1985年にコバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)で出会った日本人旅行者4人のやさしい関係について語ろう。@コバラムビーチ/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
僕の、1984年から1985年の、最初のインド旅行を思い出すと、コバラムビーチのことが、まず最初に来る。
なぜかというと、コバラムビーチが、とてもやさしかったから。
バンコク、ダッカ、ネパールからインドを南下してコバラムビーチにたどり着いたときに、僕はすっかり肩の力が抜けていた。
最初は緊張していた北インドも切り抜けて、南へ下るに連れて、のんびりしてきた。
別に、旅のことを語る気にもならないし、おだやかに、旅の流れに乗っているだけだ。
コバラムビーチで、日本人と出会っても、旅行自慢をする気にもならない。
他の日本人3人も、あまり自分の旅や自分自身を、語ろうとはしなかった。
旅に出たばかりで、自分語りをしたがる人がいるんだけどね。
それでは、まだまだなんだよ。
自分の旅や、自分自身のことを語らなくなってはじめて、旅に慣れ始めたというところなのね。
僕たちは、お互いに、相手の気持ちを思いやって、傷のありそうな部分は、触らないようにしていた。
この時代、何かの特別な、深い理由がない限り、わざわざインド長期旅行に出て、南インドのビーチまで来るはずもない。
インド長期旅行者は、人生に悩み、人生に傷つき、日本の生活から逃れて旅をしているものだから。
他人のことをあまり追求したりしないし、自分のことも話さない。
その感覚が、インド人にも、欧米人にも共通していた気がする。
僕は毎日、ビーチとホテルをつなぐ坂道を上ったり降りたりしていたが、その途中の店のインド人とも、世間話をする間柄になった。
インド人の店というと、強引な商売をするという先入観があるが、この時代のコバラムビーチは、ほとんど商売っ気が感じられなかった。
だいたい、なにを買うか一度で決めたりせずに、何度も通って、世間話をして、なんとなく品物を買うものだった。
僕はもちろん、水着を持って旅をするので、ゴアでも泳いできた。
ゴアのアンジュナビーチでは、ヌーディストの仲間に入って、全裸で泳いだよ。
一度全裸で泳いでいると、日本から持ってきた競泳用の水着では、窮屈に感じる。
リゾート地の水着は、着けてないような感覚のものがいい。
坂の途中にある、何でも屋みたいなところで、ヒモパンを売っていた。
ほとんどヒモで、局部を覆う布があるだけ。
多分、全裸でビーチにいるのは問題なので、言い訳のための水着だろう。
日本でこんな水着をつけてプールに入ったら、逮捕されること間違いない。
つまり、南インドのコバラムビーチでしか売ってないもの。
世界は広いし、ヌーディストビーチもあちこちにあるので、いろんな水着はあるだろう。
でも、ヌーディストは最初から裸だろうから、コバラムビーチのヒモパンより肌の見える水着はないだろうね。
この水着を買うときは、北欧系の美女が水着を選んでいたのを、横から見ていた。
男性用のヒモパンは、たった200円くらいだったので、「こりゃ面白い♪」と、即決で買ってしまった。
すると、横にいた北欧美女が、僕に、「値切らなきゃダメよ!(You must bargain!)」とアドバイスしてくれたのが、可愛かった。
僕は早速ビーチで着替えて、海に入った。
日本人仲間を見つけたので、水着を見せて自慢した。
ヒモパンを、「君も買ったら」と、誘ったりはしなかった。
そのあとの旅慣れた僕だったら、おせっかいにも、友達に買わせたりしただろうけどね。
それはワイワイした旅の話。
コバラムビーチでは、もっと、ゆったりした、穏やかな雰囲気でした。
だから、何かをするときに、知り合った日本人旅行者を誘うこともしなかった。
この感覚がなかなかよかったと思うよ。
同じ日に知り合った4人だったが、何かを約束して会っていたわけではない。
それぞれ、用事があったようで、僕も、トリバンドラムへ航空券の手配に行ったりした。
でも、夕方には、なんとなく、ビーチの安食堂に集まったものだ。
この感覚が好きだったね。
例えてみれば、ロサンゼルスの「ホテル加宝」の人間関係みたいなものかな。
でもそれは、最初のインド旅行のあと、一回目の世界一周での話です。
[beach]