コーチンでボートに乗ってあちこちうろつき、観光案内所でホテルを見つけてもらう。名物のチャイニーズフィッシングネットを見る@コーチン/インド

【バックウォーターボートの屋根の上にて(1985)@ゴア/インド】
ゴアを出て、長距離バスと列車を乗り継いで、コーチンに着いたのは、朝だった。
天気も非常によくて、まだ午前中で、宿はもちろん、まだ決めてなかった。
が、コーチンで泊まるのは間違いない。
だって、コーチンは、普通のインドの町とは違って、特徴があって、見るべきものもあるしね。
コーチンは、昔から名の知られた貿易港だった。
港を中心に発展してきたので、町を見るには、ボートで移動しなければならない。
僕のように観光旅行で来たものとしては、海を常に意識しているわけだ。
貿易港といっても、ムンバイのような、素っ気ない景色ではない。
南インドのコーチンは、海の色もきれいだし、気温も高く、気分がハイになるんだ。
建物も、エキゾチックで、屋根瓦がオレンジ色に揃っていた(1985年の僕の記憶です)。
やはり南インドに来ると、違うね。
列車でコーチンに着いた僕は、まずガイドブックを読んで、地図を見て、今日の予定を立てようと考える。
コーチンの港に面したレストランに入って、朝食をとりながら、今日の計画を立てる。
チキンカレー程度を頼んだら、「ナン」が出てきた。
この時代(1985年)だと、ナンはまだ珍しい食べ物だった(少なくとも僕は知らなかった)ので、軽く驚いた。
ナンは、チャパティよりも厚くて、柔らかくて、おいしいので、お代わりをしたよ。
今では近所のインド料理やでは、ランチタイムにはナンの食べ放題サービスがある。
僕は行ったことないけれど(涙)。
腹ごしらえができたところで、当然宿探しだ。
この時代、観光案内所は、島の方にあった。
バックパックを背負って、ボートに乗って観光案内所へ行き、近くのホテルを紹介してもらう。
コーチンの場合、はっきりした安宿街もなかったし、まあ一応、コーチンでは島の方で泊まるのがいいとおもったからね。
ホテルにバックパックを置いて、身軽になって、外へ飛び出す。
それからボートと歩きで、観光に移った。
コーチン市内観光ツアーに参加したのかどうか、はっきりしない。
記憶をよみがえらせる為に、手許の「地球の歩き方」をパラパラめくってみる。
コーチンでは、有名観光地として、4つ載っている。
「ダッチ・パレス」「シナゴーグ」「聖フランシス教会」「チャイニーズ・フィッシング・ネット」だ。
ダッチパレスといえば、オランダ人が住んでいたところだろう。
シナゴーグとは、ユダヤ教の教会だから、ユダヤ人がいた場所だろうね。
聖フランシス教会には、なんと、「ヴァスコ・ダ・ガマ」の墓があったという。
一度ここに埋葬されて、遺体は、また本国へ移動されたそうだが。
僕の記憶にあるのは、シナゴーグへいったことかな。
あとは町をうろうろしただけだろう。
コーチンでは市内観光ツアーには参加しなかったようだね。
いや、シナゴーグまで一人で見に行ったというのは出来すぎかも。
だったら、いつものように、ボーッと市内ツアーに参加して、説明はあんまり聞かずにいたのかも。
もう30年前のことなので、どちらでもいいどさ(笑)。
ツアーに参加したかもと思ったのは、チャイニーズフィッシングネットを、じっくりと見たような記憶があるから。
チャイニーズフィッシングネットは、ボートで行き来するときに遠くからは見えるけれど、なんかもっとちゃんと見た気がするんだよなー。
というわけで、コーチンも一日で見てしまった。
明日は、アレッピーへ移動して、バックウォーターボートに乗る予定です。