アーメダバードから夜行寝台列車でムンバイに入り、貨物車の通勤電車で、チャーチゲート駅に入って、コラバ地区のホテルに決める。@ムンバイ/インド
注)僕が旅をした1985年は、ムンバイはボンベイでしたが、この旅行記の表記はムンバイにします。

【タージマハルホテル(2007)】
僕はムンバイに2度行ったことがあり、まあ、おそらくよほどのことがない限り、3度目はないだろう。
一回目「最初のインド旅行」は1985年の冬で、確かムンバイには2泊しかしなかった。
2度目の2007年の「西インド旅行記」でも、帰国前日と当日の2泊だけムンバイに泊まっただけ。
実は、2005年の「インド旅行記(2005)」でも、ゴアからムンバイを考えないではなかったが、行かなかった。。
ムンバイは、旅行者としては、わざわざ行くところではない。
その理由は、まず単純に、ホテル代が高くて、空室を見つけるのが大変なこと。
またムンバイそれ自体には、旅行者としてどうしても見たいようなものはない。
いまムンバイへ行く人は、航空券の関係で、ムンバイがインド出国又は入国の都市となっている場合がほとんどだろうね。
または、近くの町、ゴアやアウランガバードを訪れる基点になる。
アウランガバードへ行けば、仏教遺跡のエローラ石窟や、アジャンター石窟を見ることになる。
またゴアは、世界的に有名なビーチリゾートで、ヨーロッパからは、ムンバイを経由しない、直行便もあるようだ。
普通はゴアへ行くときは、ムンバイ経由になるだろうけどね。
僕が最初にムンバイに行ったのも、単純明快、ゴアへ行くためだった。
二度目は、帰国便がムンバイから出るというだけ。
さてこの話は、「最初のインド旅行」なので、ムンバイ(このころはボンベイと言ってたが)自体は面白くなくても、始めてムンバイに入るキモチだと、面白いんだ。
なんでも初めての経験は、経験そのものはたいしたことはなくても、初めてというだけで、興味深いわけです。
さて、アーメダバードに着いて、日暮れ時の暗い通りで、人に聞きまくって、何とか安宿に収まった。
この時代、アーメダバードになにがあるか知りもしなかったので、翌日には列車に乗って、ムンバイへ向かうつもり。
そうなると、ムンバイにいつ入るかという問題になる。
これは海外旅行の基本。
つまり、「新しい町に入るには、午前か午後の早い時間に入って、ホテルを捜す」わけだ。
特にムンバイは、ホテルが見つけにくいので有名だけどね。
だから、午前中にムンバイに着く列車を選んで、アーメダバードの出発時間も決めた(はずだ)。
(気になる人は、いまの時刻表は ネットでチェックしてください)
ところで、もう30年もたったせいか、アーメダバードからムンバイへの列車のことを、完全に忘れている。
まあ、このインド旅行のあと、離婚、最初の世界一周、続いての、「ホテル加宝」物語北朝鮮旅行、なんか次々と旅をしてたので、忘れたのかな。
歳をとってきたので、単に忘却しただけかな。
まあ、忘れることも、悪くはない。
僕は、覚えてないことを、書くことは出来ない。
覚えているのは、列車がムンバイの郊外の駅に到着して、そこからチャーチゲート駅まで、インドの通勤電車に乗ったこと。
この「通勤電車」がただの通勤電車ではない。
早い話が、貨物列車だったんだよ(笑)。
ムンバイの通勤列車は、日本の貨物列車そのままで、そこに人が乗るが、貨物列車の扉は開いたまま。
たまたま(?)通勤時間のピークを外れていたのか、風が吹き込んできて、ものすごく気持ちよかったよ。
この風景が、いつまでも、心に残っている。
きっと、いまだったら、もっときちんとした通勤電車が走ってるでしょう。
でもそれでは、ちーっともおもしろくないよね。
1985年に、扉が開いたままの貨物列車のなかで、風に吹かれて、立ったまま、ムンバイの郊外の風景を見た。
これは、遺跡をいくつ見た、なんかじゃない、ものすごくステキなことだよね。
だから、僕のムンバイの印象は、通勤列車の印象がほとんどなんだ。
この列車が、チャーチゲート駅に到着し、僕は、バックパックを背負ったまま、とにかくインド門(Gateway of India)へ歩く。
まだ朝が早くて、ホテルの部屋が空いてないだろうと考えたわけだ。
インド門へ着いたら、とにかく観光名所なので、すぐ横にある「タージマハルホテル」や、港を眺めて時間を潰す。
観光客もちらほらいて、日本人男性がいたので、声をかけて話をする。
日本人旅行者が2人で話をしていると、インド人の客引きが声をかけてきた。
安いホテルを紹介するとのこと。
このとき、客引きのインド人に横から口出しされるのに腹が立って、「I hate you(キライだ)!」なんて言ってしまった。
2007年にインド門へ行ったときも、同じようなインド人が声をかけてきたから、ごく普通のことなんだろうね。
つまり、ムンバイで安宿を自分で見て泊まるなら、インド門のところで、バックパックを持って立ってれば、声がかかるということではないでしょうか。
下手にネットでホテルを検索するより、安くていいところが見つかると思います。
僕は客引きのインド人の話を全く聞かなかったが、それには、ちょっとした理由があった。
実は、ガイドブック「地球の歩き方」に、ホテルが紹介してあって、そこに泊まるつもりだったから。

【ホテルハーバービュー/ ストランドホテル】
そのホテルの名前は覚えてないが、上の写真のようなホテルで、港を見るテラスがあった。
気になる人がいるかもしれないので説明しておきます。
なぜ一つの建物なのに、「ホテルハーバービュー」と「ストランドホテル」と2つの名前が書いてあるのか。
単純明快、一つの建物に、2つの別々のホテルが入っているから。
下がストランドホテルで、上の方がホテルハーバービューなんだね。
「地球の歩き方」の読者が、このタイプのホテルに泊まって、絶賛していた。
「世界各国から来た旅行者と、港の見える夕方のテラスで、ビールを飲みながら、話をするのはとてもよかった」という風なことが書いてあった。
ムンバイのコラバ地区の港が見えるテラスに立ったら、ムンバイへ来たという感動があるだろう。
僕は、この推薦文を読んでいたので、実はホテルは決めていて、ただ、ホテルに飛び込む時間を計っていただけなんだ。
チェックアウトは正午12時だと思ったので、午前11時ぐらいにホテルへ行って部屋を聞いたら、空いていた。
ホテルにチェックインして、部屋にバックパックを置いて、テラスへ出て、港を見て、これで一仕事終わり。
昨日から今日にかけて、アーメダバードから夜行寝台列車で、無事にムンバイに着き、貨物車の通勤電車で、チャーチゲート駅へ出た。
インド門へ歩き、日本人旅行者と軽く話をして、客引きと口論。
無事に目的のホテルにチェックインした。
ところでまだまだお昼前だ。
早速ムンバイ観光だが、当然その前に考えることがある。
それは、次の目的地「ゴア」への移動手段の決定。
出来るなら、交通手段を予約してしまった方がいいかもしれないが…。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx