ジャイプールの市内観光バスで、アンベール城へ行き、オーストラリア女性と話をして、風の宮殿で降りて、歩いてホテルへ戻ろうと考えたが…。@ジャイプル/インド


デリーからの夜行バスで、到着時間を勘違いしていたせいで、ジャイプールで降りそこなった。
真夜中の見知らぬインドの道路で、警察官にお願いして、ジャイプール行きのトラックに乗せてもらって、ジャイプール駅に着く。
ジャイプール駅で寝ようとしたが、リキシャーマンに起こされて、ホテルを捜してまわる。
朝の4時過ぎに、ジャイプール駅近くの24時間ホテルに、無事チェックインした。
部屋で少しウトウトしたと思うが、ホテルできっちりと目を覚ます。
なにしろ、ジャイプールのホテルでゆっくり寝てたって、仕方がないんだから。
今日は、ジャイプール観光をして、次の目的地へ向かうつもり。
デリーでだらんとしすぎたし、どんどん旅しないといけない。
それに、まだまだこれから、ボンベイ、ゴア、コモリン岬(カンニャクマリ)にも行かなきゃね。
考えるだけで、そりゃもう、大変だ。
だからやはり、長期の海外旅行というのは、若くて体力のある人しか出来ない。
僕はもう歳をとりすぎているので、もう一回やれといわれても、うーん、あと一回なら出来るかな(笑)。
「世界旅行主義」によると、「一度いってよかったところに二度といくな」という基本がある。
例えば、若くて元気があって、大胆だったころの旅は出来ない。
そのころ旅先で、出会った旅行者と、また会ったとしても、同じような会話は出来ない。
旅行自体も変化しているし、僕もまた変化した。
今になってみると、あのころのような、お気軽な人間関係は作れないと思うよ。
と謙虚に書きながら、心の底では、僕は今でも作れるとは思ってるんだけどね(笑)。
ジャイプールは、とっとと、市内観光ツアーバスに乗って、一日で見てしまえばいいでしょう。
というわけで、市内ツアーに参加したわけだが、これは多分、ホテルが手配したんだろうね。
インドの安宿では、旅行者が必要とするすべての手配をしてくれるものだ。
例えば、バスの切符を売ったり、ツアーの手配をしたりする。
僕が朝の4時ごろに、ジャイプールの24時間ホテル(名前は控えてない )にチェックインしたときに、ツアーのことを相談したんだと思う。
だって、その日のツアーに参加できたんだからね。
どこから乗ったのか、とか細かいことは忘れた。
でも乗ったのは大型バスで、日本人は僕一人だった。
あとは、白人がちらほらいて、ほとんどはインド人。
ツアーの言葉は、英語だったし、まあツアーなどというものは、観光名所に連れて行ってくれたら、それで十分。
ツアーのいいところは、ガイドの説明を聞かずに、あちこち自分で見てまわれるところ。
個人でガイドを雇ったりしたら、ガイドの言うことを聞かなければ(聞いた振りをしなければ)いけないので、疲れるんだ。
だって、ガイドと一対一の場合、ガイドの説明を無視するわけにはいかない。
やはり、うなずいたり、質問したり、感心したりしなければならないからね。
ツアーで、記憶に残ったところを書いておこう。
まずなんといっても、「アンベール城」
ここは、バスでお城の下まで乗り付けて、歩いて上がって行きました。
ゾウさんもいて、観光客を運んでくれますが、もちろんお金がかかるので、ツアー参加者は誰も乗りませんでした。
お城へ登って部屋を見学したときに特徴的だったこと。
それは、ステンドグラスのモザイクが、とてもキレイだったこと。
それをきっかけに、一緒のツアーだった、オーストラリア人看護婦さんと、話が弾みました。
彼女は、これから、アジア横断をして、ヨーロッパへ行き、イギリスで看護婦の仕事をするという話。
オーストラリア人だと、持っている資格が世界的に通用するので、うらやましかったのを覚えている。
アンベール城からの眺めもすばらしかったね。
時間のない人は、アンベール城だけ見てもいいでしょう。
特に、デリーから日帰り観光を考えている人は、アンベール城を見て、お土産屋に寄ればそれで十分。
木綿染めの工場に行った。
ガイドブックを見ると、「サンガネール」というところらしい。
きれいな染物をその場で見せて、販売している。
僕も一枚買ったが、このあと、南インドで寝るときに上掛けとして、重宝した。
日本に戻っても使っていたが、多分世界一周旅行に出る前に、処分したと思う。
2007年に西インド旅行をしたとき、ここの布を買うためだけに、ジャイプールへ寄ろうかと迷ったほどだ。
お土産にもいいし、荷物にもならないし、いろいろ使えるので、オススメです。
最後は町の中心に戻って、「シティパレス」、「ジャンタルマンタル」、「風の宮殿」へ行った。
「ジャンタルマンタル」にも寄ったが、これはデリーのものより大きかったのかな。
ただ、たいしたものではありません。
「風の宮殿」は、通りすがりに、ちょっと見れば十分。
僕はここで、ツアーを離れて、町をうろつきながら、ジャイプル駅近くのホテルまで歩いて帰ろうと考えた。
で、地図を見ながら、歩いていたら、「どこへ行くんだ」と声をかけられる。
「ジャイプル駅へ」と答えると、遠すぎるから乗り物を使えといわれる。
実は、この時代の「地球の歩き方」のジャイプル地図の縮尺が間違っていた(涙)。
今はそんなことはないだろうけどね。
そうそう、デリーのコンノートプレイスで、地図に酒屋が書いてあって、それを捜しまくったこともあった。
地図上の、酒屋の場所が間違ってたんだけどね。
こういう経験を、繰り返して、「Lonely Planet India」を使うようになったんだけどね。
このあと、スリランカへ行ったときは、トリバンドラムの本屋で「Lonely Planet」の「a Travel Survival Kit Sri Lanka」を買って、読んだものだ。
まあとにかく、ジャイプルは、これでいい。
僕は次の町「ウダイプル」へ移動する。
泊まっている24時間制ホテルに入ったのが、午前4時ごろだ。
だから、夜に出発すれば、1泊分ですむ。
ところで、ジャイプールからウダイプルへ、鉄道を使ったのか、バスにしたのか、全く記憶がない。
でもまあ、ウダイプルにつけばいいじゃないか。
ウダイプルがどんなところか、知らないけどね。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx