【旅行哲学】一番困るのは、選択肢が多すぎる中から一つを選ぶこと。多すぎるホテルリストと一緒なんだね。選択肢がないのが一番いい@ムンバイ/インド

【タージマハルホテルにて(2007)】
1985年冬に僕はインドを縦断する旅をしていた。
これが最初のインド旅行で、バックパッカーとしての本格的なデビューだった。
その旅の中でわかったことは、結局、旅に出なければ、旅のことはわからない。
旅に出る前にいろいろと調べても、ほとんどはムダだってこと。
特に、ネット情報はほとんど役に立たない。
それは、検索をかけてみるとすぐにわかる。
ある都市の名前で検索すると、ホテル紹介サイトがずらーーーーっと、出てくる。
これを全部チェックするだけで(そんなやつはいないと思うが)、ものすごい手間と時間がかかる。
ある都市で、ホテルが250軒紹介されていたとして、それは便利なのだろうか。
250軒紹介しているサイトは、100件のサイトより、優秀なのだろうか。
しかし、250軒や100軒のホテルをチェックするだけで疲れる。
それなら、ホテル5軒紹介しているガイドブックの方が、使いやすいのではないか。
泊まるホテルが1軒と決まっていた方が、迷うこともなく、悩むこともないのでは?
「選ぶ」という行為は、判断基準が明確な場合は意味があるが、ほとんどの場合は、人間は、はっきりした判断基準なんか持ってない。
とにかく安ければいいというのは、一番明確な判断基準だろう。
しかし、ネットで安いホテルというのは、実際は、全く意味がない。
だいたい、現地で値切れば、たいていのホテルは値下げしてくるもの。
ネットの料金を見て判断すること自体が、何もわかってないことになる。
ホテルの場合は、料金だけではなくて、もちろん清潔さや、立地条件、スタッフの雰囲気なんかが重要だ。
そんなものは数値化できないし、数値化したところで、意味がない。
だって、旅先の状況は、常に変化しているのだから。
もともと数値化できないものを数値化して、いかにも意味があるようなものを作ったら、ただのウソだ。
だから、ホテル紹介サイトというのは、ムダで無意味。
誰でも納得できるだろう。
なぜ長々と「ホテルを選ぶ」ことについて書いたかというと、僕がムンバイのコラバ地区で泊まったホテルのことを考えていたからだ。
ガイドブックには、「世界各国の人と、ベランダで港を見ながら、ビールを飲んだ」とある。
でも僕が行ったときは、その「世界各国の人」がいなかった(笑)。
だから、ベランダへ出ても、話相手もいない。
ムンバイの港などというのは、それほどきれいでもなく、ただの濁った水があるだけだしね。
僕がガイドブックで読んだような楽しいことはなかった。
それはそうで、あるホテルで面白い人と出会って、盛り上がったとしても、それはそのときだけの出来事。
ガイドブックのホテル記事に書く方がおかしい。
ただ、どのホテルに泊まるかという理由にはなるけどね。
「実際に行ってみたらどうだった」というオチは着くんだ。
ガイドブックの記事のように世界各国の人がいればいたで、ネタになる。
誰もいなくて、つまらなかったら、それなりにオチがつくわけだ。
僕はそれまで、海外旅行で、いろんなホテルに泊まってきた。
最初のインド旅行では、タイ、バングラデシュ、ネパール、そしてインド各地の安宿に泊まった。
その僕の感覚では、ホテルスタッフの質がよくなかった。
多分、スタッフが変わって、ホテルの雰囲気が変化したのではないかな。
まあそれは、僕個人の単なる印象だけれどね。
ムンバイで、旅行者と知り合って、ワイワイ出来たなら、しばらくムンバイにいても良かった。
ムンバイで、落ち着けないなら、とっととゴアへ行くのがいいだろう。
現地に行って、実際にホテルに泊まってみて、長くいるのか別の所へ移動するのか、決めるのが一番賢い。
これが、海外個人旅行のいい点だ。
だから、(短期旅行ならともかく長期旅行では)最初からどこに何泊するなんて、決められないのが常識。
ところで、ムンバイからとっととゴアに行くにしても、選択肢が多い。
この時期ムンバイから、ゴアに行くには、まず船があった(いまはないと思う)。
それから、鉄道があったが、駅がゴアから遠くて、かなり不便なので、旅行者は使わなかったものだ。
普通の旅行者は、船かバスに乗ってたと思う。
1985年だから、飛行機を使うことは考えなかった。
だから僕は、あんまり難しいことを考えずに、バスで行くことに決めた。
いまでもムンバイからゴアまでバスで16時間程度のようだが、僕がバスに乗った感覚でも、似たようなものだった。
ムンバイを午後の早い時間に出て、翌朝到着する。
今日バスの切符を買って、明日の昼過ぎにバスに乗れば、明後日の朝には、ゴアに到着する。
ムンバイでは、特に目立った観光地はないようで、「インド門」「タージマハルホテル」はすでに見た。
ボートで行く、「エレファンタ島」もあったが、この時は行かなかった。
2007年に行ったが、わざわざ行くようなところでもないと思った。
まあ、ムンバイには、観光地がないんだよ。
そう考えた僕は、まず最初に、翌日のゴア行きのバスの切符を買うことにした。
これは、どこかの鉄道駅前にバス乗り場があったような気がする。
早速切符を購入したが、お釣りがないとのことで、「明日バスに乗るときに、お釣りを払うように書いておきます」と言われた。
翌日バス乗り場で、お釣りをもらおうとすると、「知らない」と言われる。
単純に騙されたわけだが、僕は怒ることはなくて、「やられちゃったなー」と、反省するだけだ。
いま、思い出したよ(笑)。
海外旅行では、お釣りをもらおうとして、お釣りがないってことは良くある。
だから常に、小額紙幣を用意しておくことが大事なんだけどね。
このお釣りの話は、それほど大きな金額でもなかったし、結局、うやむやになってしまいました。
さて、海外旅行で、時間潰しをしたいときは、博物館、美術館に行けば、なんとかなるもの。
そこで「プリンスオブウェールズ博物館(The Prince of Wales Museum of Western India)」へ行きました。
ここは、人がほとんどいなかったので、なかなかよかったです。
庭もきれいだったので、一人時間潰しをするには最高。
あと、フォート地区の西側の「マリーンドライブ」へ出て、バックベイを眺めた。
このころ、日が暮れてきたので、コラバ地区へ戻り、適当な店に入って、中華料理を取ってビールを飲んだ。
ホテルに戻って、テラスで、海を見て、部屋に戻って、ベッドに入る。
明日は、ゴア行きの夜行バスに乗って、16時間か。
ムンバイでは落ち着けなかったが、ゴアへ行けばしばらくは、のんびり出来るでしょう。
旅行者が多いらしいので、ダッカで別れた日本人旅行者の皆さんと再会できるかも。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx