コロンボの高速回転タクシーメーターは、詐欺だったのか、僕の勘違いだったのか、30年間考えてます。@ヒッカドゥワ〜コロンボ/スリランカ

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
南インドから、スリランカへ飛び、コロンボから列車に乗って、ヒッカドゥワの民宿に泊まった。
昨日は、ヒッカドゥワで、民宿から海岸沿いの小さなホテルへと移動。
オートバイを借りて、要塞都市ゴール(GALLE)へと、海岸沿いの道を、ノーヘルでブッ飛ばした。
ここでしばらくのんびりと過ごしたいところだが、そうは行かないのが、海外個人旅行の面倒なところ。
僕はこの旅行の航空券を日本で手配済みだ。
日本で手配した切符は、東京〜バンコク、バンコク〜ダッカ〜カトゥマンドゥ、コロンボ〜バンコク、バンコク〜東京というものだった。
日本からバンコクの往復は、パキスタン航空。
バンコクからカトマンドゥは、バングラデシュ航空。
自分で買った、トリバンドラムからコロンボの切符は、エアランカ。
コロンボからバンコクも、エアランカだった。
先にも書いたが、インド旅行は、思った以上に安く済んだ。
だから、お金はまだあるが、帰国の日付が決まっている。
日本にも、もちろん帰らなければならない用事があるのだが、数日なら遅らせることは可能だ。
帰国便の変更ができればね。
僕は、パキスタン航空のバンコク〜東京の日付を変更しよう(遅くしよう)と考えた。
東京へ帰る日付が変更できれば、観光客の少ない、コロンボからバンコクのフライトは変更できるだろう。
バンコクへ行く日付を変更できなくても、タイでしばらくのんびり出来る。
この時期、コロンボからバンコクへ、パキスタン航空(PIA)は飛んでなかったが、コロンボにはパキスタン航空のオフィスがあった。
だからとにかくコロンボへ行くことにした。
ホテルの人に聞くと、コロンボへ行くにはマイクロバスが便利だとのこと。
ヒッカドゥワへ来たときは鉄道だったのだから、「世界旅行主義」として、同じ乗り物は、使いたくない。
それに、マイクロバスは頻発していたので、予約の必要がない。
当然、マイクロバスに乗っていきました。
ただ、このバスがぶっ飛ばすこと半端ない。
この時代(1985年)のスリランカでは、道路にレーンを分けるラインがなくて、どの車も中央寄りを走っていた。
だから、対向車とぶつかりそうになるのは当然。
それを芸術的に、ぎりぎりですれ違う。
心臓に悪いです。
コロンボに着いて、まず、パキスタン航空のオフィスへ。
普通の平屋建ての民家がパキスタン航空のオフィスでした。
オフィスのお姉さんは、予約変更はバンコクでやってくれとの、愛想ない返事。
ただ、予約の変更は無理な感じだった。
僕も、どうしても変更したいというのではなく、帰国を遅らせられたら儲けものという感じ。
「パキスタン航空のバンコクから東京の予約をコロンボのオフィスに行って変更しようとした」ことが、いい経験だった。
このオフィスからコロンボの中心部への帰り道だったと思うが、海岸沿いで、タクシーに乗った。
すると、タクシーメーターがものすごい勢いで回って、ぼったくられてしまったという苦い経験がある。
このあと1996年の2回目の世界一周旅行で、ジンバブエの首都ハラレで乗ったタクシーでも、メーターが高速回転した。
ただそのときは、高速でメーターが上がっても、料金自体はぼったくられてはなかった。
ジンバブエの場合はただ、メーターの料金の区切りが細かく取ってあるので、料金の数字が常に動いている、というだけだった。
僕が今でもふと思うのは、ひょっとして、ぼったくられたと思ったのが勘違いではなかったかということ。
料金の桁を間違えて、100倍(または10倍)払ったんじゃないかと思うんだよね。
というのが、このあとの世界一周旅行で、中米コスタリカで、「バス料金を百倍払った」ことがあるんだ。
僕は、スリランカで、タクシー料金をぼったくられたのか、僕の勘違いだったのか、永遠の謎です。
海外旅行で思い出すのは、こういうどうでもいいことが多いんだ。
続いて、確か、政府管理の宝石店へ行った。
スリランカは、宝石で有名で、買いに来る人も多い。
僕はスリランカへ宝石の買い付けに行くという日本人と、どこかで話をしたことを覚えている。
ただ、宝石というものは、ニセモノが多い。
だから、スリランカ政府の鑑定所があったのだと思う。
僕は観光の一部として、政府の鑑定所に行って、宝石を見た。
でも、当然の話だが、いいものはそれなりの値段がする。
今でも東南アジアでは、宝石詐欺が横行している話をよく聞くが、素人は最初から手を出さないのが賢いよ。
町を歩いていても、声がかかって、宝石を買わないかという話になる。
僕も南インドのコバラムビーチの宝石屋で、ムーンストーンのブレスレットを買おうかと、悩んだことがある。
日本にいた女の子にプレゼントをしようと考えたんだ。
ちゃんとした宝石を買うお金はない。
ただ、せっかく宝石で有名なスリランカへ来たのだから、プレゼントをしたい。
これは、プレゼントをしたいという純粋な気持ちだけだった。
つまり、「自己満足」だったわけだ。
一流ホテルの中の宝石店で、中途半端な値段のものを買ってしまった。
日本に戻って、プレゼントしたが、相手もどう扱っていいか、困っただろうね。
ここで「中途半端なプレゼントは、みんなの迷惑」という新しいテーゼが出来たわけだ。
それ以来、僕は、安いもの、笑えるものしか、プレゼントしなくなったよ。
コロンボ自体には、街中に立つ時計塔程度しか名物はない。
それを見たら用事は全部済んだので、またマイクロバスに乗って、ヒッカドゥワへ戻りました。
帰国便が変更できなかったので、あとは、古都キャンディを見て、タイへと飛びましょう。