防水カメラが防水でなかった話と、ホテルの水が塩っぽかった記憶。それから、スリランカについてまとめます。@ヒッカドゥワ/スリランカ

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
僕が1985年にヒッカドゥワビーチにいたときの話を、軽くまとめておきます。
それから、今のスリランカについても、考えてみましょう。
僕がヒッカドゥワで一番思い出すのが、ホテルのシャワーの水が塩っぽかったこと。
全部がそうだったのかどうか、そんなことはありえないわけだが、ヒッカドゥワのホテルにいたときは、そういうものだと受け止めていた。
いま考えれば、世界中を旅したとき、いくらビーチの安宿でも塩水のシャワーはなかったから、僕の判断ミスだね。
案外と、変な、思い込みということはある。
僕が大学時代、どこに就職するか考えていた(実は、真面目に考えてなかった)とき、会社訪問で東京へ出てきた。
その時代、京都から東京への交通費を出してくれる会社があった。
だから、会社訪問は、暇つぶし半分、交通費稼ぎが半分だった。
でもね、そのあとのバブルのころは、学生が他の会社に逃げないように囲い込んで、ホテルで宴会をやったりしてたよ。
昔はホント、オキラクで、天国だったね。
どんな馬鹿でも、一流商社に内定がもらえたものだ(実際に僕は、知っている)。
うまく行くと交通費を何社からももらえて、儲かったからね。
いい時代でした。
関西から東京へ来て、一緒に会社訪問をしていた友人と、安っぽい中華料理屋で餃子を頼んだ。
餃子を食べるのには、醤油、酢、ラー油が必要。
ところが僕たちのテーブルには、醤油の瓶がなかった。
友人と僕は、「東京では、餃子に醤油を使わないんだね」とか、「醤油がない餃子は、おいしくないなあー」とか話した。
「やはり、関西と関東は、いろいろ違うんだねー」と、話し合ったものだ。
でも、別のテーブルには醤油が置いてあって、東京も関西と同じ味付けだとわかったという話。
このように、馬鹿な思い違いは、特に海外旅行をしていると、あるものなんだよ。
だから、僕は、ヒッカドゥワビーチの水道水は全部塩が入っていると思い込んで、早めに滞在を切り上げたんだった。
あと、ぼくがいた季節は、雨が突然振り出すことがよくあった。
僕は防水カメラを持って旅をしていたが、なぜか(調子に乗って)、ガンガでわざと水に漬けたりしていた。
それ以降、カメラが少し調子が悪くなったが、騙し騙し使っていた。
ヒッカドゥワビーチの道路わきの商店で、適当な話をしていたら、突然雨が降ってきた。
僕は、商店主やまわりの皆さんをビックリさせようと、商店の軒から流れる雨水の中に、カメラを入れた。
みんなは、「カメラが壊れるよ!」と言う。
そこで僕は「ウォータープルーフ!!!」と言って、さらにカメラを雨の中にさらしたわけだ。
ちょっとは心配だったが、スリランカの人を驚かせる方が、楽しかったから。
それ以降、カメラのシャッターは降りなくなったけどさ(涙)。
人間、調子に乗ると、大損をするってことね。
あと、ヒッカドゥワビーチでは、ダイビングツアーも調べたよ。
調べたけれど、スキューバダイビングはしなかった。
僕は世界中で、スノーケリング(snorkeling)をしたことはある。
でも、スキューバダイビングはしたことがない。
その理由は、単純明快。
機材のメンテナンスに信頼が置けないから。
いまだと、スリランカでは、サーフィンが盛んのようだ。
実はこの「最初のインド旅行」のとき、バンコクへ跳ぶ飛行機の中で、サーファーの美男美女と知り合った。
彼らは、バンコク経由で、バリ島へ行く予定だった。
ものすごい美男美女が、サーフボードを持って、成田空港にいたのだから、かなり目立ったよ。
彼らと機内で隣同士になって、仲良くなり、一緒のホテル(マレーシアホテル)に泊まって、楽しく過ごした。
翌日は、そのころ超一流だった「オリエンタルホテル」で、お茶を飲んだりね。
1984年ごろは、バリ島がサーファーに人気だった。
が、そのあとオーストラリアのサーファーズパラダイスに移動したんだと思う。
僕も確か1982年ごろだったと思うが、結婚していた女の子と、一緒にバリ旅行に行ったことがある。
バリ島は、天気が良くて、素晴らしいところだった。
ツアーで行ったので、バリビーチホテルに泊まったが、リゾートホテルとしてはステキなところだった。
ホテルからちょっと歩くと、亀のステーキを出すレストランもあったしね。
でもその時もケンカしてたんだよね。
夫婦でも、旅に出てずっと一緒にいると、ケンカしたりするものだ。
だから、旅は一人で行って、旅先で適当な話相手を見つけるのが、気楽だと思うけどね。