デリーの一日ツアーに参加したら、インド人男性と日本女性のカップルと出会って、家に誘われた(いまも幸せですか?)@デリー/インド

1985年に来たところを、2007年に再訪した
デリーに到着して、メインバザールの安宿に泊まった。
そして翌日は、何はともあれ、「レッドフォート(ラールキラー)」を、往復歩いて見に行った。
オールドデリーの観光名所、レッドフォート、ジャマーマスジット、チャンドニーチョークを歩いただけで帰る。
正直、オールドデリーの雑踏に、精神が耐えられなかった。
しかし、デリーに来たなら、デリー観光はするもの(だって観光旅行なんですから)。
翌日は、自然と、「デリー市内観光ツアー」に参加した。
ここでよくわからないのが、どこでどういう風に申し込んだのか、記憶してないんだよなー。
観光旅行のパターンから考えれば、どんな安宿でも、フロントに相談して、フロントの人が電話をかけて、市内ツアーの席の予約をする。
料金をホテルで払って、ツアーのチケットをもらい、指定された時間にホテルで待っていると、車が拾ってくれる。
このシステムが、世界共通のはずなんだが。
僕はこのとき、どこかの道端で、観光バスを待ってた記憶があるんだ。
僕はいろんな経験もあり、知識もあるので、そういうシステムも経験してるけどね。
もう30年も前だし、どうやって申し込んだのか、わからないままでしょう。
ツアーは大型バスに、客は十五人くらい。
いまもこういう市内観光バスはあると思うけどね。
でも、デリーの場合は、旅行会社で車を手配した方が、行きたいところに行けるので便利。
いまのデリーでは、市内観光バスは必要ないのかも。
実際僕が2007年にインドへ行ったとき、車を運転手つきで借りた方が、自由度もあり、わがままも言えるのでよかった。
市内観光ツアーには、インド人と日本女性のカップルがいた。
もちろん、同じツアーバスにカップルがいた場合は、原則的には、声をかけるのを遠慮するのが、マナーです。
ガイドさんは、ベテランで、英語で説明をする(もちろん冗談を入れて)。
その説明に笑ったり、感心したりする。
一日ツアーなので、昼ごはんも含まれていた。
その時に、カップルの方から僕に、「日本の方ですか?」と声をかけてきた。
カップルに声をかけるのはマナー違反だが、カップルから声をかけられたら、話をしてもいいというサインだ。
もちろんカップルのことには興味があったが、どこまで聞いていいものかは、相手に決めさせるもの。

【これが、あの「錆びない鉄柱」だ】
インド人男性と日本女性のこのカップルは、日本で知り合って、結婚して、いまはインドに住んでいる。
どこで知り合ったかを書くと、誰なのか、わかる人にはわかるので、書きません。
興味深かったのは、インド人男性の家では、ウィスキーのビンを割って捨てる。
その理由は、捨てた洋酒のビンが、偽ウィスキーの容器として使われてしまうからだそうだ。
そういえば、「スラムドッグミリオネア」では、子供が、ミネラルウォーターのボトルに水道水を詰めるシーンがあった。
ミネラルウォーターよりも、洋酒の方が儲かるだろうしね。

インド人男性は、家柄もよさそうだし、日本語ができるし、なかなか優秀な人だった。
僕がインド旅行をしているというと、是非ボンベイ(現在はムンバイ)の家にと誘ってくれた。
この話に乗っていたとしたら、ひょっとして僕は彼の一族と結婚して、今頃インド財閥の一員だったかもしれない。
ただ、僕はそういうことが嫌いだったんだね。
いつものように、誘われても家まで行くことはないが、住所のメモをありがたく受け取る。
ところで、この一日ツアーというものの内容はだね、ほとんど記憶に残ってない。
はっきり覚えているのが、「デリーの錆びない鉄柱」だ。
これは、1985年にも見たし、2007年にも見たが、確かに錆もないままでした。
あとは、天文台の「ジャンタルマンタル」へも行ったね。
クトゥブミナールは、鉄柱のあるところだから、間違いなく行った。
インド門も見た。
それならフマユーン廟にも行った気がするが、確信が持てない。
僕はインド市内観光を、1985年には市内観光バスでやった。
2007年には、車を手配して、見てまわった。
その違いを考えると、のんびりしたいなら観光バスがいい。
短い時間でいろんなところを見たい場合は、車を手配した方が無駄がない。
僕は、ツアーバスでのんびりするのが好きだけどね。
思いがけない人と知り合えるし。
ところで、バスで一緒だった、インド人と日本女性のカップル、幸せな人生だったでしょうか。
たくさん子供がいて、賑やかな家庭でしょうか。
僕はあの後離婚をして、独りぼっち寂しく生きてます。
ま、それが僕の選んだ人生なんですけどね。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx