旅の荷物を日本に送るのに、結構手間がかかった。それもまた、旅の楽しみ。デリーのダラダラ滞在について。@デリー/インド

【ムンバイ、コルバ地区の郵便局前にて(2007)】
前回は、最初のインド旅行に持っていったが、邪魔にしかならなかったものについて、語りました。
まとめておくと、「小型双眼鏡」「短波ラジオ」「寝袋」「コンパス(方位磁針)」が、わざわざ金をかけて持って行ったのに、役に立たなかった。
でも、役に立たないからと、こういうものを日本へ送り返したかというと、そうではない。
小型双眼鏡は、特にかさばるものでもないから、引き続き、持っていた。
短波ラジオも小型だし、どこかで日本語の放送が入るかどうか、試すかもしれない(試さなかったけどね)。
北インドは、この季節、夜が冷え込んでるので、寝袋を送り返すには早すぎる。
オリエンテーリング用のコンパスは、これは、すでに壊れていた(涙)ので、捨てた。
それでは、なにを日本に送るのかというと、実は、ネパールのタメル地区で買った「セーター」なんだ。
日本女性がカトマンドゥの病院に入院するのを手伝って、セーターをプレゼントした話を覚えている人もいるだろう。
カトマンドゥは確かに寒かったのと、セーターの模様が気に入ったので、2着買ってた。
デリーは寒いけれど、セーターがなくても、スウェットシャツがあるのでしのげる。
これから南へ下れば、セーターは荷物になるだけ。
だから、セーター2着を、日本へ送る。
模様が面白いので、日本で着て「ネパールで買った」と自慢するのは、楽しいだろうからね。
ただ、このとき、僕の人間関係は、離婚しかかっている妻しかいなかったことに気がついてなかった。
だから、すべてムダだったんだけどね(涙)。
セーターを送るとなれば、ついでに何か送ったはずだ。
多分、お土産をわざわざ買って、送ったんじゃないかな。
それがなにか、全く覚えてないけれど。
しかし、郵送した荷物がどういうものだったかはどうでもいい。
デリーで、小包を日本へ送るときに、とても手間がかかったことが、話のネタなんだよ。
小包を作ることが、ホント一仕事だったんだから。
まず、セーターを持って、郵便局へ行った。
すると、セーターを入れる箱が必要だといわれる。
しかし、箱は売ってない。
聞くと、箱は自分で、見つけてこなければならないとか。
これは、日本でも、昔はそうだったから、不思議には思わなかった。
でもどこで手ごろな箱が見つかるだろう?
コンノートプレイスをうろついていたときに、地下商店街(パリカ・バザール)を見つけた。
適当な店に入って、優しそうなインド人に、箱がもらえないかと相談する。
すると、わざわざ捜して、適当な大きさのものを選んでくれた。
その時に話をしていたら、第二次世界大戦のあと、日本に駐留していたとか。
もちろん、僕の旅行についても話をする。
結局、箱を手に入れて、雑談することで、一日過ぎた。
そのあと送るものを箱に入れて、郵便局に行ったら、箱を布で、覆わなければならないと言われる。
この場合は、専門の業者がいて、その場所を教えてもらう。
業者さんは、箱を白い布で覆って、布を糸と針で、キレイに縫い付けるんだ。
これは僕の生まれて初めての経験だった。
白い布で、箱を覆って、そこに宛先の住所とかを、書く。
おじさんは、インクのほとんど出ないフェルトペンを使っていたので、文字をきれいに書けない。
僕は、日本から太いフェルトペンを持ってきてたので、それを使って、宛先を書く。
もう使わないと思ったので、小包を縫い付けるおじさんにプレゼントしました。
この日は、小包を作っただけで、一日が過ぎた。
つまり、デリーで僕は、小包を送るのに、「箱を見つける」、「箱を布で覆って縫い付ける」、「実際に郵便局で送る」、の3日間かかったんだ。
僕はこの時代まだてきぱきした人間だったから、3日間ですんだ。
でも、長期旅行のだらだらした感覚が身についてしまうと、小包を送ろうと考えてから、実際に送るまで、1週間かかることもごく普通だ。
「ホテル加宝物語」にも、「友人に品物を送るだけでも1週間かかる」という話があります。
まあ、この時期は、インド旅行も半分過ぎて、デリーに入って、身体も精神も休ませる時期だった。
ゴアへいくことは決まっている。
だって、バングラデシュのダッカには、ゴアへ行くと盛り上がっている日本人旅行者がたくさんいたからね。
ゴアへ行く前に、ボンベイ(ムンバイ)へ行くのも確実。
この時代は、ボンベイからゴアへの船があったので、それにのることも、ぼんやり考えていた。
デリーからジャイプールへ行くのは既定路線。
問題は、鉄道で行くのか、バスで行くのか。
それから、ラジャスタンの砂漠の城壁都市「ジャイサルメール」へ行くのかどうか。
結局最初のインド旅行では、ジャイサルメールへは行かなかったんだけれど、それには結構ドジな話がある。
だから、2007年の西インド旅行では、ジャイサルメールへ行ったんだけどね。
30年前の話だから、ぼんやりしか覚えてないけど、チベット雑貨の店が並んでる地区があった。
そこで、神様の像を買おうか買うまいか、2日ばかり迷ったこともあったね。
長期旅行では、次々と移動する旅も必要だけれど、一か所に留まってダラダラすることも必要なんだよ。
多分ね(笑)。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx