1985年にコバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)で毎日通っていた、坂道の宝石屋でムーンストーンを買わなかった話。@コバラムビーチ/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
1985年に、コバラムビーチで偶然、たった一日の間に僕たち4人は、出会った
いつも夕方にはビーチの食堂に集まって、だらだら話をしていたが、他に日本人旅行者は見かけなかった。
コバラムビーチのど真ん中の安食堂にいて、他に日本人を見かけなかったということは、居なかったってことだろうね。
ということは、僕ら4人は、神によって呼ばれたということだろうか。
僕のホテルのある高台から、ビーチへの細い道には、掘っ立て小屋のような店が、いろいろあった。
その中でも、宝石屋が面白かった。
僕もそれまで、ツアーに入って、海外旅行をしたことは何度もある。
だから、ツアーに必ず含まれている。現地の土産物屋、現地の宝石屋に入ったこともあった。
特にタイなんかの宝石屋は、(この時代は)日本人相手で、日本語をしゃべる店員さんが居たものだ。
ツアー仲間の事情通によると、東南アジアの指輪は、台が14金なので、日本人には合わないとのこと(日本人はプラチナの台を好む)。
それはともかく、その時代の日本人ツアー客は、色石の指輪やペンダントヘッドをお土産として買っていた。
ところが、コバラムビーチの宝石屋には、そんな高価な、誰でも知っている宝石は置いてなかった。
茶色の四角い石があって、そこにキラキラ輝くツブツブが見えるものがあった。
僕は興味を持って、なんというものか聞いたら、「SANDSTONE」だと答えがある。
まあ文字通り「砂岩」なんだろうけれども、なかなかキレイだった。
案外こういうものの方が、普通ではなくて、お土産にはいいかもしれない。
ただ、いくらキラキラしていても、ただの砂岩では、もらう人を馬鹿にしていることになるかも。
他にも面白い石があったが、僕が目を付けたのが、「ムーンストーン(月長石)」だった。
ムーンストーンがどういうものか、興味のある人は、ネットで画像検索してください。
僕は、なにを隠そう、この時は結婚していた。
夫婦仲は、よくなくて、別居していたわけだけどね(涙)。
それが理由で、インドへ長期旅行に出てしまったんだから。
日本人が長期旅行に出ている場合、日本の人間関係を一度切っているわけだ。
長期旅行者は、みんな心に深い哀しみを抱いている。
だから、長期旅行が本気で楽しいようでは、本当の長期旅行者ではない。
長期旅行とは、日本に居ることが苦しくてたまらなくて、絶望の果てに、思い切って、やけ(自棄)になって、やるものだから。
最初はムーンストーンの指輪にしようかと考えたが、指のサイズがわからない。
しかも、指輪だと、銀の台になるので、安っぽくて、とてもプレゼントにはならない。
そこでムーンストーンのブレスレットを考えた。
これならば、直しは不要だし、冗談でつけても、何とかなるのでは…。
しかし、ブレスレットにしても、手首のサイズが合わないと、また長さを調節しなければならないだろう。
もともとそんなに高くないのに、プレゼントした相手に迷惑をかけることになる。
すると、ますます、嫌われることになるだろう。
もっとちゃんとした石を使った、高価なものなら、指輪にしてもブレスレットにしても、直す意味もあるし、日本で直しに出しても、恥ずかしくないが。
こういう「決断力、行動力がない」ところが、嫁さんに嫌われた原因だろうね。
他にももちろん、嫌われた理由はたくさんあるわけだが、そんなことは、タダで読める旅行記の中になんか、書きません。
というわけで、ムーンストーンのブレスレットを買うことにしたが、サイズがわからない。
ブレスレットだったら、よほどのことがない限り、サイズが合わないってことはないんだけどね。
そこで、スリランカから来た日本女性に相談した。
一緒に宝石屋へ行って、サイズを見るために、ブレスレットを付けてくれないかってね。
女の子が付けてみると、ちょっと長いような気がしたので、軽く短くしてくれるように頼んだ。
女の子は、スリランカの空港で、ウィスキー(ジョニ赤)を一本買ってきていた。
この時代までは、海外に出た日本人は、ウィスキーを買うものと決まっていた。
飲む気持ちはなくても、日本に比べれば安いと考えて、買ったようだ。
僕も、1988年にモロッコでジョニ赤を買って、アルジェリアで持て余し、中身をホテルの流しに捨てたことがある。
移動を続ける海外旅行の場合は、実際、ウィスキーは飲めない。
強いお酒を飲んだら、身体が疲れて、動けなくなるからね。
しかも、ウィスキーはガラス瓶に入ってるので、バックパッカーが持ち歩くにも不便だ。
コバラムビーチでは、だらーんと滞在していたので、彼女が持て余しているウィスキーを、僕が買って、みんなで飲もうと考えたりした。
その値段をいくらにするか、僕は彼女が免税店で買った値段より高く買ってあげたいし、彼女は、ウィスキーが処分できるなら、いくらでもいいという考え。
僕は高く買おうとするし、彼女は安く売ろうとするという、思いやりとやさしさの交渉があったのね。
インド人にウィスキーを引き取ってもらって、ブレスレットが安くなれば、問題が一つ解決したはずなのだが。
結局、ムーンストーンのブレスレットは、買わないまま、僕はコバラムビーチを離れた。
一つには、トリバンドラムで買った「Lonely Planet」の「SRI LANKA」に、「スリランカは宝石で有名」とあったからかな。
まあ昔のことなので、忘れてしまった。
これが、「コバラムビーチの宝石屋でムーンストーンのブレスレットを買わなかった話」です。