トリバンドラムからコロンボへ飛ぶとして、モルジブへ寄るかどうか、いろいろ考えるが、フライトの予約を入れるときに諦めた@コバラムビーチ/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
僕がこのインド亜大陸旅行で、旅行代理店にお願いした航空券は、ちょっと変わっていた。
日本からバンコク、バンコクからダッカ、ダッカからカトマンドゥ、そしてコロンボからバンコク、最後にバンコクから日本。
この切符がまとまっていた。
すべて変更可能な切符だった。
基本的には、旅行代理店にお任せだったので、バンコクからカトマンドゥへ飛ぶとき、ダッカで一泊するのはその場になって知った(笑)
この時代は、航空券の細かいことを自分であれこれ考えたりしなかった。
いまのように、ちょっと海外旅行に出るにしても、自分であれこれ調べていたら、旅の楽しさなんて、無くなってしまうのでは??
僕はいまの世の中、面倒なことが多すぎると思うよ。
ネパールからインドへは陸路国境(スノウリ)を越えてバスを乗り継いでバラナシへ。
というわけで、インドからスリランカへの航空券だけがない。
だから、その航空券を自分で購入しなければならない。
昔は、インドからスリランカは、「ラーメシュワラム(Rameswaram)からタライマナール(Talaimannar)へのフェリー」を使って、船で渡れたものだった。
1985年は、タミール人とシンハリ人の、スリランカ内戦が激しくて、北部スリランカへは旅行者は入らなかった。
船で北部スリランカへ入るのは、(たとえ可能だとしても)止めておいた方がいい。
これはそのころのインド旅行者の常識で、実際、スリランカ旅行を計画していて、状況を見て、旅を止めた人にも出会った。
となれば、僕は、トリバンドラムからコロンボへ飛ぶことになるだろう。
しかし、せっかくインドへ来たのだから、何か別の国へ立ち寄ることは出来ないだろうか。
地図を見ると、インドの南には、「モルジブ(MALDIVES)」という、島国がある。
島国というと、説明がよくないが、小さな島がたくさんあって、その集まりがモルジブだ。
いまだと、リゾートの島として、特に新婚旅行の目的地として、知られている。
この文章を書くために、図書館から「地球の歩き方・モルディブ`13-`14」を借りてきた。
モルジブへ行くルートがいろいろ書いてあるが、トリバンドラムからマーレのルートが書いてない。
普通は、わざわざ南インドのトリバンドラムへ行ってから、モルジブへ行く人もいないだろうけどね。
しかしそこは、押さえておくべきではないかな(ネットで航空券を調べればすぐに見つかります)。
実は、トリバンドラムからモルジブへ飛んで、モルジブからコロンボへ行くことが出来る。
これは、旅行国が一つ増えるわけだし、これからモルジブへ来ることもないだろうから、旅行計画としてはとても魅力的だ。
さて、リゾート旅行のときに注意すべきなのは、雨季にぶつかったら最悪ということ。
僕は雨季ど真ん中のミャンマー(ビルマ)を旅したことがあるが、連日雨で、観光客はほとんどいなかった。
東南アジアでも、季節を間違えると、観光地に全く人がいないということがあるよ。
その点でも、「モルディブの乾期は1月〜4月」なので、問題はない。
気候は南インドと同じだ。
ただ問題は、モルジブはリゾートなので、男一人で行っても、さびしいだけだろうということ。
また、物価が高いらしいので、僕は何も出来ないだろう。
それ以前に、この時代、「リゾートの予約無しにマーレ(モルジブの首都)へ着くと、入国を拒否される」という噂が流れていたこと。
到着したマーレの空港でリゾートの予約をさせられて、高額の支払いが要求されるかもしれない。
それとも、リゾートの予約がない場合、最初から搭乗拒否になるかもしれない。
どれほどモルジブの入国が厳しいのか、さっぱりわからない。
僕としては、首都のマーレの商人宿程度で一泊して、海岸でぱちゃぱちゃ海に浸かればいい、と考えているのだが。
この時代は、ほとんどモルジブの情報がなかったので、かなり迷った。
僕の主義(世界旅行主義)として、「行くかどうか迷ったときは突撃する」というカッコいいものもある。
でも、僕の主義(世界旅行主義)として、「面倒くさいってことは、行くなってこと」というあっさりしたものもあるんだよなー。
それを考えながら、とにかく、コバラムビーチからトリバンドラムへのバスに乗る。
バスの中に、イギリス人旅行者がいた。
話しかけると、彼もまた、コロンボへ飛ぶとのこと。
2人でトリバンドラムにある、スリランカの航空会社「エアランカ」のオフィスへ行く。
すると、エアランカに乗るためには、エアインディアで航空券を買って、それをエアランカに書き換えるようにと指示された。
わけのわからない話だ。
でも、僕としては、「こんなごたごたが起きるなら、モルジブへは行くなってことね」と、すんなり諦められた。
旅では、最初は、いろんな可能性がある。
ただ、旅をしていくうちに、無理な部分が出てきて、それを除外していけばいいんだ。
まあ、人生みたいなものかな。
子供のころは、未来は無限に広がっている。
どんな生き方でも出来るし、どんな職業を選ぶことも可能だ。
ただ、成長するにつれて、家の財力や、子ども自身の学力やなにやで、人生が決められていく。
それ以前に、世の中をどう見るかという哲学が不足していて、ありふれた道しか選べなかったりするね。
本当は、全く別の生き方だって選べたのに…。
僕はトリバンドラムのエアランカオフィスで、コロンボへの予約を入れた。
エアインディアのオフィスで切符を買って、それをまたエアランカへ持っていって、さらに予約を入れた。
このごたごたの中で、モルディブへ寄ることを、完全に忘れてしまった。
なにしろ僕は、スリランカへ行かないと、日本へ帰れないんだから(涙)。
こうして僕は、トリバンドラムからコロンボへの航空券を買って、予約を入れた。
コバラムビーチへいられる時間は決められたわけだ。
でも僕は、いつまでいるのか、コバラムビーチの仲間には、言わなかった。
永遠に、ビーチの仲間が続いて欲しかったから。