旅に出てはじめて、自分には何が必要で何が不要か、理解できる。間違いがないのは、何も持っていかないことだ。@デリー/インド

【ムンバイ、コルバ地区の郵便局前にて(2007)】
1984年から1985年の、僕の最初のインド旅行では、日本にいるときに、いろいろ勉強して(旅行会社の説明会にも行った)、それなりに準備をした。
もちろん、いくら日本で旅行ガイドブックを読んでも、持ち物リストを作っても、実際に旅したら、考えていた状況とは違っている。
例えば、インドで一番心配していたのは、飲み水のことだった。
普通でも「水が変わるとお腹を壊す」というし、インドはとにかく不潔だと思ってたので、これが一番不安だった。
防災用品として泥水でもキレイにするストローとか、浄水タブレットとかを持っていこうかと悩んだものだ。
しかし、現地に行けば、熱いチャーイ(ミルクティー)がいつでもどこでも飲めるので、全く心配することはなかった。
まあ、食堂で出てくる、コップに入った水を飲むか飲まないか、ここは悩むけどね。
インドに慣れている人は飲んじゃうみたいだ。
僕は、出来るだけ飲まないようにしている。
チャーイを飲んでたし、ビールが飲めるところなら、ビールにするしね。
だから、普通の人は、チャーイを飲んでいれば大丈夫だと思います。
あと、ミネラルウォーターを飲むことかな(でも、ミネラルウォーターのニセモノもあるらしいです)。
飲み水の次に心配なのが、トイレで、トイペを使わずに、水で流すこと。
これは、日本でもウォシュレットが普及したので、抵抗のない人が増えたと思う。
ちゃんとしたホテルだと、トイペも用意されてるしね。
また、トイペは、テーブルを拭いたりいろいろ使えるので、とにかく荷物の隙間に詰めて、持って行くものです。(「旅の持ち物」参照)
インド旅行の心配、飲み水と、トイレの水の件は、現地へ行けばカンタンに解決した。
旅では、持って行かなかったことで後悔することはほとんどないが、持って行って後悔するものは多い。
「わざわざ旅のために購入したのに、全く使わなかった」というのが最悪だね。
安いものでもないので、捨てるに捨てられず、日本に送ることになる(または、我慢して持って歩く)。
もともと旅のためだけに買ったのだから、日本でも使わない。
持て余すだけだから、どこかへ行ってしまう(涙)。
僕がこのインド旅行で失敗したのは、「8倍の小型双眼鏡」を買ったこと。
ガイドブックを読んでたら、ネパールの山を見るのに、双眼鏡が必要と書いてあった。
それで、渋谷のヨドバシカメラで、わざわざ買ったんだよなー。
1万円程度だったが、この程度の倍率の双眼鏡で山を見ても、ほとんど違いはなかったし(涙)。
多分、捨てたか、自然とどこかへ行って、全くのムダだった。
あと、結構高かった、ソニーの短波ラジオも、持て余したね。
一度だけ、バラナシで紅白歌合戦を聞いたことだけが、良かったかな。
その後は一度も使わず、ラジオのつまみが外れたので、南インドのコバラムビーチで売ってしまおうと考えた。
でももちろん、ソニーの短波ラジオが、インドで納得できる値段で売れるはずもない。
日本へ持って帰ったが、これもほとんど使わないまま、どこかへ行ってしまった。
寝袋(Sleeping Bag)も問題だった。
これも、わざわざ買ったんだが、ほとんど使わなかった。
一度だけ、ジャイプール駅で床に寝たときに、30分程度使っただけだ。
そうそう、この時は、わざわざ「オリエンテーリング用のコンパス」を持っていった。
プラスチック製で、二千円ちょっとしたが、とても壊れやすいと思ったとおり、すぐに壊れたので、全く意味がなかった。
今では、100円ショップでコンパス程度は安く売ってあるので、持って行ったらいいでしょう。
僕は、歩きながら、自分がどの方向へ歩いているか、自動的に判断しているようだ。
2000年にニューヨークの「セントラルパーク」で方角がわからなくなった美女に、的確に位置を示したら、急に「好き」と告白されたこともあるよ。

このように、僕の最初のインド旅行には、ずいぶん無駄なものを持っていったものだ。
インド旅行のイメージが悪かったので、慎重すぎたんだろうね。
それだけ、この「最初のインド旅行」には、思い入れがあった。
僕には、この時期、「インド長期旅行をしなければ、一生、普通の人間で終わってしまう」という恐怖感があったんだね。
今回は本当は、インドから不要な荷物を郵送したときの話を書こうとした。
ところが、インド旅行で不要だったのもをリストアップしただけで、終わっておきます。
インド旅行に不要なものは、写真もある。
また、コンピューターやケータイ(スマホ)も不要だと思う。
ただそれは、旅行哲学の問題になるので、また項を改めて、論じてみたいと思います。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx