デリーでちょっと高めのホテルに一泊したが合わなかった。ジャイプールへのバスの切符を買ったが到着時間と乗車時間を誤解していた。@デリー/インド

【メインバザール/パハールガンジ(2007)】
デリーでは、メインバザール(パハールガンジ)でも、一番安いのではないかという宿に泊まっていた。
確かシングルで、1泊百円程度だったと思う。
でもちっとも、汚いとは思わない。
だって、学生時代に京都で下宿をしていたから、バスもトイレもない部屋には慣れてるし。
普通の人なら、もっといいホテルに泊まりたいと考えるかもしれないが、僕はどうでもいい。
自分が旅していると考えれば、どんなホテルでも、部屋でも、基本的には耐えられるもの。
イヤになったら部屋を出て、どこかへ移動してしまえばいいだけなんだから。
旅行者は、ホテルの部屋に対しては、それほど厳しくはない。
メインバザールの安宿に泊まって、居心地が悪ければ、すぐに移ろうと考えていた。
でも、宿はゆっくりと静かに寝られればそれでいい訳で、特に不満もなかった。
それに、インド旅行の基本は、貧乏旅行なんだ。
インド旅行者同士が、旅自慢をする場合、「どれだけ安い宿に泊まったか」という自慢は成立する。
デリーの観光としては、オールドデリーを歩いてレッドフォートを見たり、デリー市内一日観光ツアーに参加した。
これでだいたいデリー観光は終わりと考える。
続いて、荷物をチェックして、不要なものを日本へ送り返そうと思う。
いろいろ考えたが、結局、ネパールで買ったセーターを送る程度になった。
何日もかけて、デリーから東京へ、品物を送るという行為自体が、面白かった。
実は、僕はインドを信用してなかったので、品物が無事に東京へ到着するとは、期待してなかったんだけれど。
ネパールで買ったセーターを日本へ送る手続き自体が、興味深い経験だった。
海外から出した郵便物は、送ったことを忘れてしまったころに届くのが、感動だね。
これから15年ぐらいたって、アジア横断旅行をしていたとき、イランのバムという町から、使い終わったガイドブックなんかを日本へ送ったことがある。
このときも、ガイドブックの重さから開放されることがうれしかっただけで、無事日本に着くとは期待してなかった(それでもちゃんと到着しました)。
海外旅行というのは、ガイドブックに書いてあるとおりのことをしても、面白くない。
人がやったとおりのルートをなぞって、それで無事に旅を終えたとしても、意味がないと思わないかな。
宿に泊まるにしても、値段と安全を考えて、値段相応の平凡な中級ホテルにずっと泊まってたって、つまらないよ。
だったら、どんどん安いホテルに泊まって、どれだけ我慢できるか自分で確認したら、面白いのでは?
安宿に泊まって、お金が余ったら、最後は豪華ホテルに泊まるとかね。
僕は実際、この旅で思ったよりも安宿でやっていけたので、バンコクでは(その時代の世界5大ホテルといわれていた)「オリエンタルホテル」に泊まったよ。
さて、デリーから、次に行くのは、ジャイプールと決めていた。
その交通手段だが、普通は、鉄道を使う。
ところが、僕はバスの切符を買ったんだ。
これがなぜなのか、理由を思い出せないんだが、単に、デリーを歩いている時に、バス会社を見つけたんだと思う。
僕の性格の大きな欠点は、物事を深く考えないこと。
ジャイプールに行きたいと思って歩いていて、ジャイプール行きのバス会社を見つけたら、それが僕の運命だと考えてしまうんだ。
それで、切符に、例えば出発(DEPARTURE)の他に、集合時間(REPORTING TIME)があった。
その「REPORT」の意味が「出頭」だと、知ったのが面白かったね。
いま考えてみれば、普通は、ニューデリー駅から鉄道でジャイプールに向かうものだろう。
だって、鉄道に乗るのはカンタンだが、バスの発着場所を調べること自体が面倒くさいんだし。
でもとにかく、バス会社を見つけたので、オフィスに入っていって、いろいろ質問した。
その時に、バスの到着時間を午前6時だと誤解したんじゃないかな。
オフィスでは、ジャイプールまで6時間と答えたんだろう。
それを、僕は、午前6時到着と、勘違いした。
ガイドブックを読めば、カンタンに「デリーからジャイプールまで、バスで6時間」程度の情報は見つかる。
でも僕は、バス会社で適当に聞いた話で、まあデリーを夕方出れば午前6時ごろにジャイプール到着するものと、思い込んでいた。
だから、勝手に、デリーからジャイプールまで12時間程度と考えていた。
海外旅行の大原則は、「到着時間から、出発時間を決定する」わけだからね。
到着時間を、はっきりと確認すべきだった。
でも何かを思い込んでいると、疑わないものなんだよね。
このあと、世界一周旅行中に中米を下っていたとき、メキシコのサンクリストバルデラスカーサスからパレンケまでのバスに乗ったことがある。
この時はバス会社で「乗車時間が5時間」と聞いたのを、「到着が午後5時」だと誤解していたんだが。
教訓としては、「バスの乗車時間と到着時間を間違えないように」ということになりますかね。
でもまあ、いまの旅行者は、ちゃんと調べて、計画を立ててるでしょうから、僕みたいなドジ話はないでしょうけどね。
あと、デリー滞在中は、メインバザールの安宿にずっといた。
1泊百円程度だったので、特に不満もなかったが、ふと、ちょっと高めのホテルに泊まろうかと、考えた。
それで、わざわざメインバザールを出て、ガイドブックにあった一泊2千円程度のホテルに泊まってみた。
でも、高級ホテルというわけでもないし、話のネタにもならない、中途半端な宿でした。
ホテルというものは、高ければそれだけ快適ということにはならない。
だって、安宿なら、ヒゲを剃らなくて汚れた服でも気にならないが、中級ホテルだと部屋から出るにも、身だしなみに気を使うしね。
自分は安宿向きの人間だと、確認したのはよかった。
さて、いろいろあったが、デリーはこれでオシマイ。
ジャイプールへ向かうバスの出発時間まで時間を潰す。
夕方になって、バス会社のオフィスへ行くと、日本女性が2人いた。
でも一応指定席になってたので、特に話はしませんでした。
バスはスムーズに走る。
問題は、僕はバスが翌朝にジャイプールに着くと、思い込んでること。
バスで揺られながら、考えていると、「ひょっとして、ジャイプールへは、もっと早く着くんじゃないかしら」と気がついた。
真夜中に、結構大きな町について、人の入れ代わりがあった。
そのあと気になってきて、バスの世話係りの人に、「ジャイプールには、いつ着くの?」と聞いた。
このときに僕が完全に誤解していたことが発覚しました。
ジャイプールは過ぎていた。
バスの世話人は、あわてて僕を道端でおろした。
僕は、真夜中に、トラックが何台も泊まっている、サービスエリアみたいなところで、呆然と立ちすくんだ。
さて、どうなってしまうんでしょう。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx