ヒッカドゥワでビーチの宿に移動し、ゴール要塞まで、レンタルバイクでぶっ飛ばしました。@ヒッカドゥワ〜ゴール/スリランカ

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
昨日は、南インドのコバラムビーチを朝出て、昼ごろには、スリランカのコロンボに着いた。
中途半端な時間だったので、有名なビーチリゾートのヒッカドゥアへと移動する。
列車内で声をかけてきた客引きに誘われて、民宿に泊まった。
同じ民宿に泊まっていた、イギリス人の若者2人と、なぜか英語と米語の発音について話をしたりした。
そのまま、ベッドに入ったが、部屋にベッドランプがないので、本が読めなかった。
ベッドで本を読みながら寝るというのは、僕の就寝儀式なんだよ。
あんまり健康によくないのはわかってるけどね。
それと、もちろん、本を読みながら寝てしまうので、ベッドランプは点けたままになることも多い。
民宿だと家の人に、電気代について気を使うのも、ちょっとイヤだ。
もともと一泊だけのつもりだったので、ヒッカドゥワビーチを歩いて、適当なホテルを見つけようと思う。
ビーチに来たならば、海の見える部屋に泊まりたいものだ。
タイ、ネパール、インド、スリランカの旅も、終わりに近づいて、思ったよりもずっと安く旅をしているので、お金は余っている。
だから、ちょっとはまともなホテルに泊まっても許されるのでは?
というわけで、民宿を出て、宿探しも兼ねて、ビーチをうろうろしてみた。
インドからスリランカに入ったときに感じたことだが、スリランカは普通の東南アジアの都市だ。
インドは、まさしくインドだ。
というのは、スリランカでは、日本の車がやかましいくらいに走っている。
インドでは、昔ながらの車、アンバサダーが走っている(この時期スズキがインドへ入ったが)。
インドでは、欧米人旅行者も日本人旅行者も目立たない。
よほどの観光地以外では、インド人が多すぎて、外国人観光客は、ほとんど見つからない。
スリランカへやってきて、観光地ヒッカドゥワになると、欧米人の姿が目につく。
東南アジアの観光地の雰囲気がする。
さてとにかく、新しい国に入ったら、とにかく、片っ端から料金を聞いて、相場をつかむこと。
僕は、ヒッカドゥワの結構豪華なリゾートホテルに入っていって、部屋の値段を聞いたりした。
スリランカは、タミール人とシンハリ人の内戦中で、観光客は少ないので、ホテルはガラガラだ。
物価は、インドよりもちろん高くて、タイ並みかな。
スキューバダイビングをやっている店を見つけて、いろいろ聞いてみる。
なにを隠そう僕は、スキューバダイビングのライセンスを、日本で取っていたからね。

【今は伝説のPADI,BASICライセンス】
ビーチ沿いの道路に面して、掘っ立て小屋があった。
聞くと、「貸しバイク屋(RENTAL MOTORCYCLE SHOP)」だとのこと。
僕は日本で自動二輪車の中型免許を持っているが、今回の旅では、国際免許にしてなかった。
免許がないというと、問題ないとのこと。

【カリフォルニアの運転免許証】
バイク屋のおじさんの話では、ここでバイクを借りて、国際免許なしに、スリランカ一周をする人がたくさんいるらしい。
疑っていると、机の引き出しを開けて、パスポートを見せてくれた。
世界各国のパスポートがバラバラに、引き出しの中にある。
パスポートを預かっても、金庫に入れたりせず、バイク屋の机の引き出しに放り込んであるだけ、というのが逆に信憑性があったね。
南国のビーチでは、誰も細かいことは言わないのでしょう。
わざわざ運転免許証を要求するところは、それが商売になっているところがあるよ(ラロトンガ島)。

【南太平洋ラロトンガ島のバイク免許証】
世の中は、どんどん規則が多くなっていって、世知辛くなっていくもの。
1985年のスリランカでは、外国人が無免許でバイクを運転しても、それが許容されていた(のかもしれません)。
ビーチに並ぶ店やホテルを、あちこち見て回っていたら、お昼ごろになってしまった。
あわてて今夜の宿を決めて、バイクを借りて、泊まっていた宿へ戻り、荷物をまとめて、バックパックを背負って、バイクでホテルへ。
なぜあわてたかというと、ホテルのチェックアウト時間正午12時が迫っていたからね。
海岸沿いの小ぎれいなホテルにチェックイン。
バックパックを部屋において、借りたバイクで、海岸沿いの道を走り出す。
道路は一応完全舗装だが、うねっている。
ただ、交通量が少ないので、どんどんスピードを上げていく。
ヘルメット無しで、バイクに乗って、海岸線をぶっ飛ばしていくと、めっちゃキモチイイです(笑)。
リゾートのバイクには、リアミラーはだいたいないもの。
でも、交通量が少ないので、首を曲げて、後方確認をする。
舗装がよくない海岸沿いの道で、たった一人、バイクを走らせる。
前を見て、右を見て、左を見て、ぐいーんと後方を見る。
それでも人影が、見えない。
スリランカの海岸沿いを、サングラスだけをかけて、ノーヘルで、ブッ飛ばす。
するととても、自由で、思わず声を出して笑ってしまう。
金色フレームの濃いグリーンのサングラスを持ってきたので、バイクの運転に問題はない。
ほんの30分程度で、要塞都市のゴールへ到着。
僕は要塞の外側の町には興味がなく、城壁内の要塞へバイクを乗り入れた。
この日は本当に人が少なくて、ゴール要塞の内部は、人影が見えなかった。
そこをバイクで走って、バイクを止める。
天気がよくて、建物の影がはっきりと見える。
昼下がり、全く人の気配がしない。
バイクのエンジンを切ると、シーンと静かだった。
何か場違いな気がして、長くいられなかった。
まるで、ダリの絵の中に迷い込んだようで、ゾッとした。
僕はとっととバイクにまたがり、またヒッカドゥワへ戻りました。
結局ヒッカドゥワからゴールへ往復しただけで、バイクはその日に返した。
スリランカは、適度な大きさの島なので、内戦が終了した今は、バイクで一周するのもいいでしょう。
僕は明日、コロンボへ行って、用事を済ませるつもりです。
旅もそろそろ終わりですからね。
[beach]