コバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)を考えると、正直、ビーチとしては、特にいい訳ではないので、わざわざ行くところではない。(ビーチ自体の評価)@コバラムビーチ/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
ところで、「コバラムビーチ」は、いつから「コヴァーラムビーチ」になったのだろう。
日本人が発音するなら、「コバラムビーチ」の方がスッキリすると思うのだけれど。
現地の発音に近いからって、どうせ現地の通りに発音できないのだから、中途半端に発音を変えるのはよくないと思うよ。
日本人旅行者同士が、話しをするときに、「コヴァーラムビーチ」なんて、言わないと思うんだけどね。
発音を修正しても、どうせ、現地の通りには、日本人には発音できない。
だったら、いままでの日本風発音で、スッキリすると思うんだが。
それはそれとして、コバラムビーチのことを思い出しながら書いてみよう。
コバラムビーチの特徴は、山が迫っているってこと。
宿もビーチと高台の2つに別れている。
で、僕の宿は、高台にあるわけだから、ビーチに出るにしても、レストランへ行くにしても、ビーチへ降りなければならない。
これって、結構面倒じゃないかな。
僕がコバラムビーチにいたときは、まだ30歳代で、元気一杯だったから、なんとも思わなかったけれど、不便かもしれない。
やはり、ビーチからホテルへは、坂がない方がいいよね。
まあ、津波が来たときに、一気に流されてしまうかもしれないが。
ビーチを評価するときに大切なのは、ビーチの砂の色だ。
また、砂粒の大きさも大事だ。
砂の色は、白または透明がいい。
砂粒の大きさは、大きくて、粗目の砂がいい。
これだと、とても清潔な感じがするからね。
世界中のビーチで泳いで来た僕の記憶では、ビーチの砂がきれいだったのは、ブラジルはリオデジャネイロの「ベルメーリャ海岸」だった。
砂粒が大きくて、きれいだった。
砂の色も重要だが、砂粒が大きければ、それなりにきれいなものだ。
砂が細か過ぎると、ベタッとした感じになるからね。
ベタッとした砂は、キモチよくないし、肌に着いても気持ちよくない。
で、このコバラムビーチの砂は、(僕の記憶では)砂粒が細かくて、砂の色が黒かった。
だから、ビーチの砂としては、ダメダメちゃんだったのね。
まあ、いまでは、世界中のビーチで、実際に泳ぐ人はほとんどいない。
ホテルに泊まっていれば、ホテルのプールで泳いで、実際に海岸で泳ぐことはないだろうしね。
ところが、僕が行った1985年のコバラムビーチには、適当なプールを持つホテルはなかった。
高台の高級ホテルには、プールがあったと思うんだが、バックパッカーはそんなところへは行かない。
だから、ビーチの魅力という点では、それほどのことはない。
坂を上って、上から見る風景は、悪くはないんだけれど。
早い話、ビーチとしては、あんまり感心しない。
で、なぜ、昔、コバラムビーチが有名だったかというと、それが「時代」だったからだろうね。
昔のバックパッカーは、インド国内で飛行機は使わなかったし、それぞれ長期旅行だった。
旅行者がコバラムビーチにいるというだけで、ひとりひとり、自分なりの、コバラムビーチにいる特別な理由を持っていたわけなんだ。
コバラムビーチにいるだけで、感動があるよね。
出会う人それぞれが、それぞれの物語を持っているのだから。
ところが、人が多くなり、宿がどんどん立ち、物価が上がり、短期旅行の観光客も飛行機でカンタンに来れるようになる。
コバラムビーチにいる感動がなくなるから、ただのビーチになってしまう。
僕が観察したように、コバラムビーチ自体は、砂の色も、砂の質も、よくない。
だから、それほど魅力的でないという話も、最近は、よく聞く。
わざわざ行くような場所ではないってことね。
飛行機を乗り継いで、南インドのコバラムビーチへ行くくらいならば、もっとキレイなところはたくさんあるから、そちらにした方がいいかもしれない。
ただ、インド南端のカンニャクマリ(コモリン岬)は、観光客としては、ちょっとおもしろい。
だから、コバラムビーチにあまり期待しないようにすればいいかも。
短期間でも、カンニャクマリ、コバラムビーチ、バックウォーターボート、コーチン程度を旅するなら、それもアリでしょう。
次は、コバラムビーチで出会った、日本人旅行者についてちょっと話しますね。