タージマハルホテルのカフェで、インド上流婦人のクイーンズイングリッシュに感動し、夜行バスでは、歌と踊りの詰まったインド映画をノンストップで見る@ムンバイ〜ゴア/インド

【タージマハルホテルのロビーにて(2007)】
僕は、1984から1985年にかけて、インドを縦断していた。
ネパールから陸路でバラナシに入ったあと、カジュラホ、アグラ、デリー、ジャイプール、ウダイプル、アーメダバード、そしてムンバイ(ボンベイ)へ到着した。
ムンバイまで下っているので、あとはインドの西海岸を、どんどん南へ下って、トリバンドラムへ行く。
カンニャクマリ(コモリン岬)まで行って、多分、スリランカへ行くだろう。
スリランカへどう行くか。
この時期、まだ、「ラーメシュワラム(Rameswaram)からタライマナール(Talaimannar)へのフェリー」があるという話も流れていた。
ただ、旅の情報は、現地に行けばわかること。
トリバンドラムへ行けば情報は入る。
だから、今日明日考えることではない。
いま考えることは、ゴアへのバス(切符は入手済み)に乗るまで、どうやって時間を潰すか。
それは決まっていて、タージマハルホテルへ行って、コーヒーでも飲むこと。
つまり、タージマハルホテルの内部を観察するってことね。
というのが、ムンバイは大都市で、ビジネスマンは多いが、観光資源というものはない。
あるとすれば、インド門とか、鉄道駅の建物(旧ヴィクトリア駅やチャーチゲート駅)とか、プリンス・オブ・ウェールズ博物館とか、イギリス統治時代の建築物だ。
いま見ても、立派なものだ。
世界各地の鉄道駅というのは、見事な観光資源なので、是非きちんと保存してほしいね。
ところで、ムンバイの建築物の中で、誰でも知っている有名なものが、タージマハルホテル本館なんだね。
いまは横に高層ビルの新館が建っているが、観光という意味では、新館に泊まっても、全く意味がない。
しかし、バックパッカーがタージマハルホテルに入って、コーヒーを飲んで、ホテル内部を見るのは、これは立派な観光なんだね。
というわけで、いつものように、Tシャツとジーンズでホテルに入る。
一流ホテルに、バックパッカーが入ろうとすると、入り口のドアマンから阻止されることもある。
ただこれは、1985年のこと。
僕はそれまで、海外旅行では一流ホテルに泊まっていたし、本格的なバックパッカー旅行はこれが始めてだ。。
東京でも、夏はプリンスホテルのシーズンパスを買って、毎日スクーターで、赤坂プリンスや、麻布プリンス、高輪プリンス、品川プリンスホテルのプールで、泳いでいた。
だから、一流ホテルの雰囲気に飲まれることはない。
1985年だと、まだまだ金があった時代だしね。
なにしろ、帰りに寄ったバンコクでは、個人でホテルへ直接電話をかけて、あの「オリエンタルホテル」に泊まったくらいなんだから。
タージマハルホテルのロビーへも、無事に(質問されたり、追い出されずに)入った。
ロビーにあったカフェに入り、軽く朝食をとる。
僕の隣の席に、完全に上流階級というインド婦人が3人座っていた。
その上流婦人の英語を聞いて、感動したね。
完璧に、上品なイギリス英語だった。
英語を聞いただけで、育ちや財産までわかるような英語ね。
僕が1987年にイギリスへ飛んで、イギリス風英語を学ぼうと考えたのは、このときの衝撃のせいだったかも。
午前中はゆったりと過ごし、ホテルからバックパックを取って、僕はゴア行きのバス乗り場へ歩く。
ゴア行きのバスは、確かビクトリア駅の近くの道路上から出ていたような気がする。
このとき、昨日払ったバス代のお釣りをもらおうとして、バスのスタッフに馬鹿にされた事件が起きるわけだ。
「海外旅行では、約束は守られないもの」そして、「海外旅行の約束は守らなくていい」という「世界旅行主義」がここで成立した。
バスは満員だった。
正面にテレビがあって、一晩中インド映画を流していたよ。
ご存知の通り、インド映画は、理由もなく、歌と踊りが始まって、それが続くもの。
途中で、アメリカ映画みたいなものもあった気もするが、半分寝ていたので、ほとんど覚えていない。
ムンバイからゴアのルートには、いまでは、寝台バスみたいなものも走っているようだ。
この時代は、16時間の夜行バスといっても、シートがちょっとすわり心地のいい程度。
まあでも僕もまだまだ30歳代で、元気もりもりだったから、ちっとも気にならなかった。
寝たり起きたりを繰り返しながら、バスはスムーズに走った。
夜が明けると、周囲の風景は、完全に南国風になる。
バスはちょっとした広場に到着。
これが、確か、ゴアの中心「パナジ」だったと思う。
バスを降りると、「マプサ、マプサ、マプサ!」と、マイクロバスの若者が声をかけてくる。
僕はガイドブックを見て、ゴアの中心カラングートビーチへ行くことに決めていた。
マプサでもう一回マイクロバスを乗り換えれば、行けるようだ。
マプサで、カラングート行きに乗り換えて、降りたところから、とにかくビーチへ歩いてゆく。
ビーチの手前右側に、確か政府経営の宿があったので、チェックイン。
部屋のドアに、ホテルにある大きな南京錠と、自分でもってきた中型の南京錠をダブルでかける。
バックパックを部屋の家具にワイヤで固定して、身軽になって、部屋を出る。
と、部屋を出たとたん、日本人から声をかけられた。
期待していた通り、やっぱり日本人が多いのかな。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx