列車の客引きに誘われて、ヒッカドゥワの民宿に決めると、泊まっていたイギリス人に「トマト(TOMATO)」の発音を注意された。@ヒッカドゥワ/スリランカ

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
コロンボから乗った列車は、ヒッカドゥワに近づいて、スピードを落として、止まったり少し動いたりを繰り返している。
誰か旅行者がいれば、話しかけて、宿泊についての情報を得たいが…。
早い話が、適当な宿を決めたいってことなんだ。
時刻的にはまだ暗くなるほどではないが、午後の遅い時間。
バックパックを背負っているわけだし、とにかく宿を見つけて、荷物を置いて、身軽になりたい。
そのあとで軽く町を歩いてみよう。
だから今日の宿では、寝れさえすればいい。
朝から昼にかけて宿探しをするなら、周囲の環境を考えたりして、気に入った宿に泊まる方がいい。
チェックインが夕方になるとしたら、あんまり考えても仕方ない。
どうせ、軽く食事をして、寝るだけなんだから。
寝るだけなら、安い方がいい。
夜にチェックインして寝るだけなら、安宿でベッドさえあれば、同じことだ。
こう考えられるのが、バックパッカーなんだよ。
ステキなホテルに泊まって、おいしい食事をしたいなんて、全く思わない。
今日は、寝れさえすれば、どこでもいいってこと。
どこでもいいってことは、誰かが教えてくれるなり、駅前にあるなり、本に載ってたり、。
「どこでもいい」のも困るんだよなー。
という風に、どうでもいいことに悩んでいた。
列車にいたスリランカ人が話しかけてくる。
スリランカ内戦で、観光客が激減している話をする。
ヒッカドゥアの駅に着くと、客引きに取り囲まれて、大変だそうだ。
たしかに、取り囲まれたり、うるさく付きまとわれたりするのは、避けたい。
スリランカ人は、宿を紹介するという。
別に、悪いやつでもなさそうだし、英語も上手だし、旅行者のこともわかってる。
断る理由もないので、ここは彼についていくことに決定。
ヒッカドゥア鉄道駅の手前で、列車がほとんど止まっているとき、列車を降りて、このスリランカ人の家に泊まることになった。
彼の家では、自分の家の部屋を3つくらい観光客に貸していたた。
彼は単に、客引きしてたんだよ。

部屋はそんなに悪くなくて、きれいにしてあって、頼めば食事も出してくれるそうだ。
僕は、部屋に荷物を置いたらすぐに、ヒッカドゥワビーチへ出た。
どこかで軽く食事をして、民宿へ戻る。
他に泊まっていたイギリス人の白人の若者が2人がいて、話が始まった。
イギリス人は、2人とも20歳代の若者で、スリランカを中心に旅をしているようだった。
彼らは、イギリスの図書館からガイドブックを借り出していたので、なぜか本の話になった。
僕が読んでいる英語の本を見せたりする。
そうそう、この時期僕は、ソ連邦が解体して民主化するというペーパーバックを読んでいた。
この本は、スリランカ旅行中に読み終わって、「ホテルニッポン」の受付の女の子にプレゼントしたよ。
イギリス人の若者とは、英語についての話になり、彼らは、「キミの英語は、BBCのアナウンサー風の英語だ」と言ったりした。
ところが、僕が、「TOMATO」を「トメイトー」と発音したので、「それは、アメリカ式」と、直された。
どうでもいい話だが、旅先のことは、どうでもいいことを、いつまでもはっきりと、覚えているものなんだね。
この宿は、鉄道線路から山側にあった。
ヒッカドゥアの中心は、鉄道の西側の海沿い。
だから、とても静かだった。
イギリス人の2人は、その静けさが好きみたいで、食堂で本を読んで静かにしていた。
僕は、周辺がもっとガヤガヤした雰囲気のところが、合っているかな。
明日になったら、宿を移動することにしましょうか。
もともとそのつもりだったわけだしね。
今日は静かに眠れればそれで十分。
ヒッカドゥワの海沿いを歩くと、小さなホテルが結構たくさんあった。
スリランカ内戦の影響か、客は少ないようなので、いくらでも部屋は見つかる。
南インドのコバラムビーチを今朝出て、トリバンドラムへ移動し、空港へ行って、無事インドの出国審査を終えた(水性ボールペンをねだられたが)。
コロンボへ到着して、コロンボフォート駅から列車でヒッカドゥワビーチへ移動し、民宿を見つけた。

ただ、ちょっとヒッカドゥアビーチの中心から遠かった。
それと、個人の家というのは気を使うね。
僕は夜寝る時に本を読むので、ベッドランプがないのもつらかった。
民宿としては、ベッドランプの電気をつけたまま寝られると、電気代が気になるのでしょう。
ホテルだと、そこまでは、気にしないと思うけど。
明日の朝に、まずヒッカドゥワで宿探しをしましょうか。