それほど人気のない町アーメダバードだが、僕は、1985年と2007年に立ち寄っている。その理由を考えてみる。@アーメダバード/インド

【アーメダバード駅(AHMEDABAD STATION)前の風景】
僕は1985年に、アーメダバードに立ち寄った。
この時は、ウダイプルからボンベイ(このころはまだムンバイではなかった)へ行く途中に、旅程を分割して、無理をしないように考えたからだ。
ウダイプルからアーメダバードへ昼間の列車に乗った記憶がある。
現在の時刻表は、ネットで調べられます。
ウダイプルを朝発って、夕方ごろにアーメダバードへ到着した。
9時間程度かかるので、昼間をまるまる移動に使った。
アーメダバードは、観光地ではなくて、この時代のガイドブックにも載ってない。
暗くなりかけた街をバックパックを背負って歩いて、HOTELという看板のある所へ行ったら、レストランでした。
街を歩いていたインド人紳士に声をかけて、ホテルの場所を聞いTら、バックパッカー向きの宿を教えてくれた。
かなりくたびれたホテルだったが、駅に近ければそれでいい。
この日はベッドで寝れさえすればいいのだから。
汲み置きの水で体を流して、とっとと眠りに着く。
身体のことを考えれば、昼間移動して、夜はホテルで寝るのが一番だ。
時間の余裕がある人は、列車移動を昼間にして、夜はホテルのベッドで寝ることを基本にすれば、間違いはない。
続いて僕は、アーメダバードから、ボンベイへ移動した。
これも、だいたい9時間程度かかる。
9時間ならば、昼間移動して夕方つくこともできる。
しかし、ボンベイは、昔から宿探しが面倒だというので悪名が高い。
慢性的にホテルが混んでいて、ホテル代が高い。
こういいうときは、予約せずに、飛び込みで行くのがいい。
飛び込みで宿を探すには、午前中にボンベイに着いて、チェックアウト時間にホテルへ行くのが、賢い旅程の立て方。
そう考えて、早朝にボンベイへ到着した記憶がある。
早朝にボンベイに着くためには、夜行寝台列車に乗ったはずだ。
切符も特にトラブルもなく、スンナリと入手できた。
2007年にテーマを「西インド」として旅をしたときは、ジョードプルからの夜行寝台バスで、アーメダバードに着いた
そのときは、すぐに夜行寝台列車(2A)の切符を買って、ジャルガオンへ向かった。
どちらも、旅行を分割するために使っていたわけだ。
アーメダバードは、ラジャスタン地方の都市(ウダイプルジョードプル)と南インドの都市(ムンバイアウランガバード)の分かれ目、中継点なんだ。
アーメダバードに無理に立ち寄る必要はない。
僕の印象では、なぜかアーメダバードは、安心できて、ホッとできる。
デリーやアグラ、バラナシ、それからジャイサルメールやジョードプルのように、神経を張り詰める必要がない。
普通のインドの町で、気楽に過ごせる。
もともと観光客が多くないので、詐欺師はほとんどいない。
駅で切符を買うときに、話しかけて来るインド人も、単に、好奇心や親切心があるだけだ。
ホテルの人も、町の人も穏やか。
観光資源としては、「階段井戸」があるくらいだが、一部では評判のようだ。
日本のテレビ番組でも紹介された「アダーラジの階段井戸」
僕は体調が悪かった(下痢をしていた)ので、行きませんでしたが、行った人はビックリするそうです。
駅前からオートリキシャを借り切って往復しても、200ルピー程度なので、是非行ってみてください。
アーメダバードは、とても安全で、みんな親切で、いいところで、階段井戸という見所もある。
残念なのは、ただ一つ欠点がある。
それは、アーメダバードのあるグジャラート州は禁酒なんだよ。
おいしいタンドリーチキンの店に行っても、ビールが飲めないのがつらかった。
でも、お酒が飲めれば、治安は悪くなるだろうしね…。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx