1985年に、コバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)で出会った日本人旅行者4人について語ろう。@コバラムビーチ/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
1984年から1985年にかけて、僕はインド亜大陸の旅をした。
日本からバンコク(タイ)へ飛び、ダッカ(バングラデシュ)、カトマンドゥ、ポカラ(ネパール)を経由して、陸路国境(スノウリ)を越えて、インドへ入った。
北インドから、ラジャスタン、ムンバイ、ゴア、さらにインドの西海岸沿い(アラビア海沿い)に南下して、コバラムビーチへときた。
あと、カンニャクマリ(コモリン岬)へ行けば、僕のインド縦断旅行は完成する。
ただ、インド東海岸へ行ってないので、インド全体を見たことにはならない。
このあと、2年8か月の最初の世界一周旅行をして、アジア横断旅行もして、アフリカもいろいろ行って、2度目の世界一周旅行をして、ほとんどの国には行き尽くした。
その時になって、旅し残したインドが気になって、2005年に、中央高原地帯、東海岸やコルカタを見た。
2007年には、3度目のインドへ旅をして、ジャイサルメール、ジョードプル、アウランガバード周辺のアジャンター石窟、エローラ石窟、を見たわけだ。
インドは大きいし、地域ごとの違いもあるが、僕は基本的に海沿いの場所が好き。
なので、インドの西海岸と東海岸を旅したらそれでいいという感じね。
これまでの文章は、読者の皆さんに、僕の最初のインド旅行の位置づけをはっきりさせて、わかりやすくしたいというキモチで書いているのではありません。
純粋に、旅行自慢したかっただけなので、気にしないでください。
さて、旅行自慢をして、もやもやがスッキリしたところで、コバラムビーチの話に戻ります。
コバラムビーチで僕が出会った日本人旅行者さんたちのこと。
1985年のコバラムビーチは、シーズンだというのに、人はそんなに多くなかった。
日本人もほとんど見かけない。
僕は高台の海を見下ろすベランダつきの部屋(800円)に住んでいた。
高台のホテルにいると、外出するのが億劫だ。
ホテルとビーチを結ぶ坂道を、一日に何回も往復する気持ちにもならないしね。
だから、コバラムビーチでは、昼近くに活動開始となった。
昼ごろに、ビーチへ降りて、レストランで食事をして、ビールを飲みながら、本を読む。
午後は、思いついた所を探検に行ったりして、時間を潰し、軽く夕食を取って、暗くなる前に部屋へ戻る。
ホテルのある高台とビーチを結ぶ坂道沿いには、小さな店が並んでいた。
そのころは本当にどうでもいいような、掘っ立て小屋だった。
高台とビーチを往復するときは、時間潰しのために、店を冷やかして歩く。
インド人もそれほど商売熱心ではないので、店に入っても、雑談をして、値段を聞いて、それで終わる。
それが日常なので、話をするためだけに店に入ったりした。
いい加減な、のんびりしたところだった。
僕はコバラムビーチで、日本人旅行者3人と会ったが、その順序は、正確かどうか自信がない。
でも書いてみましょう。
僕のホテルのある、高台の道を歩いていると、日傘を差した女の子がいた。
色の白さや顔立ちから日本人だと思ったので、声をかける。
昼ごろだったので、ビーチの食堂へ行って、昼ごはんを食べながら、話をした。
彼女は、スリランカから飛行機で南インドへ来たそうだ。
これから北インドへ向かうという。
こうなれば、互いに情報交換が出来るよね。
ただ、南インドでは、旅の情報交換も、のんびりしていて、言葉の端々から、思い合うような雰囲気。
どことどこを見てきた、いつまでいて、どういうルートで旅をするのかなんて、細かな無粋な質問はしない。
それが南インド風。
旅行者も、相手のことを細かく知りたいという雰囲気ではない。
ビーチの安レストランで、だらーんと女の子と話をしている。
と、突然、そのころ40歳代の日本人男性が声をかけてきた。
女の子と話をしているのに、横から入ってくるなんて無粋な人だなとも、思わなかった。
話をするにしても、3人の方が発展性があるから、うれしかった。
この日本人男性は、スウェーデン在住だそうだ。
日本からスウェーデンに旅をして、そこで仕事を見つけ、住んでいるとか。
昔の日本人の若者は、横浜とナホトカを結ぶソ連船「バイカル号」から、シベリア鉄道でモスクワへ行ったもの。
レニングラード(いまのサンクトペテルブルク)から、北欧へ入り、特にスウェーデンで働いたという話はよくあった。
よくある話だけに、逆に、いま思い出しながら書いていると、ちょっと疑わしいような気もするが。
それを深く追求しないのも、旅のルールです。
彼もいろんな体験をしているようで、話も面白い。
ちょっと話が途切れたとき、掘っ立て小屋のレストランから海を見ていると、外見体格で、間違いない日本人学生を発見。
ビーチを歩いている彼に、僕が「日本人?あっちで話してるから、暇なら来てよ」と話しかける。
旅では、話しかけられたら素直に応じるのが原則。
学生さんも、すぐにテーブルに着いた。
彼はごく普通に、日本から出て、長期のインド旅行をしているところだったようだ。
そこはあんまり詳しく聞かなかった。
まとめると、コバラムビーチのある日の、お昼ごろに、日本人4人が、あっという間に出会った。
30歳くらいの日本女性で、スリランカからやってきた。
これから、北インドへ向かう。
若いころに、日本を脱出して、いまはスウェーデン在住の日本人中年男性。
南インドにのんびり滞在するようだ。
学生さんは、普通にインドを長期旅行しているのだろう。
と考えて、それを受け入れた。
僕は、夫婦関係と人生に悩んで、初めてのバックパッカー旅行で、トリバンドラムへたどり着きました。
これからは、スリランカへ行って、バンコク経由で日本へ戻ります。
多分。