メインバザールの安宿から、雑踏を抜けて、歩いて、レッドフォート(ラールキラー)へ。(旅の基本と応用を論ずる)@デリー/インド

昨日は、とうとう、アグラからデリーに到着した。
ニューデリー駅前の有名な安宿街メインバザールのホテルでも、特にボロボロの宿にチェックイン。
やはり、インド旅行といえば、メチャ安い宿に泊まらなければ、趣がないものね。
インドといえば、貧乏旅行が似合う場所だし。
インドに行って、大きな庭のある、高級ホテルに泊まったら、インド旅行の価値がない。
ゴミゴミしたメインバザールの汚い宿でないと、インドを旅した感動が得られない。
海外旅行には、基本というものがある。
基本を押さえておかないと、応用が利かない。
ヨーロッパ旅行の基本といえば、、ユーレイルパスを使った鉄道旅行
アメリカ旅行ならば、グレイハウンドバスに乗って、北米をバスに乗り尽くし
これが、海外旅行の基本の基本。
ただ、いまは、ネット予約をしまくって、要領よく旅をすることが主流になっている。
インド旅行も、一週間程度の短期旅行が目立つようになった。
現地の旅行代理店を使って、個人ツアーを組んだりして、要領よく旅をする人が多い。
でもそんな旅行では、インドの何もわからないんだ。
最初からインドを拒絶して、インドと敵対しているからね。
グレイハウンドのパスは、消滅したし、いまでは、誰も北米をバスに乗りまくる旅なんか、しなくなった。
でもある時代には、それが主流だったわけで、それは押さえておかないといけない。
何度も言ってきたが、ヨーロッパ旅行では、とにかく若いうちに、ユーレイルパスを使った、鉄道旅行をした方がいい。
そのあとで、好きになった国をじっくりと旅をするなり、留学したり、長期滞在したり、移住まで考えてもいいだろう。
それはそれとして、インド旅行にも基本がある。
とにかく、まず、一人旅。
あくまでも現地で見つけた鉄道やバスで旅をして、安宿も現地で飛び込みで見つけるのが、いい。
安宿に泊まり、現地の道ですれ違う人や、食堂で一緒になった人なんかと、旅の情報を交換する。
いろんな人に出会い、旅と人生を語り、ドジ話を交換しては、大笑いする。
もちろん、お酒を飲むのもいいし、成り行きで恋愛も生まれる。
こういった話は、この最初のインド旅行でも、いろいろあったし、これからもあるだろう。
例えば、これまでの旅でも、ダッカでは、日本人旅行者の集団と、ワイワイ楽しく過ごした。
ネパールのカトマンドゥでは、同じフランス人旅行者と、何度も偶然、観光地で出会ったりした。
ポカラへ行くバスでは、日本女性2人、男性1人と知り合い、友達付き合いをしていた。
ポカラではそのほかに、欧米人のトレッカーと親しく話をしていた。
身体を壊した日本女性を、ポカラからカトマンドゥへ連れて行って、入院の世話をした。
毎日病院へ通って見舞っていたし、白人美人女医さんとも親しくなった。
そうそう、この件で、日本大使館へも相談に行ったっけ。
ポカラからバラナシのバスでは、日本人男女カップルと親しくなり、一緒のホテルに泊まった。
彼らと別れてからは、カジュラホへ行ったが、ここにも日本人旅行者がいて、遺跡を見ながらオキラクに話をした。
カジュラホからアグラのバスでは、オーストラリア人の2人組と一緒になって、助けてもらった。
そうして、昨日デリーに到着したわけだ。
面白いのは、デリーのメインバザールの安宿街で、日本人旅行者に会ってないこと。
僕は基本的に、日本人旅行者を見かければ話しかける。
話しかけた記憶がないという意味は、いなかったということなんでしょう。
カジュラホでは、日本人旅行者が結構いたものだが、デリーで見かけないというのもおかしいね。
誰とも会わなかったのだから、ビールも飲まなかった。
デリーではこの時期、ビールが飲めるところは、簡単には見つからなかったしね。
このあとデリーにしばらく滞在していて、僕は「地球の歩き方」の地図を見て、酒屋を捜してまわった記憶がある。
そうそう、この時期、北インドは寒かったんだよ。
リキシャーマンが自転車で寝ていて、翌朝凍死していたというニュースが新聞に載ってたくらいなんだから。
ビールは、そんなに欲しくなかったはず。
最初のインド旅行では、お酒は、ほとんど飲まなかった。
それは、インドでのビールの値段が、他の物価に比べて高かったから。
記憶では、例えば、ホテルが一泊500円のときに、ビールの大ビン一本が、同じくらいしていた。
ホテルの一泊とビール一本の値段が一緒になれば、精神的に抵抗してしまう。
まあ、北インドでは、ビールは飲まなかったね。
これが、南インドへ行くと、ビールの値段も安くなり、気温も高くなるから、ビールを飲んでたけどさ。
おまけで書いておくと、北インドでは、チャーイというミルクティーを飲んでた。
南インドへ行くと、ミルクコーヒーになった(このコーヒーをキレイに注ぐのが、カッコよかったね♪)。
デリーに到着した翌日、メインバザールの安宿で目を覚まし、僕はとにかくインドの雑踏の中に足を踏み入れた。
行き先は、とにかく、レッドフォート(ラール・キラー)。
気楽に歩き出したが、結構遠かった。
ただ、初めての町を歩くのは刺激的だし、土地勘のないところでバスに乗るなんてできない。
リキシャーやオートリキシャーに乗ったら、どこへ連れて行かれるかわからない。
とにかく少々遠くても、地図を確認しながら歩けば、いつかは到着するものだ。
いまガイドブックを見ると、2km程度なので、まだまだ若かった僕にとっては、問題にならない距離だった。
レッドフォートは、じっくりと時間をかけて見てまわった記憶がある。
レッドフォートのあとで、近くにあったジャマーマスジット(モスク)、チャンドニーチョーク(混雑した商店街の通り)を歩いた。
これは、ただ、見て歩いたというだけだった。
ほとんど記憶にないからね。
デリー旧市街の雑踏を歩くと、人が多すぎて、とても疲れる。
とっとと、宿に戻って、ベッドにもぐりこみました。
旅では、とにかく、寝ていさえすれば、何とかなるものです。
この時期は、1月だったので、結構寒くて、それでまだ体力が持ったのでしょう。
猛暑の時期に、何時間も歩いたら、大変なことになる(僕はもう年齢なので、絶対にしませんが…)。
デリーは大きく、雑然としたオールドデリーと、官庁街のあるニューデリーに別れている。
今日はオールドデリーを歩いたわけだが、官庁街のニューデリーや他の名所を、歩きだけで観光するのは不可能だ。
こういうときに、観光客の頼りになるものは、「デリー市内観光ツアー」に参加することね。
このツアーで、日本女性とインド人男性のカップルに会ったんだが、その話は、次回に。
ただ、ツアーにどうやって申し込んだのか、記憶にないんだよ。
今のインド旅行だと、旅行会社に車を手配してもらった方が、スッキリするわけなんだが。
どうやって、デリー市内ツアーに申し込んだんだろう。
ま、書いてるうちに思い出すかしら。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx