、オールドゴアへ行くバスの中だった。
あのころ70歳は越えていた、シベリア抑留を抜け出して、現地女性と次々と結婚して、日本へ帰ったという話をしてくれた、昔の美男子と会ったんだった。
この人は、ゼッタイに話は面白いはずだったが、時間がなかったんだよなー。
僕は、オールドゴアへ行く途中だった。
だから、オールドゴアのことを書きたいが、ほとんど覚えていない。
ネットで調べて、ガイドブックを参照すれば、オールドゴアになにがあって、どういう由来でってことは、調べられるけどね。
でも、旅行記にそれを書いちゃダメダメちゃんなんだよ(笑)。
旅行記は、あくまでも自分の体験と、自分の考えを書くから、旅行記として成立してるのね。
よく、旅行記に、ガイドブックの丸写しみたいなことを書く人がいるが、それは大きな勘違い。
ガイドブックや、WIKIPEDIAの説明を読みたいなら、旅行記なんか誰も読まない。
旅行記を読む人は、旅行者の感情や、考え方を知りたいだけだ。
そこがわかってないから、全く面白くない、新しいアイディアも何もない、退屈な「旅行記」が溢れているわけね。
企業の面接慣れした、タテマエしか話せない、礼儀正しいだけの、若者のようなものかな(笑)。
まあとにかく僕が覚えているのは、教会に入ったら、信者の座る長いすの頭上に風を送る仕掛けがしてあったこと。
とにかく暑い日で、オールドゴアにある建物を見て歩くだけで、汗びっしょりになった。
まあ、2時間あれば、十分です。
ただここは、日本人は誰でも知っている「フランシスコ・ザビエル」が眠っているところなので、行っておくとポイントが高いでしょう。
アフリカケニアの東海岸の町マリンディにも、フランシスコザビエルが立ち寄った場所があった。
また、マカオにも、彼の足跡がしるされている(もちろん日本にも)。
だから、ちょっと知的な人なら、ゴアのビーチに飽きたら、オールドゴアへ行くのもいいでしょう。
ゴアのビーチでごろごろしてましただけでは、なんか締まりがないからね。
さて、ゴアでゴロゴロもしたし、オールドゴアも見た。
どんどん南へ下りましょう。
カラングートビーチで、ゴアから、確か、マンガロールへのバスの切符を買ったと思う。
その話は、(よく覚えてないんだが)次回に書けると思います。
最初のインド旅行のデータは、離婚して、荷物を整理したとき、捨ててしまったから手許にないんだよ。
残ってるのは、その時の写真が3枚(アグラフォートカラングートバックウォーター)だけで、なかなかいい写真だけどね。