ゴアを出たバスから、深夜に知らない町で降ろされ、居場所がないので、駅に行ったら、列車があったので、そのままコーチンへ。@ゴア〜コーチン/インド

【カラングートにて(1985)@ゴア/インド】
いま考えてみると、僕は本当に計画性がないのだとよくわかる。
最初のインド旅行では、とにかく、インド亜大陸を旅していたのだから、南へ下って行きさえすれば、南端のカンニャクマリ(コモリン岬)へ着くだろうと考えていた。
ゴアに滞在したあとは、ただインドの西海岸沿いに南下すれば、それでいいといいうのが、考え方だ。
だから、バスに乗ったときに、バスの到着時刻とか、真面目に考えてなかったようだ。
実際、デリーからジャイプールへのバスに乗ったときも、到着時刻を調べてなくて、乗り過ごすというトラブルにあった。
まあ、このトラブルがあったから、ネタとして、使えるわけなんだけれども。
ただ、ジャイプールはラジャスタンの入り口で、日本人観光客にも人気の町。
ところが、僕がいま語ろうとしている、ゴアからコーチンの旅は、まあ、ほとんどの日本人には興味がないだろう。
いまの日本人旅行者ならば、このルートに興味があったとしても、航空機で一っとびが常識だろうしね。
そして、ゴアからコーチンへの道筋には、マンガロール、カリカットという町がある。
カリカットという響きがなぜか僕は好きで、この町へ行ったような気がしていた。
ただ、名前には馴染みがあるのだが、カリカットの記憶が全くないので、行ってないのだろう。
また、ゴアからバスに乗っていった町は、多分、マンガロールだと思うのだが、これも確信が持てない。
この部分は、ぼんやりしていることを了承していただいて、読んでください。
さて、僕は、しばらく滞在していたゴアを出て、南へ下ることにした。
ゴアのビーチからは、鉄道駅は遠いし、列車時刻は頼りにならないので、バスで移動する、
ビーチにはその時代も、バスの切符を売る旅行代理店はあったからね。
相談をして、多分、マンガロールへのバスの切符を買ったと思う。
昼過ぎにゴア(パナジ)を出るバス。
確か、カラングートからパナジまでは、旅行会社の人のバイクで、運転手の背中に抱きついて、行った記憶がある。
パナジのオフィスで、客が集まり、バスに乗って出発。
この時間が、午後3時ごろだったのではないか。
バスは大型バスで、海岸沿いを、特にトラブルもなく進む。
僕の記憶では、深夜1時ごろに、ある町へ着いた。
これが、マンガロールだったと思う。
乗客は、あっという間にいなくなる。
僕は、バスを降りたらホテルに泊まるつもりだったので、夜の町を歩いて、適当な感じのホテルを見つける。
日本人旅行者は、心配ばかりするから、ホテルを予約する人が多い。
でも、だいたい、歩いていれば、適当なホテルは見つかるものだよ。
僕は世界中を旅して歩いたが、ホテルが見つからなくて困ったということはない。
普通は「Lonely Planet」で見当をつければいいし、目的の宿がなくても、似たような宿がいくらでも存在するものだ。
本当の安宿は、ネットで予約できないしね。
インドでは24時間制のホテルがあるが、僕が入ったところは、そうではないようだった。
世界中の安宿では、よく、ホテルの玄関に人がマットを敷いて寝ている。
このホテルでも、玄関に寝ている人がいた、
声をかけたが起きない。
また、軽く蹴ったが、眠ったままだ。
起こすのも気の毒になって、結局、鉄道駅に行くことにした。
ジャイプールでもそうだったが、駅に行けば、床に寝ている人もいるだろう。
ところが、マンガロールの駅は、列車が夜に通ることが多いらしく、活発に動いていた。
そこで僕は、ごく普通に、窓口で切符を買って、やってきた列車に乗り込む。
列車内は、そんなに混んでもいなかった。
僕も、バスに乗ってただけで、疲れてもいなかったが、椅子席に座って、目を閉じて、朝が来るのを待つ。
インド西海岸を走る列車は、小さな町に停まることを繰り返し、乗客がどんどん入れ替わる。
この時だったと思うが、どこかの駅で、インド人が乗り込んできて、英語で文字の書いてあるビラを配って回る。
ビラを読むと、「私は声が出ず、言葉がしゃべれません。お金を恵んでください」的なことが書いてある。
僕は、「これは面白い。話のネタになる」と思って、寄付をするから、この英文ビラをもらいたいと思った。
ところが、言葉が通じない(もともと相手は、口がきけない)し、ビラをほしいという人もいままでいなかったのだろう。
僕の意思が通じなかった。
結局、お金を上げることもなかった。
この物乞いさんは、とてもシステマティックだった。
一車両の乗客に、前方からビラを配ってまわる。
そのあとビラを回収していって、その時に、お金をくれる人からはもらうという形。
だから、あんまり同情を引くような雰囲気でもなかったんだよね。
僕は、このタイプのインドの物乞いは、このときが最初で最後の出会いだった。
最初のインドだったので、英文ビラで物乞いするインド人というのは、感動的だったね。
そうこうしているうちに、列車は、大きな駅に着いた。
これが、コーチンだったと思う。
コーチンでは、ちゃんと観光ツアーに参加したし、観光案内所で、ホテルを見つけてもらったりした。
名物の「チャイニーズフィッシングネット」も見たしね。
それは、次回のお楽しみ。