「最初のインド旅行」を一応無事に終えて、旅を振り返る。@コバラムビーチ/インド

ネットでは書けないことが書いてあるかもしれない、伝説の「世界冷や汗一人旅
これで以前から気になっていた、僕の「最初のインド旅行」を書き終えたことになる。
最初のインド旅行は、本格的なバックパッカー旅行で、いろいろ新しい発見があった。
それを感じるままに書いてみました。
ネットで発表するというので、もちろん自主規制して、表現はかなり抑えてある。
昔のように、自由自在に、思ったとおりに、面白おかしく書いてるわけではない。
僕の文章の特徴である、無意味なシモネタ(これが「みどくつ節」として大人気だったが)も、封印してある。
それがご時勢だから、子供のように反抗しても意味がない。
でもこれで、インド旅行の実際が、バックパッカー初心者時代の僕の目を通して、理解できたことだと思う。
インド旅行に出る前に心配していた「飲み水」は、チャーイを飲んでいたので、問題なかった。
トイレで、お尻を水で流すことも、すぐに慣れる。
旅についてわからないことがあれば、同じ旅行者同士で、相談すれば何とかなる。
または、ホテルのスタッフに尋ねれば、答えはそこにある。
僕のインド旅行記を読み返して特徴的なのは、現地のインド人と仲良くなった話がないことだろうね。
安っぽいインド旅行記になると、日本人旅行者が、現地のインド人と親しくなるシーンが必ず入っている。
でも僕の旅行記には、ほとんどインド人が出てこない。
インド人が出てきても、とても客観的だ。
僕は、インド旅行をしたからって、インド人と親しくなろうなんて、全く思ってなかった。
この「最初のインド旅行」の読者は、僕が、欧米人や、日本人と親しくなった話は読んでも、インド人と親しくなった話がまったくないことに注意してほしいね。
世の中に溢れている「インド旅行記」になると、日本人旅行者がインド人と親しくなって、その自慢話がだらだら続くものがある。
ぽっと出の、英語もしゃべれないような日本人旅行者が親しくなるインド人というものは、観光客を食い物にする仲間の人たちだ。
彼らは、旅慣れてない日本人旅行者と親しくなって、日本人旅行者を騙し、日本人旅行者をぼったくることで、生計を立てているんだからね。
インドのトラブルは、観光客を狙ったインド人詐欺師と付き合うから、起きる。
最初から、インド人と付き合わなければ、インド旅行のトラブルは存在しない。
インド旅行の問題点は、「英語もしゃべれない日本人旅行者が日本語ぺらぺらのインド人と付き合う」ことに原因があるんだよ。
それだけの、カンタンな話。
だから、同じ旅行者仲間と付き合えば、騙されることはないわけだ。
例えば僕は、カトマンドゥでは、空港で知り合ったフランス人旅行者と、偶然あちこちで出会っては、話をしていた。
ポカラでは、イギリス人のトレッカーと話をしていた。
日本の女の子を入院させた病院では、担当の美人医師と親しくなった。
インドに入った後は、カジュラホからアグラまで、オーストラリア人の若者に助けてもらった。
アグラフォートでは、イギリス人旅行者と写真を取り合ったね。
タージマハルでは、インドネシア人の金持ちの(家族が金持ちの意)若者と話をした。
デリーの市内観光バスでは、インド人と日本人のカップルと会った。
ジャイプールでは、観光バスで一緒だった、オーストラリア人看護婦さんと、話が盛り上がった。
ムンバイからゴア、南インドにかけては、ほとんど日本人と会わなかったが、ほとんど英語で過ごしていた。
変に僕と親しくなろうとするインド人もいなかったしね。
コバラムビーチでは日本人と知り合ったが、それ以外は、英語で通してたしね。
だから、(旅行者の共通語である)英語をしゃべってインド旅行をすれば、インド旅行のトラブルはないんだ。
日本人のインド旅行記の大きな欠点は、著者が英語がしゃべれないってこと。
結果、日本語をしゃべる、日本人相手の詐欺師としか、出会えない。
視野が狭いんだね。
普通の日本人旅行者が出会うのは、日本人相手に慣れた日本語ぺらぺらのインド人か、英語のしゃべれない日本人旅行者だけなんだから。
これでは、どの旅行記も同じになるのは仕方ない。
その根本にあるのは、「日本人旅行者は英語をしゃべれない」ってことなんだよなー。
などと考えながら、コバラムビーチの滞在も、終わりに近づいてきた。
僕は、この長い旅をしながら、そのころ結婚していた相手との関係のことを考えていた。
今の状況では、僕の人生は全く面白くない。
面白く見えるかもしれないが、僕が大事なことから逃げているのを、僕はよく知っている。
こんな将来の見込みのない人生を送っている男と、一緒にいても仕方ないだろう。
僕なりに、2人のために、自分の考えを抑えてきたところもあるが、それは言い訳だ。
僕のパートナー(結婚した相手ね)の気持ちもわかる。
一度しかない人生で、面白くない、才能のない、口やかましい一人の男性に縛られるのは、イヤなことだろう。
彼女のことを考えるならば、離婚するのがいいに決まっている。
ただ、僕の弱さでそれを認めたくない。
でも、このまま行けば、別れることになるだろう。
それしかないんだから。
コバラムビーチでであった、日本女性にも、一人でインド旅行に出るだけの深い理由があるだろう。
でもそれは、誰も聞かない。
コバラムビーチの僕の滞在も終わりに近づいたとき、2人で、ビーチから高台へのホテルへの夜道を歩いていた。
そのときに、急に2人とも黙ってしまった。
僕は彼女を抱きしめたいと、強く思った。
でも、抱きしめたところでどうなるものでもない。
この感情は、この2年後「最初の世界一周旅行」で、スペインのグラナダで出会った女子大生さんと別れるときにも感じた。
もう二度と会うことがないという哀しさだね。
それだけで、抱きしめたかったんだ。
だって、どこかですれ違っても、それが誰なのか、覚えてないだろうからね。
旅人は、旅先で出会っても、結局は別れて、二度と会うことはない。
会ったとしても、顔を忘れてしまっている。
それが旅というものなんだね。
だからいつまでも、きれいな思い出として、きれいな部分だけが残っているわけだ。
さて次は、インドを出て、スリランカへ向かいます。
この時期のスリランカは、内戦が激しくて、とても危険だった。
日本人旅行者には一人も出会わなかった。
その話はまたいつか、じっくりと書きますから、期待して待っててくださいね。