1985年のゴアは、日本人がほとんどいなくて、ビールが安くて、アンジュナビーチにはヌーディストがいました@ゴア/インド

【カラングートにて(1985)@ゴア/インド】
1985年のインド旅行で、やっと、バックパッカー憧れの地、ゴアへやってきた。
1984年に、バングラデシュの首都、ダッカで日本人バックパッカーとであったときは、インドのゴアへ行く人が目立ったものだ。
僕が、ネパールから北インドを旅して、ムンバイからゴアへやってきたのは、また日本人と会えるかな、と期待していたから。
だって、日本人は、日本人と話した方がオキラクだからね。
カラングートビーチに着いたらすぐに、ビーチ沿いの宿を取って、部屋のドアにダブルで南京錠をかけて、外に出る。
すると、すぐに、「日本の方ですかー?」と、日本語で声がかかった。
なんと日本人の女の子(たぶん女子大生)だ。
ただ話の内容はちょっとガッカリ。
彼女らの話では、ゴアは、雨期明けの10月から年末はにぎわうが、それ以降は人が消えて、静かになるんだって。
つまり、1985年の年が明けたあとの今は、ちょっと遅かったようだ。
でも、僕はそれほど気にしてない。
僕はせっかくインドに来たのだから、インドの有名なビーチで泳げればそれで十分。
日本人と話をするのもいいが、問題は、旅行者なのに話の面白くない日本人もいるんだよ。
だったら、一人で本を読んでいた方が、オキラクだしね。
僕に声をかけてきた、日本女性2人組は、ゴアがつまらないので、これから別の町へ移動するらしい。
僕は、アドバイスに感謝して、旅の無事を祈る。
女の子2人と別れたら、とにかく水着に着替えて、カラングートビーチで海に浸かる。
ビーチ自体は、それほど水が透明でもなく、面白い岩場があるわけでもなく、つまらないけれど、インドのゴアで海に入るってことは、マストだからね。
さて、ゴアが観光客に人気なのは、ビールが安いこと。
インドは全体的に言うと、ビールが高い。
その中でも、ゴアは、ビールが安いんだ。
まあ、ビーチでビールが安ければ、ほとんど文句はない。
ビールを飲んで、波に身体をゆだねていると、筋肉が、高級な霜降り肉になるからね。
というわけで、ゴアの滞在では、朝ちょっと水に浸かって、昼ごろに食事をしてビールを飲む。
午後は、部屋で、本を読みながら眠る。
夕方になったらまた動き出して、ビーチのレストランで、軽く食事をして、ビールを飲む。
だいたいは、この繰り返しだった。
で、もちろん、日本人がいれば、話し相手にしようと考えてはいたが、一人も出会わなかった。
だから、読書をして、ごろごろするには、最適の環境だったんだね。
特に、このインド旅行のときは、「The Rising Sun: The Decline and Fall of the Japanese Empire, 1936-1945」を読み続けていたからね。
この本は、よほど時間がないと読み終われないほど、分厚い。
英語のペーパーバックだから、読み終えた部分は、破り捨てていた。
ゴアのビーチについては、僕の「2005年のインド旅行記」に詳しいです。
それと、1985年のインド旅行の違いをちょっと書いておくと。
アンジュナビーチ」では、1985年には、レストランや土産物屋は、存在してなかった。
ホテルもなかったので、旅行者がアンジュナビーチに泊まる場合は、椰子の葉で作った、掘っ立て小屋に泊まることになった。
僕は泊まらなかったが、というのは、鍵もかからないので、危険だと感じたから。
考えてみれば、貴重品は鍵をかけた自分の部屋において、そういうところへ泊まってもよかったが。
でも、ただ格好だけつけるというのも、下品だったので、似合わないことはしなかった。
あと2005年のゴアよりは、もちろん、人も少なくて、ビーチに漁船も少なくて、1時間ぐらい砂浜を歩いていても、誰にも会いませんでした。
他に思い出したら、また追加します。