コバラムビーチからコモリン岬(カンニャクマリ)へ往復して、インド旅行の目的を達しました。@コモリン岬(カンニャクマリ)/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
旅をするときに、何か一つ目的を持っておくと、計画が立てやすい。
また、旅の満足度も上がるものだ。
例えば、パリに行くなら、(もちろん人それぞれだが)「エッフェル塔に上る」とか「シャンゼリゼを歩く」だとか、一つ決めておくといい。
そうすると、旅先でトラブルがあって、予定した観光が全部は出来なくても、目的として決めていた、一つだけ出来れば、満足できる。
この文章を書いている2014年現在だと、フランス旅行をする人は、「モンサンミッシェル」が目的の人が多いようだ。
また、南米だとボリビアの「ウユニ塩湖」が人気になっている。
そこが、実際にすばらしいかどうかは別にして、一つの旅で一つの目的を持っていれば、それが達成できれば、いいだろう。
実際の旅では、予定通りに行かないことがあって、そのトラブルの方が面白かったりするけどね。
インド旅行の場合は、短期旅行では、普通は、「ガンガー(ガンジス川)で泳ぐ」とか、「タージマハルを見る」ことが目的になるだろう。
もっと旅行期間が長ければ、「アジャンター石窟」 「エローラ石窟」へ行く人もいるだろう。
若者ならば、ゴアのビーチへ行くのも、まだあるかもしれない。
ただ、インドを北から南へ縦断した場合、インドの南の端の「コモリン岬(カンニャクマリ)」を目的地とすることが多いのでは?
そこになにがあるというわけでもないけどね。
昔ユーラシア大陸横断旅行の場合は、日本を出て、アジア横断をして、イスタンブールから、ヨーロッパへ入り、最終目的地は、ポルトガルの「ロカ岬」というのが定番だった。
だから、インドを縦断したら、南の端の「カンニャクマリ」へ行くものだった。
しかも僕は、コバラムビーチでだらだら過ごしているのだから。
コバラムビーチでは、ホテルのスタッフや、現地の商売人などと世間話をしていると、自然とカンニャクマリへの行き方はわかった。
コバラムビーチからカンニャクマリへ行くローカルバスがある。
いまだと、ツーリスト用の観光バスがあるかもしれません。
僕が行ったのは、ローカルバスで、他に観光客らしい人は乗ってなかった。
海外旅行の原則として、朝早く行動を起こす。
前日に調べておいた、朝一番のバスに乗る。
このバスの時間については、記録がありませんが、なにしろ30年前の1985年のことなので、あっても意味がないでしょう。
でもとにかく、朝一番で動き出すのが、海外旅行の原則です。
バスを乗り換えたのかどうかの記憶もない。
ただ、途中でちょっとした休息があって、子供たちがバナナを売りに来たのを覚えている。
バナナにもいろんな種類があって、このときに、ずんぐりむっくりした、小ぶりのバナナをはじめて食べた。
すると、すごく甘くて、おいしかったが、このとき以来、めぐり合ってません。
カンニャクマリでバスを降りて、南端まで歩いていくが、特に人が多いわけでもない。
観光客向けの店もあったが、僕のそのときの感覚では、お土産を買う気もなく、ざっと眺めて通り過ぎる程度だった。
カンニャクマリからは、沖の島(岩礁)へのボートが出ている。
そのボートに乗ったが、ものすごく揺れて、かなり危険だと感じた。
カンニャクマリは、インドの南の端で、ベンガル湾、インド洋、アラビア海が一度に見られる。
僕のその時の印象だが、一つの海の波だけが高くて、季節風の影響なんだと思った。
ただ、それが正しいかどうか、わかりません。
沖の岩礁には、神様が祭られていたが、ギンギンギラギラに、電飾で飾られていた。
帰りのボートでは、揺れがますます激しくて、身の危険を感じました。
あの調子では、年に何回か転覆事故が起きていそうなものだが、ニュースを聞かないので、大丈夫なのでしょう。
この岩礁の名前は、「ヴィヴェーカーナンダ岩(VIVEKANANDA ROCK)」らしいです。
僕の記憶では、ヴィヴェーカーナンダ岩へ往復するボートが、転覆しそうで怖かったこと。
あと、岩に飾られている神様の装飾が、ギンギンに派手だったこと。
この程度の思い出しかありません。
カンニャクマリにいたのは、短時間で、昼飯も食べず、ビールも飲まず、感慨にふけることもなく、帰りのバスに乗りました。
コバラムビーチに戻って、日本人仲間のいる、ビーチのレストランへ行った。
「カンニャクマリに行ってきたよ」と声をかけたが、誰も興味を持たなかった。
僕も特に話すことはないので、いつものように、静かに世間話をしていました。
バスは、片道3時間程度なので、往復6時間。
十分に日帰りできますから、朝早く行動を起こせば、コバラムビーチには、明るいうちに戻ってこれます。