世界旅行者の最初のインド旅行(1984-1985)目次(3次修正)

【アグラフォートにて】
世界旅行者は最初のインド旅行を準備する。(1984)
バンコックからトランジットでダッカへ着くと、同じフライトの日本人バックパッカーは、親しくなって、互いに助け合う(バックパッカーの鏡)@ダッカ/バングラデシュ
ダッカのホテルから町へ出て歩き(バングラデシュ入国)、旅仲間のビザの件をお手伝いしていたら、カトマンドゥへのフライト時間に遅れた@ダッカ/バングラデシュ

カトマンドゥ空港で、フランス人と一緒に行こうか迷い、「他にも日本人が居る」というホテルへ行ったが、もちろんウソだった。@カトマンドゥ/ネパール
カトマンドゥ観光の前に、ポカラへの「スイスバス」の場所を確認する。町を歩くと、空港のフランス人に出会う。@カトマンドゥ/ネパール
自転車でパタンへ行くと、また例のフランス人とばったり。ネパールの古都で、運命を感じる。@カトマンドゥ/ネパール
日本とネパールの国旗があるバスに乗り、バクタプルへ行くと、「MAY PEACE PREVAIL ON EARTH」の「ピースポール」を目にする。@カトマンドゥ/ネパール
カトマンドゥからポカラまでのスイスバスの中で、日本人3人と出会う。バスの休息時間に親しくなったが、ホテルは別@ポカラ/ネパール
人類は海幸彦と山幸彦に別れる。海幸彦の僕は、基本的には、何もしないで山を見て、英語の本ばかり読んでました。@ポカラ/ネパール
日本人旅行者と湖でボート遊びをしたが、水に沈む不思議なオールだった。ボートに一人で乗る寂しさについて。@ポカラ/ネパール
イギリス人女性トレッカーのシェルパに対する態度を見て、日本人との根本的な違いを旅行哲学する@ポカラ/ネパール

日本女性をカトマンドゥ病院に連れて行き、カトマンドゥゲストハウスに泊まり、日本大使館へ相談に行く@カトマンドゥ/ネパール
カトマンドゥの日本大使館に行って、日本女性が入院していることをレポートする(大使館へ行くのも旅の楽しみ)@カトマンドゥ/ネパール
カトマンドゥゲストハウスに泊まって、タメル地区を歩き、セーターを買って、女の子にプレゼントする@カトマンドゥ/ネパール
カトマンドゥからポカラまで、またスイスバスに乗る。ポカラには、知っている人はもう誰もいなかった。僕は明朝のバラナシ行きバスを予約する。@ポカラ/ネパール
若い男女と、あごひげを生やしていた僕は、一緒のオンボロバスに乗って、ポカラから国境のスノウリへ。@ポカラ〜スノウリ/ネパール

ネパールのスノウリからインドのバラナシへバス移動して、ツーリストバンガローに宿を決める@バラナシ/インド
ガンガ(ガンジス川)モーニングツアーと、インドは昔の方が旅は簡単だったという話。@バラナシ/インド
ガンガ(ガンジス川)の「ダシャーシュワメードガート(Dasaswamedh Ghat)」へ一人で行って、沐浴するが、防水カメラが…(涙)@バラナシ/インド
インド旅行ルートをちょっと考える。ガンガ近くの商店街を歩いて、女の子がサリーを買ったので、僕も買って、嫁さんに送った。@バラナシ/インド
一緒だったカップルをバラナシ駅で見送る。バラナシ駅で切符が簡単に買えることを知った。@バラナシ/インド
ローカルバスで、サルナートへ行く。ブッダガヤへ行かないのには、理由があった。最後にガンガへ行って、道に迷う。@バラナシ/インド
(旧)バラナシ 【ネパールのポカラからスノウリ経由で、バラナシへ到着。さっそくガンガーへ飛び込んで沐浴しました】 

バラナシからサトナへ、一等車に乗る、サトナからは、オンボロバスで、わいわい言いながら、カジュラホへ。@バラナシ/インド
日本人の若者たちと、カジュラホの寺院の像を見たあと、一人でカジュラホ村へ歩くと、犬に取り囲まれて、本当にビビル。@バラナシ/インド
(旧) カジュラホ 【バーラナシーから鉄道とバスを乗り継いで、ミトゥナ像(男女合歓像)で有名なカジュラホへ到着】
スキンヘッドのオーストラリア人2人と仲良くなって、カジュラホからバスに乗り、アグラへ突入したところで別れる(バスで11時間)@アグラ/インド
アグラフォートへ歩き、ツアーに参加して、イギリス人旅行者と写真を撮りあい、シャージャハーンが幽閉された部屋から、タージマハルを見る@アグラ/インド
アグラフォートからタージマハルへ歩き、インドネシア人の若者と話し、タージマハルを見て、外に出たら、またリキシャーマンにつかまる@アグラ/インド
(旧)アグラフォート 【アグラフォートで写真を取って、タージマハルへ歩くと、しつこいリキシャーマンが離れない。つい乗ったら…】

アグラ郊外のファテープルシークリーを見て、鉄道でデリーへ移動し、駅前のメインバザールの安宿にチェックイン@デリー/インド
メインバザールの安宿から、雑踏を抜けて、歩いて、レッドフォート(ラールキラー)へ。(旅の基本と応用を論ずる)@デリー/インド
デリーの一日ツアーに参加したら、インド人男性と日本女性のカップルと出会って、家に誘われた(いまも幸せですか?)@デリー/インド
旅に出てはじめて、自分には何が必要で何が不要か、理解できる。間違いがないのは、何も持っていかないことだ。@デリー/インド
旅の荷物を日本に送るのに、結構手間がかかった。それもまた、旅の楽しみ。デリーのダラダラ滞在について。@デリー/インド
デリーでちょっと高めのホテルに一泊したが合わなかった。ジャイプールへのバスの切符を買ったが到着時間と乗車時間を誤解していた。@デリー/インド
『デリーからジャイプールへのバスに乗ると、降りそこなって、トラックをヒッチハイクして、ジャイプール駅へ』ジャイプール/インド
ジャイプール 【ジャイプール駅の床で寝て、24時間制ホテルにチェックイン】
ジャイプールの市内観光バスで、アンベール城へ行き、オーストラリア女性と話をして、風の宮殿で降りて、歩いてホテルへ戻ろうと考えたが…。@ジャイプル/インド
僕がウダイプルへ行った理由は、ジョードプルと勘違いした結果だったが、宮殿ホテルを見ただけで、翌日アーメダバードへ移動@ウダイプール/インド
それほど人気のない町アーメダバードだが、僕は、1985年と2007年に立ち寄っている。その理由を考えてみる。@アーメダバード/インド
アーメダバードから夜行寝台列車でムンバイに入り、貨物車の通勤電車で、チャーチゲート駅に入って、コラバ地区のホテルに決める。@ムンバイ/インド
【旅行哲学】一番困るのは、選択肢が多すぎる中から一つを選ぶこと。旅のホテルリストと一緒なんだね。@ムンバイ/インド
タージマハルホテルのカフェで、インド上流婦人のクイーンズイングリッシュに感動し、夜行バスでは、歌と踊りの詰まったインド映画をノンストップで見る@ムンバイ〜ゴア/インド
カラングートビーチ 【ゴアのカラングートビーチで泊まって、ビーチを歩いていると、砂浜にお墓がありました】
アンジュナビーチ 【ゴアの有名なヌーディストビーチ・アンジュナビーチへ。もちろん全裸になって、写真も取りましたよ】
1985年のゴアは、日本人がほとんどいなくて、ビールが安くて、アンジュナビーチにはヌーディストがいました@ゴア/インド
ビーチでごろごろするのに飽きたとき、オールドゴアを見に行きました。他に人がいなかったので、キモチよかった。@ゴア/インド
ゴアを出たバスから、深夜に知らない町で降ろされ、居場所がないので、駅に行ったら、列車があったので、そのままコーチンへ。@ゴア〜コーチン/インド
コーチンでボートに乗ってあちこちうろつき、観光案内所でホテルを見つけてもらう。名物のチャイニーズフィッシングネットを見る@コーチン/インド
「インドでの宿の見つけ方」&コーチンからバスに乗り、バスを乗り換えて、バックウォータークルーズの出発点アレッピーへ。@コーチン〜アレッピー/インド
アレッピーからクイロンへ、バックウォータークルーズで8時間。日本女性と日本の若者に会うがエンジン音がやかましくて話せず。@アレッピー〜クイロン/インド
バックウォーターボート 【アレッピーからクイロンへ、バックウォーターという水路を小さな船で通りました。】
クイロンからトリバンドラムへ着いて、あえてコバラムビーチへ行かず、インドではじめて、冷房の効いたホテルに泊まる@クイロン〜トリバンドラム/インド
トリバンドラムからコバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)へ着き、丘の上の宿に決めて、ベランダからビーチを眺めて、昼間に一眠りする。@トリバンドラム〜コバラムビーチ/インド
コバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)を考えると、正直、ビーチとしては、特にいい訳ではないので、わざわざ行くところではない。(ビーチ自体の評価)@コバラムビーチ/インド
1985年に、コバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)で出会った日本人旅行者4人について語ろう。@コバラムビーチ/インド
1985年にコバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)で出会った日本人旅行者4人のやさしい関係について語ろう。@コバラムビーチ/インド
1985年にコバラムビーチ(コヴァーラムビーチ)で毎日通っていた、坂道の宝石屋でムーンストーンを買わなかった話。@コバラムビーチ/インド
コバラムビーチの宝石屋 【南インドのトリバンドラムからバスでコバラムビーチへ行って、知り合った人たちと夕陽を見ました】
【参考】インドからスリランカへの船旅[Rameswaram(India)-Talaimannar(Sri Lanka) ferry]
トリバンドラムからコロンボへ飛ぶとして、モルジブへ寄るかどうか、いろいろ考えるが、フライトの予約を入れるときに諦めた@コバラムビーチ/インド
コバラムビーチからコモリン岬(カンニャクマリ)へ往復して、インド旅行の目的を達しました。@コモリン岬(カンニャクマリ)/インド
「最初のインド旅行」を一応無事に終えて、旅を振り返る。@コバラムビーチ/インド

トリバンドラムからコロンボへ飛んで、コロンボフォート駅からヒッカドゥワへ列車に乗る。@トリバンドラム〜コロンボ〜ヒッカドゥワ/スリランカ
列車の客引きに誘われて、ヒッカドゥワの民宿に決めると、泊まっていたイギリス人に「トマト(TOMATO)」の発音を注意された。@ヒッカドゥワ/スリランカ
ヒッカドゥワの宿を移動し、ゴール要塞まで、レンタルバイクでぶっ飛ばしました。@ヒッカドゥワ〜ゴール/スリランカ
コロンボの高速回転タクシーメーターは、詐欺だったのか、僕の勘違いだったのか、30年間考えてます。@ヒッカドゥワ〜コロンボ/スリランカ
防水カメラが防水でなかった話と、ホテルの水が塩っぽかった記憶。それから、スリランカについてまとめます。@ヒッカドゥワ/スリランカ
ヒッカドアビーチからゴール要塞へバイクで飛ばす@ゴール/スリランカ
ゴール 【世界旅行者は、ヒッカドアビーチでバイクを借りて、ゴールまで海岸をぶっ飛ばして往復したことがあったね】 
ヒッカドゥアビーチ 【ヒッカドゥアビーチへの列車で、駅へ着く直前に客引きに声をかけられて民宿へ行った】
クイーンズホテル 【キャンディの由緒ありそうなホテルに飛び込んだら、たった12ドルですごい部屋をもらった♪】
ホテルニッポン 【コロンボにホテル日本という宿があった、泊まった日に、ゾウ祭りがあり、ゾウの行進を見る】
インドからスリランカへの船旅[Rameswaram(India)-Talaimannar(Sri Lanka) ferry]
xxx
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx