「インドでの宿の見つけ方」&コーチンからバスに乗り、バスを乗り換えて、バックウォータークルーズの出発点アレッピーへ。@コーチン〜アレッピー/インド

【バックウォーターボートの屋根の上にて(1985)@ゴア/インド】
コーチンへ朝着いて、観光案内所で、ホテルを紹介してもらった。
よく考えてみたら、インド旅行をしていて、観光案内所でホテルを紹介してもらったのは、これが初めてだ。
何か特別な理由で、ホテルが見つけ辛かったのかな。
僕は今でも、コーチンの観光案内所のおじさんとホテルのことで話したシーンを覚えてる。
インドでは、観光案内所があっても、ホテルを紹介しないのが、普通だ。
インドでも観光案内所へ行ってホテルを見つけると誤解した人がいたらマズイので、念のために書いておきますね。
インドで宿探しをするなら、「Lonely Planet India」を参考にすればいい。
僕は、インド旅行をするとき、「Lonely Planet」を持っていくが、宿は予約無しの飛び込みで、簡単に見つかるもの。
宿の心配をして、日本からネットで、中途半端なホテルを予約したら、間違いなく高いよ。
だいたい、「宿は、自分の目で見て、飛び込みで決める」のが、旅の王道だからね。
それに、その日に自分の目で見て決めたホテルならば、安心だし、逆に言うと「(ダメだったとしても)諦めがつく」。
でも、ネットという電子パンフレットをいくら読んでも、間違い情報がたくさん入るだけだ。
ネットでホテルをいくつ見ても、旅のことはわからない。
ネットでホテル検索しても、正しい判断は出来ず、ただ時間を無駄にして、目が疲れるだけだよ。
ま、「インドにはホテルはたくさんあるので、部屋は簡単に見つかるもの」という原則を確認したわけです。
インドはとにかく人が多いので、観光客なんか、その中に紛れて、ちっとも目立たないんだから。
もともとホテルが観光客でいっぱいなんてことは、ありえないんだよね。
僕がコーチンで、観光案内所でホテルを見つけたのも、雑談の中で、適当に教えてもらっただけだと思う。
さて、「ネットでホテルを決めるのは、旅の素人さん」という大原則を確立した上で、今日の話に移ろう。
今日は、コーチンから「バックウォーターボート」の出発点、アレッピーへ移動する話だ。
コーチンの島の宿では、朝は、ゆっくりした。
というのが僕は、今日の移動は、アレッピーまでと決めていたから。
いま調べると、コーチンからアレッピーまで、バスで一時間半程度で移動できるみたいだ。
僕が行ったときは、もっと不便だったとしても、2〜3時間で行けたのでは?
今日アレッピーに着けるのは間違いないし、(今日切符を買えば)確実に、明日のバックウォーターボートにも乗れる。
だから、何の心配もなく、観光案内所のおじさんに挨拶をして、ボートに乗って、本土へ渡る。
バスのあるところへ行って、ちょっと聞けば、どのバスに乗るのかわかった。
南インドでは、北インドのように、神経を使って、ピリピリすることはない。
このまま南へ行きさえすれば、カンニャクマリ(コモリン岬)へたどり着くはずなのだから。
ま、こういういい加減な感覚になったとき、南インドを旅しているんだなーと、感じるわけだ。
コーチンを出たローカルバスは、しばらくして、小さなバスターミナル(広場)のようなところへ着いた。
バスを乗り換えるとは全く考えてなかったので、ターミナルにいた人にアレッピー行きのバスを聞きまくる。
現場責任者のような人が、「バスが来たら教えてやるから、ここで待て」と言ってくれた。
僕が驚いたのは、この人が、片足が(太ももから先が)なかったことね。
それでいて、元気一杯で、大声で話しながら、バスの流れを仕切っていた。
いまは日本でも、車椅子の人が外へ出ることも珍しくない。
ただ、日本では、1985年だと、ちょっとでも身体に障害があると、外ではあんまり見かけなかった。
だから、彼の存在は、僕にとっては、結構感動的だった。
「インドでは、片足がなくても、堂々と仕事をしているんだ!」ってね。
僕の最初の世界一周旅行でヨルダンのサービスタクシー乗り場でも、片足のない人から、いろいろお世話になった
インドの場合は、その前だったから、印象が強いのかな。
僕の乗るバスが来たら、彼は僕をバスまで連れて行って、バスのスタッフに声をかけてくれたよ。
乗り換えたバスは、それほど時間もかからず、今日の目的地アレッピーへ到着。
時間に余裕があると、トラブルも楽しめていいね。
まず、明日乗る予定のバックウォーターボートの船着場を確認。
とっとと切符を買ってしまった。
ホテルは、船着場近くで、そのころの僕の目ではかなり立派なところにした。
もちろんこのホテルも、飛込みで部屋を取りました。
時間にも余裕があったので、ふらふらと町を見て歩いたりした。
ホテルはまともで、スタッフの態度もいい。
たまたま、ホテルでは、何かの集会をやっていた。
ホテルのマネージャーが僕を、なぜか、地元のお偉いさんに紹介して、僕は握手をして、一般的な挨拶をした。
誰かと誤解したんだろうとは思ったが、それは聞かなかった。
僕はただの世界旅行者です(笑)。
明日は、バックウォーターボートで、クイロンへ向かいます。