アレッピーからクイロンへ、バックウォータークルーズで9時間。日本女性と日本の若者に会うがエンジン音がやかましくて話せず。@アレッピー〜クイロン/インド

【バックウォーターボートの屋根の上にて(1985)@ゴア/インド】
コーチンから、ローカルバスを乗り継いで、アレッピーへ余裕を持って到着。
バックウォータークルーズのボートの船着場のすぐ横の、まともなホテルに泊まった。
翌日のボートの切符も購入。
僕は乗客はそんなに多くないと、予測していた。
というのが、コーチンでも観光客はそんなに多くなかった。
コーチンからアレッピーに移動するときのバスでも、欧米人も日本人も、見かけたことがない。
昨日軽くアレッピーの町を歩いたときも、観光客らしい姿は見かけなかった。
バックウォーターボートに乗る人も、ほとんどいないだろう。
すると、バックウォーターボートもガラガラで、のんびりゆったりとした船旅になることだろう。
時間潰しには、読む本も持ってるし、全く問題はないはず。
ところが翌朝、船着場へ行って、ビックリした。
船着場に、欧米人の旅行者がずらりと並んでいたからだ。
僕が乗ったボートは、バックウォータークルーズ専用に作られたであろうボート。
三人掛けの木製の座席が左右にあって、中央は通路になっていた。
後方に荷物置き場があったような気もするが、ほとんどはバックパッカーなので、置き場所がすぐに埋まる。
荷物置き場におさまらなかった僕のバックパックは、通路に置かれて、みんなが踏んで歩くことになったよ。
まあ、別に気にはしなかったけどね。
通路には他のバックパックも並べられていたんだし。
ところで、この日のバックウォータークルーズの参加者は、ほとんどが白人だった。
団体かとも思ったが、それぞれ別々に旅をしているようだ。
サイクリストも3人いて、自転車をボートの屋根の上に置いた(上の写真参照)。
日本人も2人いた。
一人は、なかなか美人の日本女性。
ただ、白人男性と一緒で、べったり引っ付いていた。
こういうタイプの女性は、昔はよくいたんだが、白人と付き合っていて、日本人を無視するタイプ。
最初のインド旅行では、白人と一緒の日本女性は、あちこちで見かけた。
大原則として、外国人と日本人の男女カップルがいた場合は、特別な事情がない限り、声をかけられないからね。
デリーでインド人男性と日本女性に会ったときも、自分から声をかけなかったことを思い出してください。
だから、日本人だとはわかったのだけれど、話すことはなかった。
日本女性も、「話しかけないで」というオーラを出してたからね。
あと一人は、日本人の若者(学生か、会社を辞めた人)。
彼は自分から僕に話しかけてきた。
ただ問題だったのは、このボートは、エンジン音がメチャうるさかったこと。
落ち着いて旅の話ができる状況ではなかった。
恋人同士ならば、顔をくっつけて話すことができただろうが、男同士では、そこまではしません。
それと、ボートに何時間も乗ってると、疲れちゃって、ボーッとしてたんだよね。
新しい人と話をする気力がなくなっていたので、ちょっと愛想悪かったかもしれません。
それはそれとして、途中で食事を取る休息もあったかどうか、覚えてない。
結局このボートで、アレッピーからクイロンまで、(いまのガイドブックによると)8時間以上かかるらしい。
僕のときは、朝の9時ごろにアレッピーを出て、クイロンにはちょうど日が暮れかかるころに到着した。
ネットでチェックすると、クイロンの冬の日没は、午後6時半ごろだとか。
だったら、到着は、午後6時ごろだろう。
だから、9時間程度かかったのではないかな。
ほとんど移動ができないままで、座席に座って、9時間は、正直疲れたよ。
屋根の上にあがったことも、気分転換だったんだけれど。
同じように屋根に上っていた、白人男性に写真を撮ってもらって、それが最高に気に入ったんだよなー(上の写真)。
僕は、本さえあれば時間潰しはできる。
バックウォーターボートからの風景は、すばらしかったけれど、ずーっと同じ景色を見ていると、飽きちゃうよね。
まあ、バックウォーターボートに乗らなければ、アレッピーからクイロンまでバスで2時間程度の移動らしい。
でもやはり、本格的な旅行者としては、ここは8〜9時間かけて、ボートで移動するだろうね。
念のためにネットで旅行記をチェックしてみたら、アレッピーからクイロンの全行程を旅する人は、多くないようだ。
バックウォーターを短時間で観光するボートもあるみたい。
現在の様子は、読者が調べてください。
なにしろこれは、1985年の旅の話ですからね。
クイロンでボートを降りたら、だんだん暗くなる時刻だったので、一番近い安宿へ飛び込んだ。
その部屋に網戸があったのだけど、網戸が破れていて、蚊の死骸がたくさん引っかかってたのが、怖かった。
どこで食事をしたとか、そんなことは全く覚えてない。
でも、クイロンへ到着すれば、明日はトリバンドラムへいけるでしょう。